帽子とカウル

帽子をかぶっている人たち、増えましたね。毛糸の帽子あり、フェルト地のような帽子もありと見ていてとても楽しいんです。

女性の場合、髪の毛がつぶれて’hat hair’になるのが嫌でかぶらない方もたくさんいらっしゃると思います。

母もそうだったのですが、年を重ねるにつれてどうも頭が寒くなってきたらしく「帽子が欲しい」というので、たまたま持っていた糸で編みました。頭の大きさ、形はほんとうにさまざまで深さとかとても困ります。一番フィットするであろうと思われる2x2のゴム編みを選びました。少し長めに編んでおいたので、このように耳の部分を2重にしてカバーできます。

img_3953

とても暖かいようで、しかも近所にお買い物に行くとみなさまから「いい帽子ね」とか「似合っているわね」と声をかけられてそれもまた嬉しいらしい。。。

ついでに彼女が巻いているカウルについて一言。これはアルパカ100%の糸で編んだとても暖かい物です。カウルの形はしていますが、幅を広くしてあるので、少し広げて肩にかけると肩をすっぽり覆ってくれてとても暖かいんです。家にいるときはそうやって肩を暖め、そとにでるときはこのようにショールピンなどで首元をとめればオーケー。

img_3952

もう少し大きいショールピンがあるといいかも。ブローチなどないかしら、と探したけれど、髪留めはたくさんあってもブローチは最近する人が減っているのか見つけられませんでした。

img_3979

池袋のla droguerie で見つけたピン。つい材料を買い込んで作ってしまいました。さくらんぼが可愛いんです。そう、気に入ったものがなかったら作るしかありません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

風邪防止にスカーフ?ショール?カウル?

首の周りに巻物があるかないかで寒さの感じ方がこうも違うのかしら、と思ってしまいます。だからという訳ではありませんが家の中のあちらこちらにマフラー、ショール、カウルが点在しています。よく言えば、ちょっと寒いな、と感じたときにすぐに身につけられますが、悪くいえば、そのへんに脱ぎっぱなし。

今、首の周りにまいているのはMartina Bahm のデザイン、Hitchhikerです。ひたすらガーター編みをするので裏編みをする必要がありません。だからテレビを見ながら、飛行機の中、どんなときにでも編めるなかなか優秀なパターンです。使っている毛糸はWollmeise Twin 色はSafranです。

ギザギザしているのがこのパターンの特徴です

ギザギザしているのがこのパターンの特徴です

私一人で信じ込んでいるのかもしれませんが、「首の周りがスースーすると風邪を引くから、首の周りはちゃんと暖かくしておくのが大切。」

このHitchhikerのように、ほそい三日月型っぽいショールはとても使い勝手がいいんです。首にぐるぐる巻いてもいいし、前で結び目を作ってもいいし、楽しめます。三角ショール、長方形のショールも大好きです。これに比べてカウルは出来上がりの長さによっては程よく首の周りにいてくれないことがあります。最初は首の周りにぴったりして暖かかったのに、使っているうちののびてしまって首のところがスースーすることもないわけではありません。もちろん、おしゃれに長めにまくこともできますが防寒は今ひとつ。ショールピン、ブローチでとめるのも手ですけれどね。昨日のEntrelac はあのままショールにしておくことにしました。そしてピンで首にぴったりと止めようと思います。

これじゃ、寒いですね。

これじゃ、寒いですね。

太い毛糸で編んだカウルはとっても暖かそうでステキです。いかに首の周りに上手にフィットさせるか、これが決め手です。店頭にも並んでいるようですが、ここは、ぜひ自分で編みましょう。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ