毛糸とパターンの相性

あるパターンがこちらでいうフィンガリングの太さの糸を使うことを勧めているとします。そうか、フィンガリングか、とゴソゴソとクローゼットを探し、気に入った色を見つけ、さて、編み出したものの、「あれ? 何か違う」と思われたこと、ありません? 思っているような張りが出なかった、もしくはその逆で、体を包んで欲しいのに、ひどく自己主張が強い毛糸だったりとか、そうなると、そのまま編み続けるかどうか悩みます。

昨日記事にした、糸なのですが、レースの太さなんですね。レースにありがちなのです亜g、柔らかすぎてふにゃふにゃしてしまうんです。編み時が柔らかいのは肌触りも良くて大好きです。しかし、カーディガンとなると、私は少し張りがあって形を保てるとまでは言わないにしても、いわゆるボディーがあるものであってほしんです。そこで、数時間を費やしたものの、すぐにほどきました。

この糸は、ショールにするのが一番! 柔らかくて、ドレープして、暖かくて。そう、カーディガンではなくてショールに変身です。

太さもさることながら、その糸に何が含まれているかというのもここでは重要です。それから「捻り」です。カシミアなどはどちらかというと直線的な伸びを感じます。柔らかいアルパカは体を包んでくれますが、柔軟性には欠けています。コットンはウールのような伸縮性はほとんど感じられませんよね。リネンは張りが出ます。その分、編むときに手が辛い時もあります。

ソックスはナイロンなどを含むと強さ、伸縮性が出ます。モヘアもだいたいナイロンが含まれますが、その割合によって触り心地が全く違うものになるんですよ。’

「捻り」は3ply、2plyというplyの部分ですね。2plyは、2本の糸を縒ってあります。そのより方が強いか弱いかで編みあがりの感触も全く変わります。

昨日選んだパターンをもしレースの太さで編むなら撚りが強い糸を選んだ方が型崩れがしないのでしょう。

色がきれいでついつい手を選んでしまう毛糸たちですが、彼らにもそれぞれ個性、主張があるので、その辺と上手く付き合いながら素敵なものを編みましょうね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

合成繊維よりもウールの方が涼しい?

日本にはいわゆるサマーウールと呼ばれるものが存在しますよね。ウールとシルクが混紡の糸なので,サマーウールといいながらもウール100%ではありません。

編み物をする私たちとしては糸に何が入っているかはかなり貴重な情報なので,シルクが入っている糸はウールとは呼ばずに「シルクとウール」ときちんと(?)説明すると思います。

親しい友人が細いとはいえないウール100%の糸で夏のトップを編んでいます。それを見たもう一人が

「ウールって夏には暑くない?」

聞かれた人は

「あまり感じたことないわ。合成繊維よりもずっと涼しいと思うわよ。合成繊維って肌にベトってつくじゃない。それがあまり私は好きじゃないから」

うーん,どうかなぁ。ウールを暑い夏に着るのはちょっとためらいがあるけれど,編み方によったら動物(?)の毛の方が人間がこねくり回して作った製品よりも肌にはやさしいのかも。特に冷房の中と暑い外を行き来するとしたら呼吸できる分,ウールの方がいいのかもしれませんね。

そしてサマーウールのように少しでもシルクとかリネンが入っていたら更に肌触りがよくなるのでしょう。でも,やっぱりリネン、シルクかなぁ。お手入れはちょっと手間がかかりますし,編むのもウールよりも滑りがよくない分大変ですが,涼しいのは確か。次から次へと編みたいパターンがどんどん増えていきます。(笑)

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

リネンに人気がありますね。ぜひ手編みに挑戦を

数日前に日本にやってきました。アメリカは既に夏休みに入っている学校も多いので,まぁ,お子さん連れが多い飛行機でした。どうぞ,お子さんが前の席を蹴ったり,トレイをガタガタさせるのだけは注意してくださいね。短い時間のフライトなら気になりませんが13時間のフライトでどうしてもイライラしてしまいます。

さて,日本のデパートを昨日ちょっとだけ歩きましたがリネンが主流のようですね。リネンにもいろいろあるなぁとさわっていて思いました。中には「リネン風」なんてのもありました。

いや,これは,今までリネンの糸で編んだことがない方,リネンに挑戦するよいチャンスですよ。ウールと違ってゴワゴワ感がありますが,出来上がったものを水に通すと柔らかくなりますし,ていねいにスチームアイロンをかけると光沢が出る糸もあります。Louet Euroflaxがそうです。自分の好きな色で気に入ったパターンを編むのですからこれほど嬉しいことはありません。

そうですね.おすすめのパターンとしたら、

Bandit
Gemini
Surrounding Tank 
Otherside

などでしょうか。Banditは片袖だけあるショールのようなもの。ステキですよ。Geminiはトップ。レースとまで言わないオープンな方の部分が夏らしさを出してくれます。Surrounding Tankは私の好きなオフトータル。ただ,脇の下が開きすぎるのが玉にきず。Banditは平面で編んでいきますが,他の3つは輪編みが活躍します。

写真をとればよいのですが,アメリカでの普段着ではとても写真にしたら恥ずかしいようなものばかり来ているので,もし,日本で写せたらブログにアップしますね。

この他にもいくつもステキなパターンがあります。上のパターンの他にLineal Cardiganも編みました。水通しも終え、今は,アメリカで乾いている頃でしょう。

夏場にさらっとしたリネンは気持ちがいいですね。ちょっとした三角形のショールも冷房がきついときには嬉しいですよ。

夏だからといって,暑いからといって編み物が暑苦しいわけではありません。さぁ,皆さん,また編み物楽しみましょう

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ