ボタン屋さん、見ーつけた!

探していたボタン、買えました。素敵なボタン屋さんを見つけたから。まずは、そのお店からご紹介です。

IMG_2761

IMG_2762

棚にはたくさんボタンが並んでいて目が次から次へと移ってしまいます。買うボタンは3種類。白いカーディガン、そして野呂栄作さんの糸で編んだベスト、それから今編んでるオレンジというか赤のプルオーバーのボタン。決められません。

IMG_2764

IMG_2766

目はほとんど関係ないボタンにひかれていきます。これじゃダメだ、とお店の人にそれぞれの写真を見せて選ぶのを手伝ってもらいました。

野呂栄作さんのベストはこれ。まだ、付いていないんですがとりあえず写真のためにのせてみました。

FullSizeRender 3

ボタンと一口に言ってもお値段は本当にピンからキリ。9個欲しかったのであまりお高いのは困る旨を伝えたら、これはプラスチックでお手軽価格だけれど、きれいなのよ、とすすめていただいたものです。

そして、プルオーバーはこれ。

FullSizeRender 2

これは、自分で選びました。必要なサイズのボタンを全部出してもらって一つ一つ見比べると微妙に色が違うんですよ。似たような色を9個、これかなぁと決めました。そうそう、このパターンはLemongrass by Joji です。ずっと編みたかったもの。始められて嬉しいんです。

白いカーディガンのボタンはつけてからお披露目します。なんといってもまだカーディガンがしっかり乾いていないもので。

このお店はボタンだけではなくリボンも売っていて、オーナーの女性がリボンでブローチなども作っています。

IMG_2769

IMG_2767

IMG_2770

きれいでしょう? と言っても日本にはこういうお店はたくさんあるかもしれませんね。アメリカだとなかなか。。。 

シカゴにあるSoutacheというお店です。またお気に入りのお店が一つ増えました。気に入ったリボンを見つけてショールピンを作ってもらうのもいいかしらと思ってます。

IMG_2771

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

春らしいショールを一つご紹介します

デザイナーはJoji 。パターンの名前は’Imagine When’ ちょっとステキな名前だと思いませんか? ずっと編みたかったのですが、なぜかなかなか手につかず今日まで来てしまいました。

きれいな色でしょう?

きれいな色でしょう?

4.5ミリの針を使っている人が多かったようですが、少し、ふんわりと編み上げたかったので5ミリ針を使いました。使った毛糸はWollmeise Pure Meilensteinという色です。500ヤードは必要とデザイナーの方が書いていらして、574ヤードあるこの毛糸なら大丈夫だろう、と思いましたが、針を0.5ミリ太くしているので不安。バックアップの毛糸がある色を選んだんです。

IMG_6644

肩にかけてしまうとよくわかりませんが、形は三角形ですが2等辺三角形ではないのが気に入っています。

IMG_6646

針を大きくしたために出来上りも少し大きくなったと思います。私は背が高いのであまり小さい三角形はバランスが悪くなってしまうため、このサイズでよかったと思います。ただ、これはプレゼント用に編んだので、自分に編むときにも多めに毛糸を用意しなくてはならないことを忘れないように書き留めておきます。

編み出したらやめられないパターンです。自分には濃いブルーで編みたいと思っています。この色、私にはぼけてしまって似合わないんですよ。

今朝は0度でしたが、昼間はとてもあたたかくなりました。春はもうそこまで来ている、という感じです。

これから若葉が出てきます。なぜか赤いんです.これが緑になるんですよ。

これから若葉が出てきます。なぜか赤いんです.これが緑になるんですよ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ