思い出の「間違い」

ワインのティスティングルームであったフロリダに住む女性との会話です。

彼女はワインを片手に編み物をしていました。わけないか。編み物は片手ではできないから。ともかく、ワインを飲みながら生まれてくるお孫さんのためにカーディガンを編んでいたんです。トップダウンですから首回りから初めてボタンダウンも編み出す私好みのシンプルなパターン。

しばらくして気がついたのは、2目ゴム編みがいつ間にか数段メリヤス編みになっていること。あらら、まだ酔っ払っているわけじゃないのに、と睨みをきかせながら編み物袋にしまったところに私がお店に入って行ったようです。

私はアルコールは飲みませんから、ただ、それまで飲んでいた主人を迎えに行っただけなんですけれどね。夕食をどこかで食べようかと思って。

このカップルの男性と立ち話をしていた主人が私に「彼女も編み物をするんだよ」というところから話が始まります。前書きが長くてごめんなさい。

彼女は私に間違えてしまったカーディガンを見せながら、

「これなのよ。いやでしょう?」 というから
「そこだけほどいてかぎ針で目を拾えば?」 と私。
「私もそう思ったのよ。でもね、主人が「君、それはほどいちゃダメだよ。この島への旅行の思い出にすればいい。これから生まれてくる孫がこのカーディガンを着た時に、その間違えたところを見て、今回の旅行の時に編んでいたんだな、あのワインを飲んでいたな、と思い出せたら素敵じゃないか」と言うのよ。だから、ほどくのやめようか悩んでいるの」

なんて素敵なご主人様。思いついて言いました。

「その間違いをパターンにしてしまえばいいのよ。ゴム編みとメリヤス編みを交互に編んだら、それはそれでパターンとして成り立つもの」

「それいいかも」という話に始まり孫の写真を見せ合い、犬の写真も見せ合い、立ち話が延々と続くのでした。

それにしてもご主人様の提案はグッドアイデア! 拍手を送りたいです。「思い出」の一つとしてとっておけますものね。ナイスなご夫婦でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

To become a good knitter, you have to be a cheerful ripper.

友人がその昔、編み物を教えてもらった先生に言われた言葉だそうです。

”To become a good knitter, you have to be a cheerful ripper”

編み物上手になりたかったら、くさらないで笑顔でほどきなさい。ということでしょうか、というよりももしかしたら、間違えをたくさんして当たり前、まちがえたらほどいてやり直す。そこをがんばれなかったら編み物の腕があがりませんよ、ということなのかもしれませんね。

わかっていてもねぇ、複雑なパターンを編んでいるときに間違えを発見すると泣きたくもなりますよえ。また、すべりやすい糸を使っているときも。ウールならガーッとほどいて目を拾えるのに、それをするとどんどん目がほどけていってしまうような糸では一目一目ほどいていくしかないですものね。

だいたい、ちょっとした間違えを気にする人、気にしない人、さまざまですね。上手にごまかせる腕も必要かもしれないし。少々目数が合わなくても模様編みでもないしそれほど影響があるとは思えないときには私は無視できますが、それも我慢できない友人がいます。彼女はあちらこちらにライフラインを入れてきっちりパターンと同じ目数がないと勘弁ならないんですよ。本当に人それぞれです。

すごく目立つ間違えでなかったら編み物の生地はかなりごまかしがききます。その「ごまかし」を自分がどこまで納得できるか。あとのあとまで気になるというのであれば、笑顔でripするようがんばりましょう(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ご縁がないパターン

「あ、これ編みたい!」と飛びついて買ったパターン。何が難しいというわけではないのに、間違えばかりで先に進まない、こんな経験、お持ちですか?

複雑でなさそう、とついさらさらっと目を通して自分で思い込んで編み始める。これが一番の原因。

1x1のゴム編みなのに、2x2をしてみたり(ほら、他に並行して編んでいるものが2x2だと起こしやすい間違いです)、最初の目数を間違えて作り目したり、小さいサイズの針から次のサイズに変えることはわかっていて、ちゃんと用意をしているにもかかわらず、細い針で編み続けてしまったり、間違えを挙げだしたらきりがないですねぇ。

こんなとき思うんですよ。「このパターンと私って縁がないのかしら?」「ご縁がなかったと思って他のパターンを編み始めた方がいいかも。」とね。

無理して編み続けてあとで大きい間違えに気がついたら「ぎゃ〜!!」と叫び声をあげるかも。ご近所迷惑になるからこれはいけません。

今もね、丸ヨークのセーターを編み始めたのですが、5段編むまでに何回ほどいたことか。

「チョコレートを食べるといいかも」と戸棚をゴソゴソ。
「後口にコーヒーも欲しい」とお湯を沸かします。
「おみかんはと、あ、昨日食べちゃった。買ってこなくちゃ」と結局、編み物は進みません。やっぱりご縁がないのでしょうか。

「スパ〜っとやめた方がいいわよ。こういうパターンは」と友人は言います。運命なんですって。こんなところで「運命」なんて言葉を使ってほしくないdすが、でも、そう言われるとそうかも。偶然だと思うんですけれどね、この友人、編み物歴は長いし上手だし、それなのに、パターンの名前は忘れましたが、カーディガンがなかなか進まないこと。ケーブルをしなくてはいけないところでしない、しなくてもいいところにケーブルがと、まぁ、ハプニング続き。あげくの果てにです、レストランで暑くて脱いで、そのまま忘れて支払いを済ませ外に出ておしゃべりしながら、「あ、寒い。そうだ、カーディガン」と5、6分後に戻った時にはなくなっていたんです。レストランの人に聞いてもわからない。ホテルに聞いてもわからない。ちょっと怖いですよね。こういうのって。すごく素敵な紺色のカーディガンだったんですよ。

「くやし〜!」ということでこれを言い訳に彼女はまた毛糸を買っていました。ま、彼女が怪我をしたりしなかったのだからよしとしなくてはね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

喋る編み針が欲しい?

編み物会でおしゃべりに夢中になると目を落とす人、模様編みをしなくてはいけないのに忘れて表編みを編んでしまう人、まぁ、いろいろな間違えが起こります。だから、皆できるだけ簡単なパターンを持ち寄るのですが、それでも間違える。

「両端で2段ごとに増やすだけだから間違えないと思ってこれを持ってきたのに、増やすの忘れちゃったわ。私が増やすのを忘れたら注意してくれる針が欲しいわ。」というぼやく人に続いて、

「そうよね。模様編みのパターンを記憶していてくれて間違えたら注意してくれるとか、ここは裏編みですよと話してくれたら町がなくていいわよね」

それを聞いてつい、

「それじゃ、人間の脳がどんどん後退するようで怖いわ。記憶したり考えたり間違えを直すことで動いているのに、そうやって指示ばかりしてもらうようになったら脳みそが小さくなっちゃうのじゃない?」と言いそうになりましたが、じっとこらえました。だって、あまりにも大真面目に言っているのですもの。

人間、要求ばかりが強くなると困りますよね。後先を考えなくなりますから。編み針に指示されながら亜むなんて私はイヤです。間違えすかもしれないし、間違えてほどく時ブツブツ文句を言うけれど、それでもやっぱり私は自分の意思と力で編みたいですよ。集中力、忍耐をなくさず編み続けられる間は。

そうそう、このウェブ専用のFBをやっと作りました。作ろう作ろうと思いながらすぐ忘れてしまって。。。まだ今日作ったばかりなので何もポストしていませんが、これから少しずつポストしていきます。よろしくお願いいたします。と思ったのですが、個人で使っているFBとしっかり分けられないようなので削除しました。お騒がせしました。こういうの、大きなお節介と言うのでしょうね。別にしたいのに。メールアドレスを変えてログインしているのに使っているパソコンが同じだとこうなるのでしょうね。つなげてくれなくていいのに。あ〜あ、迷惑なことはやめて欲しい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ほどいて拾うは「忍」の一字

表編み、裏編み、1段下の目から拾って編むなど、決して難しくない単純なパターンのカウルを編んでいるのですが、あまり、何も考えずに編んでいるせいかあちらこちらで間違えています。その度に、「あらら」と少し戻ってなおすのですが、ずっと気がつかずに数段編んでしまうと、これがまたやっかい。

何か考え事をしてしまっている時が最悪。機械的に針を動かしているものだから、しらないうちに全く違うパターンで編んでいたりします。ふと、きがついてみると「え〜」という感じ。だって、すごく目立つんですもの。ごまかしがききません。

何を隠そう、今も数段前から間違えている目が10目くらいあるのに気がつきました。不思議なことにその周りの目は間違えていないんですよ。そこだけ4段くらい前から変な模様になっています。いったいどうして? そう、一目ずれて正しいパターンを編んでいたからこんなことになったみたいです。

数目だけなら4段くらいしたから直せますが、10目も4段も前から間違えているとなるとほどくしかありません。1段下の目から拾っている目がたくさんあること。しかも2本どりで編んでいることなどを理由に、ビーっと糸を引っ張ってしまうのはちょっと危険。さらに事態を悪くしそうなので、そろそろと数目ずつほどいて目を拾いました。全部で180目かな? 途中で投げ出したくもなりましたが、ガマンガマン。。

何を隠そう、最初10段くらい編んだところでやはり間違えをあちらこちらで発見して全部ほどいた歴史(?)があるので、今回はひたすら「忍」の一文字でがんばりました。なんとか全部の目を拾ってまた編み始めただけれど、今度間違えるのはいつのことやら。もうあと数段で終わりなので間違えないように、ぼーっと他のことを考えないようにきをつけなくちゃ。

ほんと、単純なパターンなんですよ。イヤになっちゃいます。もっとサクッと編めるかと思ったのに。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

人の間違い、どこまで言ってよいものか...

編みぐるみなどをたくさん作っている人が編み物会にいるのですが,ショールとかカウルはあまり編んだことがないんです。隣にすわった私に作り目をした針を見せてこう言います。

「ねじらないように輪にしたいのだけれど良い方法ないかしら? 何度も何度もやり直したことがあってイヤな思い出なのよ」

「それなら,テーブルの上に針ごとのせて目の下にある部分が必ず針の内側か,もしくは外側に来るように目を動かせば大丈夫よ」と言って彼女の手から針を受け取り作った目を落とさないようにていねいに整え始めたのは良いのですが...

そこで気がついたのが,手にかける作り目をしたときにねじってしまったり,針が糸をつついてしまっていて変に糸が絡んでしまっているところ。さて、どうしよう。どこまで言ってよいのもか...それほど親しくないのと,彼女の編み物のレベルをあまり知らないのではっきりと「ここがおかしいからやり直した方がいいわよ」と言えずに終わってしまいました。

性格をよく知っている人なら,その人がちょっとした間違えを気にするかしないかわかりますから対処が簡単なのですけれどね...また,彼女は大病をしたばかりでやっと編み物ができるようになったと喜んでいるところですからよけいでした。あまり細かいことを言うよりも針を持つ楽しみを感じることがまず先決。できばえはそれからかな,と勝手に決め込みました。

誰かが間違っていることを指摘するのは簡単。でも,言葉は選ばなくてはいけないし,その人を取り巻くいろいろな要素も考えることもとても大切だと思うんです。あ,これって編み物だけじゃないですね。何にでも同じだと思います。人を批判するのは本当に容易いことですが,一度口から出てしまった言葉はもう戻せません。それに,その一瞬だけを見て人を判断するのは大きな間違え。その人の育てられ方,今までも経験、その他いろいろなことが現在のその人を作り上げているのですからね。それを知らずに人のことをあれこれ言うのはいけません。編み物から話がずれてしまいました。:) ごめんなさい。

あれから少しは進んでいるかしら? ちょっと心配しています。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

編んでも編んでも間違える日

今日は脳みそが穴だらけになっているというか,半分くらいに量が減ってしまったというか,ストライキを起こしているような感じで,編み物をしても間違えてばかりいます。こういう日はさっさと針をおいて読書でもすればいいのですが,ここで針をおくと明日,また間違えたまま編み続けてしまいそう。

そこで,間違えたところまで戻してそこでやめよう,と思いながらがんばりました。

間違えが直るとちょっと気分も立ち直り,あと少しだけ編もうかしら? と思うところが悲しいところ。やめておけばいいのに,編み始めたものの,目をおとしているところに気がついたのが4段後。あ〜,と髪の毛をかきむしりたくなるような気持ちを抑えて,落ちている目に小さい安全ピンを通し(これ以上目を落としたくありませんから) そこまでまたほどくことにしました。

普通のメリヤス編みなら数段前に目を落としたってへいちゃらなのですが、一番はしの目で,前もって編んでおいた生地から1目ひろって2目一度していたところで落としているので手をこまねくよりもチャッチャとそこまでほどいた方が早い。

しかし,どうも頭がぼーっとしていて拾ったつもりの目が別のところで落ちてる。。。こりゃダメだ。もうあきらめて明日にします。

頭がぼーっとしてこれ以上働くことを拒否しています。まるで自分の頭じゃないみたい。本を持ってベッドに行くことにします。
さっき、コーヒー飲んで少し元気が出たはずなのになぁ

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ