ひまわりのようなソックス

毎日暑くて暑くて大変ですね。日本の夏がこんなにすごいものとは噂には聞いていましたが驚いています。

なんて言いながらソックスを編んでいるのですよ。ま、どんなに暑くても必ず秋、そして冬は来ますからね。そして、どうせならと超ド派手な色のソックスにしました。

IMG_3308

使っている糸はWollmeise のPure。ナイロンが入っていないので丈夫さには少し心配もありますが、ま、いいでしょう。この糸はとても撚りが強いのでふわふわしていません。だから、その分耐久性はあるのではないかなぁと思っています。

よりが強い分、よってある糸の間に針が入ってしまったりはしないので編みやすいと言ったら編みやすいです。それに、洗濯機で洗えますからね。

パターンはCookie A がデザインしたHedera。すかし編みが入ったなかなか可愛らしいソックスができあがりそうです。色がひまわりみたいだし。

IMG_3314

かかとが終わり、今はただぐるぐると輪っかに編んでいます。ソックスのように輪で編むものは途中でなかなかやめられないんです。ついつい編み進んでしまい時間を忘れてしまいます。

自分が何かを作り出すという時間は大好きです。形ができ上がってくるのを見るのは本当に楽しいですから。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

広告

思い込みに注意

いろいろなものを編んでいると、パターンをあまりよく読まずに自分がそれまでに編んだ経験に基づいて判断してしまう傾向が私にあります。

いま、la droguerie のパターンでフィンガレスミットを編んでいるんですが、数段編んだところで「あれ〜?」 説明は「前段の目の通りに編む」わかるんですよ。表編みは表編みに、裏編みは裏編みに編めばいい。しかし、すべり目はどうするのだろう? ずっとすべり目したら編めないでしょう? おかしい。??? よーく悩んでいたら、発見、

どこにも、輪で編むなんて書いていない。平面に編んでいるから、さっきすべり目をした目は裏の目に見えているのだから裏目で編めばいいということかと。しかし、フィンガレスミットはやはり輪で編みたい。あとからはぐのは私は嫌い。ここでまた発見。輪で編んでいたら1目ゴムのはずなのに最後に表が2目になってしまったのはこれが理由ね。はぐから最後が表2目になっていたんだ。ま、それはいいわ。

さらに、親指の部分の増やし目。途中に (=親指)とあるけれど、どこまでが親指の目数のかが明記されていない。。。ねじりまし目をしたのは入るのかしら?

最後の方で「休めておいた24目」とあって、この24目はどこからきたのだろう?と読み返すと(他の目は休めておく)のこの(他の目)に相当するのかもしれない。なんだか、パズルを解きながらのパターンでした。自分の思い込み+難解な書き方で苦労しながら編んでいます。かなり自分で適当に手を加えてしまいましたが。

それにしてもこのパターン、とにかく正確に訳するとこうなるのでしょうかね。となるとフランス人の方はきっとアメリカ人とは異なる脳みそを持っているとしか考えられません。お国柄とでも言いましょうか。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

輪編みは早いけれど

しばらくお休みしているうちに新しい年になってしまいました。今年もよろしくお願いいたします。

さて、セーターを編む時に悩むのが輪編みにしようかそれとも前後別に編んではぎあわせるかです。輪編みにする方がずっと早いのですが、途中で引き返し編みが入るとゲージが微妙に狂ったり、また、ちゃんとはぎ合わせたほうが型崩れがしないという利点があるんですよね。頑張って、前後別々に編むか、と意を決して編み始めてみて「やっぱり、輪編みにすればよかった。今頃もう編み終わっているだろうなぁ」と後悔しているんです。実は。

どれだけ型崩れをするのでしょうね。それに、ノルティックのセーターなどヨークから編んでいくセーターは輪編みが多いですし、ラグランのセーターなどは輪編みにするのは理にかなっているように思うんです。

それに、はぎ合わせるのは決して簡単なことではないですしね。気をつけてていねいにしても「うーん」という場所が出てきたりしますから。

編みやすい糸で輪編みにするとスイスイと針が進みます。そう、私、編むのが早いんです。これはもう生まれ持ったものか、それともずっと編んでいるうちに早くなったのかはわかりません。

「あなた、編むの早いわね」と言ってもらうことあります。また、「あなたが編んでいるのを見ると自分がすごく下手に思える」とも言われたことがありますし、「オリンピックをしているわけじゃないから、私は競争しないわ」とわけわからないことを言われてこともあります。誰も競争するつもりで編んでいないのに、おそらく私にそれを言った人が気負っていたのでしょう。

いずれにしてもセーターなどの大物を編む時はこれからはやはり輪編みにしようかな、と思ってしまいます。型崩れと言われまずがこれは選ぶ毛糸によるのかもしれませんね。よりが甘い糸はどうしてもセーターの重さで下に引っ張られがちです。それに比べてよりがしっかりしている糸、それから軽い糸などはそこまで心配しなくてもよいのではないだろうかと思います。

それとあとは編むプロセスを楽しむか、それとも出来上がりという結果を楽しむかというその人の方針(?)が大きく関わってくるかもしれませんね。

 

http://handmade.blogmura.com/knitting/ranking.html/?p_cid=00804201

すごく簡単なカウルの編み方ご紹介

自分で紡いだ糸を使ってさて、何を作ろうと悩みました。まだまだ太い糸を量産しているのであまり長さは出ません。段染めのような糸なので複雑なパターンをしても目立たないし、とあれこれ考え、こんなものにしてみました。

IMG_2605

マフィちゃんにモデルになってもらいました。クッキー1枚で手を打ってくれたんです。

編み目はこんな感じです。

IMG_2604

これは6目の繰り返しのスティッチパターンなんです。だから輪に編むときには6の倍数。平らに編むときには6の倍数+端の目を足してください。

表から見た編み目です。(輪で編んでいると考えてください)

6目の繰り返しですからね。

最初の3段は表編み(メリヤス編みということですね)
4段目は最初の2目は裏編み。残りの4目を表編み。
5段目は表編み。
6段目はまた、最初の2目を裏編み、残りの4目を表編み。
7、8、9段目はまた全て表編み(しつこいですが、この3段はメリヤス編み)
10段目は最初の4目は表編み、最後の2目を裏編み。
11段目は表編み
12段目は最初の4目は表編み、最後の2目は裏編み。

なんのことはない、スティッチパターンの本からとりました。バスケットウィーブというパターンの変形です。メリヤス編みだけではつまらない。ちょっと変化が欲しいなどというときにはこんなパターンがオススメです。

ブロックして、今乾かしています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ポンポンがついた赤ちゃん用の帽子

赤ちゃん用の帽子を編みました。先日、パターンのところで記事にした帽子です。

IMG_2267

帽子は72目作ってクルッと編んだだけですからすぐに出来上がりました。深さをどれくらいにしようかなぁというのが一番の悩みだったかも。もう少しだけ深くすれば良かったと思ってます。

それより何より、ポンポンを作るのに時間がかかったんですよ。世にはなんだか「ポンポンメーカー」なるものが売られているようですが、そうそうポンポンを作ることもなかろう、とけちくさく(?)自分の指2本を使って作りました。昔はダンボールかなんか使って作ったような記憶があります。最初は糸を2本持って20周させてみたけれど、ボサボサして密集度にかけたので、30周にしてみました。密度は良くなりましたが、さて、これから球状に刈り込んで行かなくてはなりません。片側をチョキンチョキンとしていくとなんかもう片側が長い気がして、とその繰り返しでどんどん小さくなっていきます。大きめに作ってよかった。さもなかったら作り直しでした。

立方体のポンポンがあってもいいかしらね。

IMG_2268

できあがりの寸法は横幅が17センチ。深さが丸まった部分を伸ばして13.5センチ。ゲージは10センチ約22目です。毛糸はBig Bad Wool のweapacaです。メリノウール50%、それからベビーアルパカ50%。でも、洗濯機の「デリケートモード」でお洗濯できます。72目作り目してぐるぐる編んでいき、てっぺんをthree-needle bind off 。それからポンポンを二つ作って両側に縫い付けただけです。1色の毛糸で編んでもいいし、色々遊べます。残り毛糸でもう一つ作ろうと思います。今度のポンポンは主人にチョキチョキをお願いするつもりです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ソックスの作り方、ざっとおさらいです。

赤いソックスは64目作り目です。針は0号。使った糸は Shepherd Sock ゲージは10センチで40目弱。そう、かなりキツい目となっています。

足首のところまでは好みの長さで編みます。私は64目ですから、32目が甲の部分、残りの32目がかかと部分と分けられます。5本針だと、32本が2本に分かれるので、それぞれ16目掛かります。

かかとの部分が始まります。今まで通りに輪で編んできた方向に32目(針2本分)を引き返し編みします。

1段:(すべり目、表編み)これを16回繰り返します(16x2=32)
2段: すべり目、あとは全部裏編みです。

かかとの部分が編めました。向こう側の針にかかっている(甲の部分)はお休み中です

かかとの部分が編めました。向こう側の針にかかっている(甲の部分)はお休み中です

これを32段。(1段、2段を1往復とすると16往復です)この32には64の半分の数です。そう、60目作り目したら、ここは32段では悪60の半分30段編むんです。

それが終わったら、今度はかかとの丸みをつけます。

私は最初の目をすべり目、17目表編み、右上2目一度、表一目編んで裏返します。
次の段は最初の目をすべり目、裏編み5目。2目一度、裏1目編んでまた裏返します。

裏返したところに隙間が出るので、その両側の目を使って2目一度をしながら、もう2目一度できなくなるまで繰り返します。(最後の段は2目一度で終わります。繰り返しているときの最後の表1目、裏1目はここではありません)

かかとが終わりました

かかとが終わりました

私の場合、18目針に残ります。これを半分に分けて、その中心がこれからの1周の始めとなります。

かかとの部分の目を半分に分けて2本の針に移しました。ここから1周はこの中心から始まります

かかとの部分の目を半分に分けて2本の針に移しました。ここから1周はこの中心から始まります

9目編んで、それからさっき引き返し編みしたピラピラしている面の横から16目拾います。これはさっき編んだ32目の半分。すべり目をしているから簡単に16目拾えると思いますよ。これで25目。

この両側からそれぞれ16目ずつ拾います。

この両側からそれぞれ16目ずつ拾います。

9目編んで、16目拾いました。これからお休み中の32目を編みます。

9目編んで、16目拾いました。これからお休み中の32目を編みます。

次に休めてあった甲の部分32目を表編みで編んで、(模様編みをしている方はその模様を編んでくださいね)、また、16目拾って、針にある9目を編んで1周終わり。

反対側から16目拾って、それぞれの針には25目、32目、25目かかっています。

反対側から16目拾って、それぞれの針には25目、32目、25目かかっています。

1:表で1段編みます。
2:25目かかっている針から22目編んで、次の2目を左上2目一度、表1目
  32目かかっている針はそのまま32目表編みで編みます。
  25目かかっている針から表1目、右上2目一度、最後まで表編み。 この1周で2目減りました

1と2を繰り返して、25目かかっている針の目数を16まで減らします。

5本針だと、甲の部分の目を半分にして2本の針にかけます。

5本針だと、甲の部分の目を半分にして2本の針にかけます。

自分の親指の根元くらいまでの長さまで増減なしで編みます。次は
1:表で1段編みます。
2:25目かかっている針から22目編んで、次の2目を左上2目一度、表1目
  32目かかっている針は1目編んで、次の2目を右上2目一度、3目残るまで表編み。左2目一度、それから表1目。
  25目かかっている針から表1目、右上2目一度、最後まで表編み。 この1周で4目減りました

この1、2を繰り返します。つま先がどれくらいとんがらせたいかによってこの減らし方は調整できます。

とにかくいろいろ試してくださいね。使っている数字は作り目が64目のときのものです。違う目数で始めると私が書いた数字と一致しないかと思いますが、流れが参考になったらと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

輪で編んだセーターがカーディガンに変身

やりましたよ。輪で編んだセーターを前中心にハサミを入れてカーディガンにしました。steeking と呼ばれています。

IMG_1794

これはセーターを裏返しにしたところです。真ん中に表編みが1目通っているのが見えますか? これが作り目+1目の1目の部分です。この目をザクザク切るんです。切る前にもちろん解ほどけないような処置を施しました。すでに切り始めていますが、目が両側にくるっと丸くなっているんです。これは私が何をしたわけではなく、自然にそうなっていくんです。おもしかったですね。糸もボサボサしてはいましたが、そこにはあまり注意を支払わずに進んでいきます。

ちょきちょきと間違った目を切らないように、また、裏側も一緒に切らないようにと細心の注意を支払いながら先が尖った細いハサミでゆっくりと1目1目切りました。

IMG_1795

切り進んで来て前ヨークの手前までやってきました。糸が横に渡っているために切らなくてはいけない表編みの一目が見えにくくなっています。さらにスピードを落としてゆっくりゆっくりと切る目を見極めながら切っていきます。

IMG_1796

横に渡っている糸ももちろん切ります。最後まで切り終わり、カーディガンの前身頃らしくなりました。

IMG_1797

下の写真でおわかりになるとよいのですが、切れ端がボサボサしているでしょう? それがほどけないように裏側にテープを縫いつけます。それは明日頑張ります。編んだものにハサミを入れて気疲れしてしまいました…

IMG_1798

ザクザク切ってもすぐにほどけてこないのは、このアイスランドの糸の特徴です。隣の糸と絡み合うというかくっつき感がある糸であることが大きな理由なんです。すべすべしている滑りやすい糸だとこうはいきません。次から次へとほどけてしまう可能性がありますから、そこは気をつけなくてはいけません。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村