アルパカのセーター、クリスマスプレゼントに間に合いました。

非常事態宣言をしたかいあって、アルパカのセーターが編み上がりました。毛糸はCascade Eco Alpaca です。

ちょっとがたいがよいものでサイズを大きく作らなくてはならず大変でした。

ちょっとがたいがよいものでサイズを大きく作らなくてはならず大変でした。

編み始めたときは柔らかすぎて物足りないような気がしたのですが、編んで行くうちに今度はどんどん重くなってきて丈がどうなることやら心配しましたが、なんとか大丈夫そうです。袖下のサイズをどう調整するかも悩みました。肩幅が広いので大きくしすぎて私の腕をセーターを着たまま入れてみたら袖がだらっと下にぶら下がってしまったので、ほどいて脇の下を少しせまくしてまた、袖をつけなおしたんです。

後ろです

後ろです

縄編みが入り、そして胸回りは少し込み入ったケーブルが入っています。1目交差の縄編みの段が続いたときには投げつけたくなりました。

IMG_6210 copy

今、シカゴは体感気温がマイナス27度です。実際の気温がマイナス15度なんです。とにかく寒いです。こんな中、彼を暖かく包んでくれるとよいのですが。

IMG_6208 copy

セーターは編み上げるとホッとします。編んでいる途中は重いですし、サイズが合うかどうか、本当に気をもみます。針から外れた瞬間の喜びと言ったら言葉に表せない。いや、これは少し大げさですが、とにかく嬉しいですよ。そして、着てもらうときのドキドキがあり、ぴったり合うと胸を撫で下ろします。そして、次のセーターを編もうかなという気にさせてくれるんです。

少しお休みしてソックスのもう片方をこれから編みます。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ