チャートに勝つものはない!

アメリカに来てからずっと編み物をしませんでした。だって、その時はまだまだチャートがこの国には普及していませんでしたから、1段1段の説明を追っていかなくてはならず、さらには訳がわからない略語がたくさん飛び出してくるものだから、あきらめていました。

少しずつチャートが人々の中に広がり始め、そして、少しずつ略語がわかるようになってからこちらのパターンで編み物をするようになったと思います。

そう入っても、やはりチャートに勝つものはありません。

1段ごとの説明がないにしても、言葉による説明だけだと、どういう風に出来上がっていくのかは全部読んで、「あ、こういうことね」とわからないといったいどうなっているのやらとにかく五里霧中。

そこで、とにかくチャートとまでいかずとも図にしてから編み始めるんです。

たとえば、10段ゴム編み、20段メリヤス編み、減らし目1段、またメリヤス20段、減らし目の段を1段、メリヤスを25段、それから袖の減らし目、というときにはどうやって減らしていくのかを図にするんです。これをすることで、編みながら、もう少し減らしを多くしたほうがいいかも、というときにはメリヤス20段を15段にして、減らし目を3回にすることも前もって計画が立てられますからね。

図にして目の前にどういう形で編んでいくのかがはっきりわかると、どうしてそういう編み方をするかという理由が納得できるんです。それがなくてただ単に、言われた通りに編んでいるだけでは不安がつきまとってしまって。。。

それにしても、どうしてチャートを苦手とするのだろう? これくらいわかりやすいものはないのに、と思うけれど、これはおそらく「慣れ」の問題なのでしょうね。私が、懇切丁寧な編み方の説明になれなかったのと同じで。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

人の間違い、どこまで言ってよいものか...

編みぐるみなどをたくさん作っている人が編み物会にいるのですが,ショールとかカウルはあまり編んだことがないんです。隣にすわった私に作り目をした針を見せてこう言います。

「ねじらないように輪にしたいのだけれど良い方法ないかしら? 何度も何度もやり直したことがあってイヤな思い出なのよ」

「それなら,テーブルの上に針ごとのせて目の下にある部分が必ず針の内側か,もしくは外側に来るように目を動かせば大丈夫よ」と言って彼女の手から針を受け取り作った目を落とさないようにていねいに整え始めたのは良いのですが...

そこで気がついたのが,手にかける作り目をしたときにねじってしまったり,針が糸をつついてしまっていて変に糸が絡んでしまっているところ。さて、どうしよう。どこまで言ってよいのもか...それほど親しくないのと,彼女の編み物のレベルをあまり知らないのではっきりと「ここがおかしいからやり直した方がいいわよ」と言えずに終わってしまいました。

性格をよく知っている人なら,その人がちょっとした間違えを気にするかしないかわかりますから対処が簡単なのですけれどね...また,彼女は大病をしたばかりでやっと編み物ができるようになったと喜んでいるところですからよけいでした。あまり細かいことを言うよりも針を持つ楽しみを感じることがまず先決。できばえはそれからかな,と勝手に決め込みました。

誰かが間違っていることを指摘するのは簡単。でも,言葉は選ばなくてはいけないし,その人を取り巻くいろいろな要素も考えることもとても大切だと思うんです。あ,これって編み物だけじゃないですね。何にでも同じだと思います。人を批判するのは本当に容易いことですが,一度口から出てしまった言葉はもう戻せません。それに,その一瞬だけを見て人を判断するのは大きな間違え。その人の育てられ方,今までも経験、その他いろいろなことが現在のその人を作り上げているのですからね。それを知らずに人のことをあれこれ言うのはいけません。編み物から話がずれてしまいました。:) ごめんなさい。

あれから少しは進んでいるかしら? ちょっと心配しています。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

言葉にできない

まるで、小田和正さんの歌詞のようですが...

私たちの心にあるものが言葉にならないときってありますよね。嬉しいとき、悲しいとき、おどろいたときなどなど。

昨日の私、そう、とても美しいものを見させていただいたときに言葉を失いました。

今、書きながら、なんて書いたら良いのだろうと唸っています。うーん。

何を見たか? 美人画です。ホーッとため息が出て、あまりの美しさに時間が止まり、現実ではないような夢見心地なフワフワした気分.いやぁ、言葉が足りません。

このような美しい作品をこの世に残せるとは、なんてなんてうらやましい〜。<ー私のようなものがおこがましいです。

小学校の頃から絵は苦手ですから(5段階で2をとったくらいです)絵を残すなんてどうひっくり返ってもムリ。へのへのもへじくらいかけるでしょうが。さて、自分では何を残せるか。立ち止まって考えていることにしましょう。

あまりに寒いので、今日は、先日編み始めた Hitchhiker を編み上げます。いったい、いくつ編んだことやら。簡単なこと.そして首のまわりに巻くのになかなかステキな形であること.ブロックする必要がないこと、などなどの理由でプレゼントに使っています。きれいな桜色の毛糸で編みます。そう、差し上げる方を心に浮かべながら。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ