思い込みの怖さを知ったポンチョ

いやぁ、思い込みが怖いことはわかっていたはずなのに、失敗してしまいました。

編み上げたのはこれ。

IMG_1222

パターンの名前はEasy Folded Poncho by Churchmouse。Churchmouseのパターンは今までにいくつか作っているので安心していたのでしょう。最初は調子が良かったんですよ。だって、鎖編みから目をひろってそのまままっしぐらに長方形を編むだけ。一色使いでもよかったのだけれど、たまたまMadelinetosh DKが2色、2かせずつ残っていたんです。それを使って2段ずつのストライプにしました。

襟ぐりをカウル状態にできるのが気に入りました。

全部編み上げて、さぁ、編み目の始末といったところで大きな勘違いをしたんです。

鎖目で作り目ですから、ほどきますよね。いらない毛糸でかぎ針の鎖編みをしたのですから。こうなると私の頭の中は、反対側とはぎ合わせる、と思い込んでしまったんですよ。そうでなかったら、なにも生きた目を残しておく必要がないでしょう? だから、「ふんふん」と編み上がって上機嫌の私ははぎました。そして、着てみたら何か変。友人たちに見てもらっても

「ちょっとおかしくない?」

IMG_1172

ということで、もう一度家に帰ってパターンをよく読み直したら、鎖目をほどいて反対側の伏せ目と同じようなテンションで伏せるだけだったんです。なんなのよぉ。最初からこんな面倒くさいことしなければよかったと後悔したけれど遅かりしです。

仕方なく、とじたところをもう一度ほどき、でも、そのままにするのも悔しいので、短いゴム編みをつけました。このままでもよいのですが、寒い風が入ってくるのもイヤなので、ゴム編みのところに飾りボタンをいくつか付けようと思います。

皆さんも、編む前にパターンはよく読んでくださいね。私のような思い込みでオバカな間違いをしないように。

IMG_1157

でも、ちょっと襟のところ、ステキじゃないですか?

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告