メジャーを持って右往左往

「Featherweight cardigan というHannah Fettigのデザインのカーディガンを編むのよ」と友人が嬉しそうにスワッチを編んでいました。

彼女は一昨年のクリスマスに胆管癌が発見され、手術、抗がん剤治療などを経て元気に復帰して来たんです。しばらくは編み物会に来てもあまり編む気力も出ずに少しおしゃべりして帰ったりしていましたが、今はすっかり回復してカーディガンにまで挑戦するようになりました。本当に良かった。

パターンを見ながらどのサイズを編もうかといろいろ考え込む彼女を見ながら、「じゃ、サイズ、測ってみようか」と立ち上がったのがもう一人の友人と私。

「さて、肩幅は、と」肩の骨をグリグリしたり、肩甲骨をゴリゴリしたり。

測った数字とパターンに出ている数字があまりにずれているものだから、「あれ、違うところを測っていたのかしら。じゃ、こっち?」

とまた、グリグリ。

肩の幅、腕まわり、脇の下から希望するすそまでの長さ、バストなどなどを混み合うカフェの中で測ってしまいました。あ、洋服は着たままですよ。もちろん。

測った数字を基にしてどのサイズを編むかというところになって、これがまた人間の体の面白いところで、ある部位はサイズMで良いけれど、別の部位はLの方がいい、他の部位はMとLの中間、とますます彼女は考え込んでしまいました。

でも、このパターンは前をボタンでとじないオープンカーディガンなので、そこまでサイズを気にしなくては良いのではないかという意見と、トップダウンだから編みながら試着して調整していけばいいのではないか、という意見が取り入れられ、とりあえずMで編むことに決定したのでありました。意欲を見せる彼女を見ていると一緒にいる私たちも本当に嬉しくなります。

「編み物会」と一口に言ってしまいますが、人それぞれにいろいろなことが起きます。嬉しいことは分かち合い、辛い時には励まし、応援しあい、笑ったり、愚痴ったり、私たちの人生の1ページのような気がします。(ちょっと大げさかしら?)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

身体のサイズを測りました

着るものを編むためには自分の身体のサイズをしっかり知ることが大切です。パターンでS、M、Lなどとはい書いてあるものの、人間の身体なんてそういうサイズに身体のどこもかしこも合うようにできているとは思えませんから。

いったいどんな数字が出るのだろうとちょっとドキドキでした。数字はウソをつきませんからね。ウェスト、バスト、ヒップはもちろん、首回り、アームホール、腕の付け根から腕の付け根まで、首の後ろのグリグリから腕を45度くらいあげたときの手のひらのグリグリまで、二の腕の周囲、肘周りの周囲、手首の周囲などなどいろいろ測ってみました。

そして考えました。さて、これをどう編み物に使うか。最近のパターンには、製図とともに測った数字も書いてあるのでそれと比較してみようと思います。腕が長いこと、肩周りが太いことは前から感じていたのですが、改めて数字がはっきり言ってくれました。他のところはこのサイズでもいいけれど、この腕周りのところは一つ上のサイズにしたほうが自分にフィット感がよいものが編めるよと。

また、バストからウェスト(ウエストなんていう言葉を使うのもおこがましいようなサイズの差です)の数字の減り方を見て、もし、ウェストのあたりを少し絞りたかったら糸の太さ、ゲージからどれくらいの割合で目数を減らしていけばよいのか計算できます。同じように肩の部分から手首までの減らし目も同じように割り出せますよね。

できるだけ正確な数字を出すためにも、どなたかと一緒に測ることをおすすめします。クリスマスで次男が家に帰ってきてくれているので、主人のサイズを私が測り、次男が書記を務めてくれました。次男のサイズを測るときには主人が書記。それに、テープが曲がっているとか、ずれているとか、いろいろな意見ももらえます。最後には3人分のサイズをチャートにして数字に大きい誤差がないかもチェック。今度日本に行ったときに長南のサイズも測ろうと思います。こうしておけばプレゼントに何かを編みたいときの参考になります。

あ、頭まわりも測ったおこうっと。帽子を編むときにいいかも。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村