紫陽花を見てきました

仙台で紫陽花を見てきました。資福時というお寺です。北仙台の駅から歩いて10分くらい。

IMG_2676

山門に向かう階段の両側にも紫陽花が咲いています。月曜日でもあり、それほど混雑していなかったのでゆっくり花を楽しむことができました。

IMG_2978

きれいでしょう? ピンク、白、青と一口に言ってしまえば簡単ですが、それぞれの色も深みが違う花たちはため息が出るくらいに美しかったです。

IMG_2990

まるでちぎり絵のようなお花でした。残念なことに駐車場がお寺の横、もしくは裏側にあるために、お寺に向かう細い道路が両面通行になっているんです。軽自動車ですらすれ違うのに苦労するような細さなのに、入ってきたのがこれまた馬鹿でかいトヨタノランドクルーザー。その車一台が道路を通行するのにいっぱいいっぱいなのに、すれ違いなんて、と案の定、にらみ合いが始まってしまったんです。

ランクルはお寺から出る方向に。そこに入ってきたのがSUV。どちらも譲らないものだから入ろうとする車の長蛇の列。電車で来て良かった。と心から思いました。

あ、紫陽花の話でしたよね。

IMG_2976

もう一枚。

IMG_2994

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
 

 

広告

五箇山に行ってきました。

週末をかけて五箇山近辺を旅行してきました。美しい茅葺の民家が立ち並ぶ細い道を歩くのですが、住んでいらっしゃる方々は外に出るのすら憚られるのではないかしら? と思うくらいの観光客がいました。(私のそのうちの一人ですが)

お洗濯物を干すのだってためらわれますよね。

IMG_2893

棚田には稲が植えられすくすくと成長しておりました。

観光案内所のすぐそばにある村上邸ではご主人にお話しを伺うこともできまたのですが、色々と考えさせられることもありました。

高速道路ができたおかげで客足が減ったそうです。便利な道路として高速道路の誘致などが行われたのでしょうが、わざわざ高速を降りてまで、という気持ちを持つ人も少なくないようでめっきりと足を運ぶ人が前よりも寂しくなりました、と伺いました。

同じような話をどこかでも聞いた覚えがあります。その方は「新幹線ができたおかげでこの駅を通過してしまい観光客が来なくなった。でも、正直をいうとそれで良かったのかもしれない」とおっしゃっていました。正直なところなのでしょう。

IMG_2901

また、高速道路が通り便利になったので若い人は農業を継がないで外に努めるようになったから畑がどんどんつぶされて雑木林になるんだ、という声も聞こえてきました。

行ったことがない場所に行くといろいろ知らないことを教えて頂いたり、おもしろいお話をきかせていただいたりと、これが旅の醍醐味なのでしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
 

すぐに「訪日客」のためにという人々

外国人旅行客のために という文句を最近ひどく多く聞いたり見たりします。

いつも思うのが「え?私たち、日本人のためにということはないのですか?」

他の国に行って「わかりにくい」「理解しにくい」「むずかしい」というのは当然のこと。

それを一つの旅の楽しみとすれば良いわけで、なんでもかんでも他の人たちがわかりやすくするなんてしょせん無理だし、必要がない! と私は憤ってしまいます。

私は質問したいです。こういうルールやら、考えを前に押し出す方に

「アメリカ旅行して、レンタカーの使い方とか日本でのわかりやすさをアメリカに求めますか?」

「英語ばかりの表示じゃわからないから日本語の表示にしてほしい」と日本語でがんばれますか?

語学はこの場合ちょっと考えないとしても、上のようなことを聞きますか? しないでしょう? だって「郷に入れば郷に従え」ですもの。

一つ経験談を。京都駅で頭から湯気を出して怒っているアメリカ人の男性二人。言葉は汚いし、駅員さんに対して暴言を吐いていました。おそらく、駅員さんがわからないと思ったのでしょう。ひどく腹がたってので

「あなたたちの言葉は恥ずかしくて聞いてられない。失礼な言葉は謹んで」と怒ったら、一人の男性は非常にムッとして離れて行きましたが、もう一人は下を向いてしまったんです。

事情を聞いたら彼らが持っているチケットが新幹線ひかりはいつでも乗れるけれどのぞみ号は乗れないチケットだったんです。たまたま京都で時間があまってしまい目的地の北海道に早く到着したいからのぞみ号に乗りたいと駅員さんに行ったら1万5000円くらい余計に支払ってくださいと言われたことに腹を立てたそう。

そこを説明して支払いたくなかったら最初からの予定のままで旅行すれば別料金を支払わなくていいことを説明し、不服そうな男性を説得しました。言わずもがなのことでしたが

「誰も聞いていないと思ってあんな恥ずかしい言葉を駅員さんにぶつけたことをお母さんに言えるの?」

意外とアメリカ人男性、お母さんに弱いんですよね。「ごめん。つい興奮してしまって」という返事。もう2度とあんなことしないでくれたらいいと思いました。

だいたい、アメリカで電車に乗ろうとしたって全然アナウンスだってないし、電車に乗ったことがないアメリカ人すらうろうろしてしまうのに文句を言っている人あまり見ませんよ。仕方がないんですよ。知らない土地に行ってわからないことがあるのは自然なのですもの