歩きながら編み物をする女性

マフィンを散歩させている時にあった女性。おそらく職場に向かうであろう出で立ちで颯爽と歩きながら手には編み針をそしてウエストポーチからは毛糸が出ているではありませんか。

編み物をしている人を見かけると誰かれ構わず声をかけたくなる今日この頃。

「歩きながら編み物をしているなんてすごい」と話しかけると彼女はパターンを見せてくれて

「歩きながら編むにはふさわしくないと思うのだけれど」と。

そのパターンには縄編みのパターンが4列くらいに並んでいるんですよ。え〜! 机の上に広げてもどこを編んでいるか印をつけないと間違えそうなパターン。それを歩きながら編むなんてすごい!

フェリー乗り場に向かっている女性を長く引き留めるわけにはいきません。一本乗り遅れると次のフェリーは約1時間後ですからね。もっと話したかったのですが切り上げました。家の前を歩いて帰る姿を何度か目撃しているのでキッチンの窓から注意してみていてもう一度話しかけてみようと思っています。気をつけないとストーカーと間違えられかねませんね。

それにしてもすごい。主人に言わせると携帯電話を握りしめながら歩いているのも危ないけれど、編み針を持っていたらもっと危ないんじゃない? ですって。まぁ、こけて針が体をつついたらそれは確かにいたそうですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

旅の空でソックスを編む

昨日、少し編み始めたソックスを持って飛行機に乗りました。爪先から始めて目を増やし、60目までになりました。そこから表編みをしたものの、何かつまらない。これではまったくおもしろくない。かといって昨日も書きましたがしつこい模様編みをしても目立たない、これは困ったと飛行機の中で思案にくれます。

そうだ、縄編みを入れよう。と思い立ったまではよかったんです。右と左の両方に入れて見たものの、数段編んでから、あ、でもかかとになる部分にも模様を入れてしまったわ。これじゃダメだ。さて、どうしよう、とまた途方にくれること数分。すると知らないうちにウトウト。だって、今朝4時起きだったんですもの。眠かったんです。

image

目が覚めて、また考えました。飛行機の中の明かりでもほどいて目を拾うのはあまり得策ではない。このまま編んで行って、縄編みはそこまでにしてあとはゴム編みにするか、縄編みをずらして始めてみようとこれまたいい加減な対処法を思いつきそのまま編んでいます。

いったいどういうことになるのやら見当はつきません。でも、ちゃんと履けるソックスになることだけは請け合います。ソックスですから当初の目的を果たしておけばそれでいいだろう、という開き直りが入りました。こんな感じにできてます。

image

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ケーブルの帽子

なんとなく日本のショッピングサイトをウロウロしていたらケーブルの帽子が目に入りました。お値段はまちまち。素材もアクリル100%からウール100%、カシミア混などさまざま。なんだ、私がこの間編んだ帽子に似ているじゃない。

IMG_1504

帽子にラベルと言うのでしょうか、タグと言うのでしょうか、長方形の布地にいまひとつ訳がわからない英語の文章が書かれたり、ブランド名が入っていてそれを太い糸でザクザク縫い付けてあるのも人気みたい。そして、見た帽子の多くはとんがり帽子だったように見受けられます。じゃ、こういう風にかぶってみようか。

IMG_1503

帽子は編みますが、自分ではほとんどかぶりません。シカゴの突風の中もかぶりませんでした。きつくない帽子でも頭がしめつけられているようでダメなんです。だから、かぶり心地など細かいことになると「?」となってしまいます。ま、ゆるくかぶりたい人、目深にかぶりたい人、いろいろな好みがあるでしょうから、私個人の好みなんてあまり関係ないかも。

製品の説明を読みながら感じました。今まで、生産国、made in…  という表示をよく見ましたが、country:…. というのは何を意味しているのでしょう? 原産国? 素材はその国だけれど実際に生産されたのは別の国? それともその国の素材でその国で作られたの? よくわからん。それから素材のことだと思うのですが、’fablic’という言葉, これ、スペル間違いですよね。 ’fabric’…かな? おーい、こういう間違いはナシにしましょうよ。

帽子はあっという間に編めるので楽しいですよね。ケーブルは頭頂部での減らし目に工夫が必要ですが、でも、面白い。単調なものよりも編みがいがあります。前にも紹介しましたが tincan knits の Antler は好きです。それからKnotty but Nice これは knittyのサイトで無料で編み方を読むことができますからね。

これから帽子は防寒のために必需品となるでしょうから、ファッション性と合わせていろいろなものを作ってくださいね。ボーイフレンド、またはご主人にもお手軽プレゼントになります。我が家の夫はあまり帽子が似合わないので作りませんが(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

タグの不思議。British Made?

日本ブログ村の方は本当に迅速に問題を解決してくださいます。冒頭でお礼を申し上げたいと思います。「ありがとうございます」と。

さて、商品を見るときについ、原産国そして生産国を見る癖が付いています。昨日、ハリスツィードのとってもかわいいバッグを見つけました。チェックの。ウールの温かみがあって「あ、これいいな」と思いタグを見ると、「?」

「Dyed and woven in Scotland (スコットランドで染め、紡がれたもの」 なぜか、「made in Scotland」ではありません。「え〜、わかりづらい」どこで作られたものか書いていないじゃない!」と店員さんの冷たい視線にもめげずにひっくり返したけれどわからない。ふと、横にあった同じ柄の手袋を見るとありました。なんと、生産国は全く違う国! ようするに、スコットランドでは縫製はされていないということなんでしょうね。

「や〜めた」 一気に急に買う気が失せました。どうせなら “made in Scotland” がほしかったなぁ。

また、別のお店ではとっても素敵なレッグウォーマー、マフラーを見つけました。どちらもていねいな縄編みがはいっています。お値段はなかなかのもの。(わたしにとってです。日本で普段生活なさっていらっしゃる方々から見たら普通の値段かもしれないんですが) よーく見ると、これはイギリスの羊毛を使ってイギリスで生産されているらしい。あくまでも「らしい」です。

だって、”Made in England” “Made in Great Britain” とも書いていないでただ”British Made” わからん! これはどういうことなのでしょう。なんだかインチキくさい、と感じるのは私だけでしょうか?

そういえば、”made in U.S.A”なるセーターを見つけて大感激。だって、アメリカに住んでいて”made in U.S.A”のセーターなんて滅多に見ないんですもの。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

アルパカのセーター、クリスマスプレゼントに間に合いました。

非常事態宣言をしたかいあって、アルパカのセーターが編み上がりました。毛糸はCascade Eco Alpaca です。

ちょっとがたいがよいものでサイズを大きく作らなくてはならず大変でした。

ちょっとがたいがよいものでサイズを大きく作らなくてはならず大変でした。

編み始めたときは柔らかすぎて物足りないような気がしたのですが、編んで行くうちに今度はどんどん重くなってきて丈がどうなることやら心配しましたが、なんとか大丈夫そうです。袖下のサイズをどう調整するかも悩みました。肩幅が広いので大きくしすぎて私の腕をセーターを着たまま入れてみたら袖がだらっと下にぶら下がってしまったので、ほどいて脇の下を少しせまくしてまた、袖をつけなおしたんです。

後ろです

後ろです

縄編みが入り、そして胸回りは少し込み入ったケーブルが入っています。1目交差の縄編みの段が続いたときには投げつけたくなりました。

IMG_6210 copy

今、シカゴは体感気温がマイナス27度です。実際の気温がマイナス15度なんです。とにかく寒いです。こんな中、彼を暖かく包んでくれるとよいのですが。

IMG_6208 copy

セーターは編み上げるとホッとします。編んでいる途中は重いですし、サイズが合うかどうか、本当に気をもみます。針から外れた瞬間の喜びと言ったら言葉に表せない。いや、これは少し大げさですが、とにかく嬉しいですよ。そして、着てもらうときのドキドキがあり、ぴったり合うと胸を撫で下ろします。そして、次のセーターを編もうかなという気にさせてくれるんです。

少しお休みしてソックスのもう片方をこれから編みます。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

こんなカーディガンもあるんです。

さすがにセーターを編むと疲れます。編む分量が多いのはもちろん、サイズが関わってきますからね。

編み終わったセーターはぬるま湯のお風呂に入り、今、セータードライヤーの上でゆっくりお休みをしています。何と言う待遇!

そこで、今回はその前に編んだちょっとおもしろい編み方のカーディガンの紹介です。編み物グループの人2人が編んでいろいろアドバイスしてくれました。

セーターをハンガーにかけるのは大嫌いなのですが...

セーターをハンガーにかけるのは大嫌いなのですが…

使った毛糸は野呂栄作さんの「胡蝶蘭」ローマ字で書くとKochoran 私にはどうしてもKorochan = ころちゃん に見えていたんです。どうしてかわかりませんが。とても小さく作ったので私に身体には合いません、ということで仕方なくハンガーにかけました。

毛足がほわほわしているので色がとても微妙にブレンドしています

毛足がほわほわしているので色がとても微妙にブレンドしています

このカーディガンの元になったパターンの名前は”My Antonia Vest” ベストのパターンだったのですが、冬は長袖の方が絶対好きな私は袖を編みつけてカーディガンにしてみました。友人の一人は襟をVネックにしたベスト、ボタンも何も付けずに羽織る感じ。もう一人はクルーネックで一番上だけにボタンをつけていました。それぞれの好みで形を変えられるのも嬉しいですね。

縄編みが見えます?

縄編みが見えます?

これは裾の部分を横に編みます。自分のウェストなりにまわしてみてサイズがちょうど良いところでやめます。そして、それを横にしてそこから目をひろって今度は縦に編むんです。袖下で前見頃、後ろ見頃に分けて自分のサイズの丈まで編み続けます。肩をはいで、私は輪にしてそこから袖を編み出しました。はがなくていいので時間が稼げます。襟ぐり、そしてボタンを付ける部分を編みたして出来上り。

横に編んだところは表編みと縄編みを組み合わさっています。そして、上の部分はかのこ編みの変形にしました。ちょっとステキなカーディガンになったのでニコニコです。

胡蝶蘭はもう製造中止なんですね。数年前に買ってあった毛糸で、どのパターンを編もうかとても悩んだ毛糸なので気に入ったものが出来上りきっと毛糸も喜んでくれていると思います。3かせ残っているのでカーディガンとマッチするスカーフを編んでもいい頭と考慮中。でも、それ以外にすませなくてはいけないことがたくさんたまってしまったのでそっちをがんばります。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ