さて、ショールを乾かしています

昨日書いた、辛子色のショールをさっきぬるま湯につけて今、乾かしています。写真を撮りましたが、太陽がさして来ているもので、こんな写真になってしまいました。

img_7458

これでは良くないと、一部だけの写真はこちらです。パターンは私が良く作る、Joji Locatelli のImagine When。なかなか首回りの収まりも良く、サイズも大きからず小からず、使い勝手がよいのです。糸はWollemise のPureを使っています。このショールは500ヤード(約450メートル)必要なので、この毛糸だと途中で糸をつぐことなく編めます。

img_7459

ショートローを使っているのでこんな感じにできあがります。乾いたら、これが差し上げる方に似合うかどうか悩みます。同時に、ソックスも作っているので(本当はソックス希望なのですよ。ただ、ソックスの進行があまり良くないので、ショールはどうかしら? というのはあまりに勝手な発想ですね。)

img_7460

これをがんばるかな。写真で見るよりも、モネの色調の糸です。編み心地も良いし、いい毛糸です。確か、これはこの1カセしかなかったように記憶しています。自分のソックスも編みたいけれど、それはあきらめます。

久しぶりに編むImagine When

手持ち無沙汰になったり、やる気になれない時に編み始めるのがこのImagine When。

決して難しくなく、でもできあがりは素敵という私が大好きなショールです。

やっと引っ越し荷物も少しずつ落ち着きを見せ、とは言いながらどこのクローゼットも箱で満杯です、気持ちに余裕が出てきてまた、編み始めました。途中で止まっていたんです。

ほんとうは帽子が編みたくて編みたくてたまらないのだけれど、針がまだ見当たらないし、買いたくないので編みかけのImagine Whenを終わらせることにしました。途中にしておくよりも編み上げてしまえばプレゼントにもなりますからね。

IMG_0494

Imagine Whenは自分でそれぞれのセクションの編み目の数、段数などをきちんと書いたものがあるので途中で止めていてもすぐにまた始められるんです。そうでないと、一体どの段から始めたらいいのやらまったくチンプンカンプン。

糸の色は私の好きな辛子色。似合う色ではないけれど好きな色。早く編み上げたいですね。だって、編み針を見つけて早く帽子を編みたいのですもの。

それにしても今年の冬だけなのですか? この暖かさは? 東京の暖かさに驚いています。

 

端の始末は編みながら

今、編んでいるストライプのショールは端の始末がとても大変そう。2、3段で色を変えるか、もしくは似たような色であれば横で引き上げることも可能。しかし、色はグレーと紺。目立ってしまうのは火を見るより明らか。

仕方がない。色を変えるごとに糸の始末をするしかない。気は重いけれど。

IMG_2625

糸の始末があまり好きでない私はこういう色の組み合わせとかパターンは避けてきましたが、このショールを見たときにはどうしても欲しくなってしまったんです。大好きで2、3枚編んだ Imagine When と形が似ているので、きっと気にいるだろうと思います。デザイナーは同じく Joji Locatelli です。彼女のパターンは今までに幾つか編んでみて、わかりやすいし、間違いもないしと、信頼して購入できます。

それにしても端が多い。

IMG_2626

端は切らずにループにしておきました。こうすることで間違っても目がほどけたりすることが避けられます。特に滑りやすい糸のときはこの方法をオススメします。あとで糸の始末ができる長さのループにしておくことが大切です。

端がびらびらしてくると気分が悪くなります。そこで、今日の編み物会では端の始末をしてきました。何本の糸をしまつしたことか。気が遠くなりそうでしたよ(ちょっと大げさですね)。でも、このまま始末を最後に残してしまうと、これまた気分が悪くなります。少しずつ、少しずつ始末していくことで端もビラビラしませんからね。

そして、始末した糸は切らないで先を残したままにしておきます。ブロックしてから切るんです。水を通したときにもしかして糸が縮む可能背もあるでしょう? だから、糸の先は残したまま水を通して乾かしてそれから出っ張っている糸を全て切り落として糸の始末が終わりとなります。

これだけ糸の始末をしているのに上手にならないのはどうしてでしょう?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

海島綿、使ったことありますか?

日本にいたときに,つい目に入ってしまった海島綿。コットンなのですが,繊維が普通のものよりも長めで,とっても光沢があり,柔らかいんです。手に取ったときはもう興奮気味。お値段は張りましたが,これは「買わなくっちゃ〜」と500ヤードちょっとを購入。これは、Imagine When をこの糸で編んでみたかったんです。

IMG_2545

近所でアートショーをやっていたのでそのときにはおっていきました。Imagine Whenを編むためには500ヤードは必ず必要、とパターンに書かれています。足りなくなるほど悲しいことはありませんからね。多めにもちろん買いました。

Imagine Whenはとても使い勝手がよいショールなんです。編むのも簡単だし,それに変にフェミニンではないし,気軽にいつでもどこでも使えるショールです.いくつかショールを編みましたがつい活躍しているのがこのショール。他の糸で2枚,既に編んでいますが,どちらもウールで編んでいるので,夏場のためにコットンで一枚欲しかったんです。

IMG_2569

IMG_2543

海島綿は本当に柔らかくて編みごこちがよい糸でした。お値段がちょっとお高めなのが玉にきずですが、価値があるいとですよ。シルクのような光沢もきれい!

IMG_2566

つい,ケチな心を出して,どんな色の洋服にも合うようにとオフホワイトを選んだのですが,汚してしまいそうでこれまたケチな心が出てしまい,スパゲッティを食べにいくとき,汁物を食べるときにはぜったいに持っていきません。だって,大切にしたいのですもの。

Imagine When、どんな毛糸でもステキに仕上がります。よろしかったらぜひ編んでくださいね。

私を忘れないでぇ〜 とマフィちゃんです。

私を忘れないでぇ〜 とマフィちゃんです。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

毛糸の色が変わると雰囲気も変わります

先日編んだ、Imagine Whenをもう一度編みたくなり、まったく違う色で編んでみました。

IMG_6658

使った毛糸はDyeabolical Yarnsの Super Ego。色は Moonlight Kissesです。お店で見たときにひどく気になった碧なんです。このパターンにはどうかな? とも思ったんです。シンプルな色の方がステキなショールになりそうな気もして。でも、やっぱり編んでしまいました。いや、まだ編み途中ですが。

2枚重ねてみました

2枚重ねてみました

風が冷たかったのですが、太陽があまりにも暖かそうなので、ワンコと外に出てコートを着込んで編み物をしていました。太陽がさすと暖かいのですが雲の後ろに隠れてしまうと寒いんです。

段染めの毛糸というのはどうしてもパターンを選びますね。こんな感じで模様が見えます。

IMG_6662

白いシャツに着るとステキだろうなと思われる色だと思いませんか? 前回の色も好きでしたが、こっちも好き。

そろそろ中に入りたい...

そろそろ中に入りたい...

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

春らしいショールを一つご紹介します

デザイナーはJoji 。パターンの名前は’Imagine When’ ちょっとステキな名前だと思いませんか? ずっと編みたかったのですが、なぜかなかなか手につかず今日まで来てしまいました。

きれいな色でしょう?

きれいな色でしょう?

4.5ミリの針を使っている人が多かったようですが、少し、ふんわりと編み上げたかったので5ミリ針を使いました。使った毛糸はWollmeise Pure Meilensteinという色です。500ヤードは必要とデザイナーの方が書いていらして、574ヤードあるこの毛糸なら大丈夫だろう、と思いましたが、針を0.5ミリ太くしているので不安。バックアップの毛糸がある色を選んだんです。

IMG_6644

肩にかけてしまうとよくわかりませんが、形は三角形ですが2等辺三角形ではないのが気に入っています。

IMG_6646

針を大きくしたために出来上りも少し大きくなったと思います。私は背が高いのであまり小さい三角形はバランスが悪くなってしまうため、このサイズでよかったと思います。ただ、これはプレゼント用に編んだので、自分に編むときにも多めに毛糸を用意しなくてはならないことを忘れないように書き留めておきます。

編み出したらやめられないパターンです。自分には濃いブルーで編みたいと思っています。この色、私にはぼけてしまって似合わないんですよ。

今朝は0度でしたが、昼間はとてもあたたかくなりました。春はもうそこまで来ている、という感じです。

これから若葉が出てきます。なぜか赤いんです.これが緑になるんですよ。

これから若葉が出てきます。なぜか赤いんです.これが緑になるんですよ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ