腹巻が欲しいとな?

今日は母に付き添って病院でした。別にどこが悪いというわけでなく定期的な予約でした。先生とお話をして診察室を出てみると目の前の人が編み物をしているではないですか! 声をかけて何を編んでいるのか、毛糸は何を使っているのやらといろいろ伺ってみたかったのですよ。でも、母の栄養相談やら、血液検査やらがあったのでそこまでちゃんと迷わず母を連れて行かなくてはならなかったので断念しました。うーん、くやしい!

どれだけ待つかわからない病院の待合室は編み物するのにうってつけの場所。ただ、大きいものはいけません。小さいソックスとか帽子。それくらいが適切かと思います。まさか、大きいセーターを持ち込んで混んでいる席でお隣の人を編み針でつついては困りますからね。

また、難しいパターンはやめた方がいいです。名前を呼んでいる声や、番号が出るスクリーンに気を取られたら間違えてしまいます。あとで直すのもこれまた面倒。

今日は私は編み物を持っていませんでした。どうしてか? 朝、忙しくて忘れてしまったんです。母にあげようと思ったレッグウォーマーも持って行くの忘れました。今日のように寒い日はうってつけのプレゼントだったのに。

腰のまわりが寒いから腹巻が欲しいと母は宣います。しかもゴロゴロするのが嫌だから細い毛糸で。腹巻はむずかしい。サイズが大きすぎると落っこちてしまうし小さすぎるときつくて苦しいし。ゴム編みで編んでみるかな。サイズが合わなかったらカウルにしてもらおうなんてね。その前に、編まなくてはならないものをすませちゃおうっと。