フェルトするのに時間がかかる

コーヒーの紙コップにつけるcoffee cozyを作ろうと思い、野呂栄作さんのクレヨンの残り糸をいろいろと探し出しました。10号針で緩めに編み、それを洗濯機に他の洗濯物と一緒に放り込みました。

IMG_1359

IMG_1360

高さが約13センチ、そして幅はなんと平らにしたときに16センチくらいもあります。これじゃ大きすぎますよね。それでフェルトするんです。ウール100%のものは摩擦、熱などにより繊維の外側のキューティクルを失い、そこで近くの繊維と絡み合う性質を持っており、その結果、とてもキメが細かいと言いましょうか、キュッと引き締まった素材と変化するんです。見た感じ、編んだものというより布地のように見えます。

我が家の洗濯機はドアが前にあるフロントローダー。水もあまり使わない省エネ型なので昔の洗濯機のように水の中をぐるぐる洗濯物が回ったりしてくれません。その分、他の洗濯物との摩擦が少ないということ。これではそう簡単に編んだものがフェルトするとは思えません。

とりあえずバスタオルなどと1回洗ったものと、全く洗っていないものを比較しています。

IMG_1361

上が洗濯機に入ったもの。少しだけ小さくなっているのがわかりますが、これではまだまだです。それじゃあ、とこの2枚がまた洗濯機の中に入って行きました。

IMG_1371

バスタオル、ジーンズなどのゴワゴワしたものと一緒に入れたほうが早くフェルトすると、昔は言われていました。しかし、前述したように今の洗濯機はとても優しくスピンするのでなかなかフェルトしてくれないんですよ。

上から順に、2回洗濯機で回ったもの、1回洗濯機で回ったもの、まだ一度も洗濯機に入っていないものです。微妙にサイズが異なりますよね。でも、まだまだ。いい加減に嫌になってきました。友人の中には摩擦を増やすためにテニスボールを入れた人もいました。テニルボールのあの黄色いフワフワがつかなかったか聞いてみたら、

「安い店で買ったロクでもないテニスボールだからもとからほとんどハゲてて黄色い毛なんてぜんぜんつかなかったわよ」だそうです。

IMG_1377

もう一度実験しようともう1枚編んだんですが、洗濯物がなくなり明日、またトライすることになりました。いったい私は何をやっているのだか。誰か、トップローダーの古い洗濯機を持っている人の家に借りに行こうかしら。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告