京都で買います、とじ針。

京都に行くと必ず足を運ぶのが「みすや針店」三条のちょっと奥まったところにあります。和裁の針が中心ですが、パッチワークの針、刺繍の針、そして毛糸のとじ針も扱っているんです。

なぜ、ここの毛糸のとじ針が気に入っているかというと、細い針が数種類あるんです。細い糸を使って編んだ時には最適の針たちです。京都に行かれたおりにはぜひ、行ってみてくださいませ。

IMG_1096

 

そして、今回は握りばさみと桐のお針箱を買ってきました。本当は大きいサイズの箱を買って文箱にしようとおもったのです。ただ、気に入ったちりめんの柄がなかったので小さいもののシンプルなこの箱を購入。私は買ったとじ針、ハサミ、目数リングなどなど、小物を入れて使おうと思っています。

IMG_7489

お庭もとても美しく、しばらくそこに佇んでいたくなります。

IMG_1094

お針ものをなさる方にはうれしい場所だと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

 

広告

こんな小さいのどうする?

先日、編んでいた赤い小さいスカーフができあがりました。小さい、というか、こんなに小さいのは私はとてもショールとは呼べません。

半分以上は私の責任なんですけれどね。

旅先に持ってくる毛糸をまちがえてしまい仕方なく(?)このパターンを選んだこと。そして、家ではないので、太い針を持ち合わせていなかったという二つの理由があるんです。パターンでは5.5ミリの針をすすめていますが私は4ミリしか持っていなかったんです。だから大きくなりませんでした。

小柄な方ならきっと可愛らしく見えるでしょう。しかし、私はダメです。スカーフというか肩の上にチョンとのっているピンクの何か、としか見られないと思います。とりあえずパターン通りに編んで見たのでもし同じパターンを編もうと思ったら少し手を加えることになるでしょう。スカーフというと首の周りに巻くというイメージありません? そういう形でもないんですよね。

image

さて、どうしましょう、このショール。そう、パターンの名前はCurved Shoulder Scarfです。フリーパターンですよ。

昨日ポストしたNurmillintu、2つ目のレースパターンに入りました。たくさん目数リングをぶら下げながら編んでます。すべりやすくときどき、ブツブツ言いながら針をすすめています。でも、シルクなので光沢がありきれいです。思っていたよりもサイズが大きめなので嬉しい!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

サイズを調整しなくてはならない時

どうしても編みたいパターンがあるのに、ゲージがどうも合わない、という時がありませんか?

いったいどうしたら、このゲージがこの針で出るのだろう? とすごく不思議に思ったこともあります。

ゲージが合わない時に一番簡単な解決方法は針のサイズを変えることですよね。例えば、10センチで10目としたいのに、12目編めてしまうなら、針を一つ太くすれば10目になるかもしれません。逆に10センチで8目しか編めなかったら針を細くして10センチで編める目数が増えるように調整することも可能です。

手がゆるい人、きつい人がありますから、必ずしもパターンに書かれている針の号数が使えるとは思わない方がいいです。

また、デザイナーさんが書いているサイズが自分に合わない時。もう少し小さいサイズに編みたかったら、これまた針のサイズを細くして編めば希望のサイズになることが予測されます。でも、人間の体は丸みを帯びていますから、すべてを同じような比で小さくしたり大きくしたりして大丈夫か? というとそこは体の部位によって微調整が必要になりますよね。編みながら長さやら幅やらを細かに測りながら編んでいくことが大切です。バランスもありますし。

ショップで素敵なショールを見つけて、家に戻ってパターンを買って編んでみても、どうも、ショップで見たようなショールに出来上がらない、なんていう経験もあります。そう、そのショップではパターンとは違うサイズの針で編んでいたんですよ。「最初からそう言ってよ」と言いたくなりました。

針ではなくて毛糸の太さを変えることもオーケーです。パターンではDKを使っているけれど、自分はフィンガリングの糸が使いたいなあと思うのならいつも自分が編むサイズよりも一サイズ上を選ぶとちょうどいいかもしれません。逆に、太い糸を使う時にはh下のサイズ。ただ、糸の太さを変える時には使う糸の長さも変わりますから、糸が十分にあるかなども考えてくださいね。

いろいろ試してもどうしてもゲージが合わない時はあきらめるしかない。。。ですね。自分が考えているサイズに出来上がらないだろうなぁと思いながら編んでもいいのですが、それじゃ楽しめないかな? まぁ、どこまで「こういう着方がしたい」というイメージに固執するかという部分もありますね。

まぁ、編み物は伸び縮みもしますし、水を通して少し伸ばしたり、あまり伸びないように干したりと微調整は可能です。友達で、袖が短いからといって引っ張っていたら袖の先がビロビロに伸びてしまった人もいます。これはちょっと悲しい。でも、彼女が引っ張りたくなる気持ちもわかっていたからなぁ。。。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

少し長くしたカウル、そして大きすぎたプルオーバー

IMG_1748

アルパカとモヘアの2本どりで編んだBurburry Inspired Cowl が出来上がりました。毛糸を使い切りたかったので長くなりました。首に2重に巻くのには少し短いようです。でも、使っているうちに伸びてなんとかなるのではないかと淡い期待を持っています。

そして、昨日かな? 写真に載せた赤いプルオーバー。少し大きすぎたようです。思い切ってほどきましたよ。目がゆるくなっている部分があったのも引き金になりました。あまり目がゆるいとだらしない感じがしますものね。ましてや気に入っている糸ですもの、このままお蔵入りにはできません。涙を飲んでほどきました。

後ろと前の模様を見ながら自分は今何段目にいるのだろうと、ワークシートとにらめっこ。それを見極めたらまた編出すつもりです。あ〜、どうしてもっと早くに気がつかなかったんだろう。ゆるいかなぁとは思ったりもしたんですよ。でも根拠もなしに自分に「大丈夫」と言いました。今回は少しきつめにがんばって編みます。

針によってもゲージが変わりますよね。滑りやすすぎる針だとゆるくなりがち。少しはグリップがある針の方を私は好みます。クローバーの「匠」の針、滑りすぎることなくグリップが程よくあって好きなんですが、コードの部分がね、硬くて融通性にかけると思いません?

さて、編みなおしに取りかからなくては。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ソックスの厄日

洗濯機から洗濯ものを出しながら「あ〜!」ウール100%のソックスが片方紛れ込んでいたんです。かわいそうに、フェルトされています。フェルトされて欲しいものはなかなかフェルトされないのに、どうして1度の洗濯でこのソックスはこんなにフェルトされてしまったのだろう1 そりゃ、フェルトされているから触り心地はいいですよ。しかし、これじゃ私の足はおそらく入らない。。。 もう片方も洗濯機に投げ入れてしまおうか。でも、同じサイズにフェルトされるとは限らない。縮んでしまった方に無理に足を入れて伸ばすか、どうしよう。

気をつけていたはずなのに小さいものだから他の洗濯物といっしょに入ってしまったのでしょうね。今更ブツブツ言っても仕方がありません。仕方ない、もう1足編むか。スーパーウォッシュならここまで縮まないでしょうが、やはり私はウール100%、アルパカ混紡などが好きなんですよ。

IMG_1524

元からこのソックス、少し小さめだったんです。サイズが合うソックスと比べると、ほら、こんなに差があります。

IMG_1523

あげくの果てにクリスマスに家に戻ってきた次男がソックスを持ってきました。

「これ、せっかく編んでもらったんだけれど、ゆるくて下がってくるんだよね」

そう、ソックスを編み始めてまだ最初の頃のソックス。パターン通りに2号針で編んだらゆるかったんです。でも、スポーツをしているし、太い足の彼だから大丈夫だと思ったらダメだったみたい。きれいに洗濯して寄付してきました。いや〜になっちゃいます。

2度あることは3度あるといいますから、これ以上ソックスに損害が出ないように、マフィちゃんの近くからソックスを取り除きました。しつこく噛むことはしませんが、ソックスは大好きでつい持ち歩いてくれるものですから片方を探して3千里なんてこと珍しくないんですよ。

恐るべし、ソックスです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

クリスマス。大切な人へのプレゼントにぴったりのスカーフ

裏編みがあるとどうしても編むスピードが落ちます。チャリティーに送るためにできるだけ早く編みたいと、表編みだけのスカーフがないかしら、と探していたところ、見つけました。Purl Sohoの No-Purl Ribbed Scarfです。フリーパターンですから、よろしかったら見てみてくださいね。

IMG_1205

表編みだけなのだけれど、ゴム編みのように見えません? 作り方はいたって簡単。でも、注意を払っていないとまちがえて、「あれ、模様が変」となりかねませんからそこは気をつけてくださいね。

Purl Soho のサイトに行くととてもていねいなパターンが出ていますから、ご参照ください。でも、ちらっと説明しますね。

作り目は4の倍数+3。私は39目にしました。糸は日本でいう並太より少し太いので、アメリカの7号で編んでいます。

1段目:表目3目、*糸を裏編みをするかのように針のこちらがに持ってきながら、裏編みをするように次の1目をすべり目、表3目* ※の間を繰り返します。

2段目:表目1目*糸を裏編みをするかのように針のこちらがに持ってきながら、裏編みをするように次の1目をすべり目、表3目* ※の間を繰り返す。
    糸を裏編みをするかのように針のこちらがに持ってきながら、裏編みをするように次の1目をすべり目、表1目。

この2段を繰り返し、2段目で終わらせてください。あとは伏せるだけ。

IMG_1206

こういう目が編みあがっていきます。裏と表では*の間が2目ずつずれています。次の写真を見ていただけるとわかると思いますが、表目が大きく浮かび上がっていますよね。この目の両側2目、そしてこの表目と3目が、パターンでいう「表目3目」なんです。ということは、表でも裏でもこの大きい表目は表を3目編むときの2番目にきていなくてはいけない、ということになります。これがずれていたら間違っている証拠。

IMG_1207

クリスマスまで約1ヶ月。今からでも遅くありません。太めの糸を選んだらあっという間に編めますよ。寒い冬を温かい気持ちで迎えられますように。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

トラベリングプロジェクトを持ち歩く時

電車、飛行機で旅行する時、必ずトラベリングプロジェクトを持って歩きます。これは、大きいものはいけません。かさばりますから。できるだけ小さいもの。例えばソックスなんかいいですね。私は小さいショール、Hitchhiker を持ってきました。マフィちゃんがお世話になっている獣医さんの助手のお嬢さんにクリスマスプレゼントにしようかな、と思い編み出しましたが、なかなか色合いがいい。。。どうしよう?

IMG_1095

糸はフィンガリングですから使っている針も細いですし、目数もそこまで多くなりませんから持って歩くにはコンパクトでいいです。そして、編み方も難しくないから飛行機が少々の乱気流の中を飛んでいても編んでいることができます。

日本の航空会社、セキュリティはどうかわかりませんが、アメリカはテロリスト対策などでひどく神経質になっていることがあるので、いくつか気をつけることがあるんです。

IMG_1096

ぜひ、プロジェクトバッグに入れて持ち歩いてくださいね。

まず、まちがってもメタルの針は私は持ちません。つねに竹の針。金属探知機にひっかりませんから。また、お値段が高い針も持ち歩きません。針を取り上げられる可能性があるからです。そしてソックスを持って行くにしても4本針はあまりよくないかも。マジックループができる方はそれで。もしくは2本の輪針で編むようにしてください。お隣の人をつついたら困ります。それと同時に、「とんがったものが怖い」という病気の方もときどきおられます。だから、もし、ソックスを編みたいけれどどうしても4本針でなくては、という方は(私もその一人ですが)これこそ、竹の針にしましょう。そして、針ではなくパターンですが、これはとにかくシンプルなものがいいです。お隣お人がトイレに立ったり、フライトアテンダントの人が何かサーブしてくださったときにしまったり出したりして、その度に「あら、どこを編んでいたんだっけ?」と目数を数えるのも考えものですし、目を落としてしまっても拾いやすい方がいいですね。まちがってもレースのパターンは持ち歩かない方がいいと思いますよ。目を落としたときの悲惨さと言ったらありません。

まぁ、いろいろな経験を皆、していますよ。レースのショールを持ち込もうとした彼女、まずいことに金属の針が付いていて取り上げられそうになりました。あわてた彼女、というよりムッとした彼女はセキュリティの係りの人の前でゆっくりと編み針をショールから外して、「ショールと毛糸はもちろんいらないでしょう?」 と言ったそうです。セキュリティの人にたてつくと面倒くさいのでにこやかにお話ししたと言っていました。そのあとで目を拾うのが大変で、結局数段ほどいたというのは言うまでもありませんね。

別の友人は、取り上げられることを考えプラスチックのかぎ針を持って行こうとしたのに、メキシコで全部取り上げられたんですって。どうしてプラスチックのかぎ針が引っかかったのかわかりません。しかし、「危険物」とみなされたようです。世の中、複雑です。

また、飛行中に編み物をしていたら隣に座っていたビジネスマンらしき男性に「それだけ尖っている針なら武器になりそうだね」と冗談交じりに言われたけれど、イライラしていたから「あなたが持っているボールペンの方が武器になると思うけど」とマジに返したら2度と声をかけられなかったともいう友人がいます。

パリでの不幸な事件がありましたし、どこの国でもテロ対策がますます厳重になるであろうと思われます。もめごとを起こさないためにも、そして、旅行中に編むものがなくて指先がムズムズしてこないように十分に注意して編み物をあなたの手荷物の中に忍び込ませてくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村