首にしっかりまけます

私はカウルもスカーフも大好きです。

しかし、カウルは短すぎても長すぎても首に風があたって「うー、寒い」となるときがあります。

また、スカーフは風に飛ばされることもないわけではないし、これも何かのはずみに落としてしまったり、とどちらかというとこれらは母の意見なのですが。。。

そこで、前にプレゼントしたのが、こんな感じの首巻き(?) まだ、編み途中なのですが、

IMG_7443

真ん中の部分がゴム編みになっているのわかります? ここに逆側の端を通すんです。

持ち上げてみると、ほら、

IMG_7444

ほら、ここを通ります。もう片方の先っぽを入れてキュッとひっぱるとなかなか暖かい。

ただ、編むときには注意が必要で、首回りをどれくらいにするか悩まないとこれまた長すぎて首周りが寒かったり、短すぎて首がしまりそうになったり。編む私は気を使います。でも、ちょうどいい長さにできあがればとっても喜んでもらえるプレゼントになります。

プレーンなガーター編みでもいいですが、これはちょっとオシャレにレースっぽい編み方です。早々、パターンの名前を忘れずに書かなくては。

Loopy Lace Scarf by Katie Harris. フリーパターンです。

広告

帽子のようですが

IMG_0916

この写真で見ると帽子のように見えますが、実は子供用のベストというかちょっと、寒い時にはおれるものです。

パターンの名前はEntrechat のDK版です。以外と簡単でなかなかかわいい。

使っている毛糸は柳家さんのメリパカです。色はシャドウブルー。私の好きなブルーです。

固めに撚られていて糸の太さが均一なものに慣れている私には「え?」という感覚が最初はありました。

太いところ、細いところがあり、よりが甘いので編み始めは手が慣れておらず凸凹してしまいましたが、だんだん編み続けるうちに気にならなくなりました。

カウルなどは糸が均一の太さでなくてもそれはそれで面白くなりますが、子供用の小さいものではどうかな? という私の不安も、編んだものを見てなくなりました。

そして、感触は柔らかく、ちょっとフェルトされたようにも感じます。とてもお手頃な毛糸だと思います。

そうそう、表から見るとこんな感じです。

IMG_0917

あ、私、パターン通りには編んでいません。増やし目をする場所がありますが、そこまでタック感が欲しくなかったので、増やし目は少なくしました。

今日中には編みあがると思います。ボタン、買いに行かなくては。

小さいソックス、大きいソックス

何を編むか決まらない時につい始めてしまうのがソックス。しかし片方だけで終わり、というわけにはいかないので両方編まなくちゃ、と後悔しないこともないわけではありません。

でも、無地のソックスならあまり何も考えずに編んでいけるのでほーっとしたい時にはいいんですよね。

日本の方はいかがでしょう? 手編みの毛糸のソックスってあまりはかれませんか?

市販のソックスよりも若干厚めになるので靴がはけない、なんて問題も出てきますよね。

ついついKeen のサンダルをはいて出かけてしまうのは手編みのソックスをはいていて裸足では嫌だし、かといって他にはける靴がないからなんです。

引っ越す時におとなりさんにとてもお世話になったのでソックスを編もうと思ってサイズを聞きました。

「足のサイズ教えてくれる?」
いぶかしげにしながらも
「10.5」
「10」 と二人。
「ソックスを編みたいから」すると、すかさず
「10」
「9.5」という返事。

ソックスを少し小さめにいうのはさすが。はいているうちに伸びますし、ずるずるするのははいていて気分がいいものではありません。

私は24センチなのでソックス用の毛糸1カセで余るくらいですが、サイズが10.5だとどうかなぁ。うーん、足回りも測ってくれば良かった!とちょっと後悔です。

サイズ7のソックスを編む時間に比べてサイズ10.5を編む時間てどれくらいよぶんにかかるんだろう?

小さいソックスはさっと編めても大きいソックスは油断禁物かも。

でも、ソックスのサイズ、13とか言われなくて良かった。

日本に帰ってきてしまいました

9月の頭に日本に本当に帰ってきました。引っ越しやらなんやらとにかくいろいろと紆余曲折はありましたが、友人、ご近所さんの優しさ、心遣いに甘えての帰国となりました。しばらくは疲れも出てぼーっとしていましたし、それがそろそろ取れたかと思ったら今度は国内で引っ越し。もう頭はバテバテです。

編み物にも手を出したくないというかなり重病。

それでも、やはり日本は食べ物がおいしい。

私がいた頃の日本とはかなり変わっていますから、さて、どれだけがんばれるかは見ものです。

逆に20数年離れてしまうとあきらめもつくというところでしょうか?

アメリカが恋しくないと言ったら嘘になりますが、そろそろいいかな、と感じていたのも事実。

やはり家族がいる日本は心地よいです。

引っ越しの時にも息子やら弟やら駆けつけてくれましたし。

誰もいないアメリカでは常に主人と二人でがんばってきたのでありがたさをつくづく感じました。

少しずつ編み物にも手を出そうと思っている今日この頃です。

日本語はステキ

日本語と英語の行ったり来たりの生活をしていると二つの言語の表現の違い、もしくは論理の違いを感じてとてもおもしろいと感じることが多々あります。

先日、あるショールを編み上げて端の始末をしていました。最後だからつい気を抜きたくなりますが、きちんと仕上げないと出来上がりが全然違うんです。きつく始末してもゆるすぎてもダメ。

そんなことを考えながら始末をしている時にふと思ったのが、日本語ならば

「すそが平らにならない」から始まり
「すそがビラビラしてしまう」とか
「すそが波打っちゃって」
「すそが平らにならなくてふわふわしてる」いろいろ思いつきますが、

英語だと
“The edge is not flat”
“The edge looks wavy” くらいしか思いつかない。。

私の英語力不足なのかもしれませんが、日本語というのはとにかく表現がこれでもかこれでもかとあるんですよ。日本語を教えている時にもすごく感じます。逆に教えにくい。だって、あまりにたくさんの言い方があるのですもの。

私はこの二つの言語しか知りませんからきっと、日本語のようにいろいろな表現を持つ言語も他にはあるのでしょうね。こんな言語を母国語に持つ私たち、日本語の素晴らしさを自分たちがもう一度認識しないといけませんね。

色を遊ぶ

前述しましたように、私には絵心というものがないようです。中高の美術の成績は惨憺たるものでそれ以来、私は絵を描くことが大嫌いになりました。でも、色を見るのは大好き。

太陽のあたり方で微妙に変わる海の青い色、そして雲の後ろに隠れた太陽が差し込み、雲の輪郭がオレンジ色になるときなど、「生きていてよかったぁ」などと大げさに(?)喜びます。誰も見ていないのだから色鉛筆とかクレヨンでスケッチしてみようかなと思いながらもどうも尻込みをするんですよね。これ、やっぱり高校時代のイヤな思い出を引きずっているのでしょう。

編み物も一緒です。暖かさが大切だと思いながらもきれいな色の糸を見るとフラフラっといってしまいます。そしてついつい買い込んでしまうんです。サァ、何を作るのかしら? というのはあとで考えます。

要するに色で遊んでいたいんでしょうね。折り紙とか千代紙も見るのは大好きです。

IMG_7046

この3カセを使ってまたThe Shift を編みます。Spincycle の糸は毛糸屋さんでも売っていますが、私はSpincycleに行って購入してきました。悩む私に色を選んでくれたのは染めを担当しているRachel。とにかく忙しいときに時間を取ってくれて本当に感謝。

いろいろな色を見ていると本当に心が和らぎます。

日本の色の名前ってすてきです。日本人が持っている感性をとても感じます。これは私たちが忘れてはいけないものの一つだと思うんです。独特の感性をぜひ大切にしていきましょう。

日常を忘れる旅

たくさんの旅行客を見るたびに(自分のその中の一人なのですが)いったい、人が旅行する目的は何なのだろうと考えてしまいます。

私は編み物がとても好きなのでその地方で育てられている羊の毛から作られた毛糸を探すのが一番の楽しみですし、本屋さんをのぞくのも大好き。おいしいものを食べるのも旅の魅力の一つですが、これは歳を重ねるにつれて少しずつ後退しています。

シアトルのスタバ、パイクプレースマーケットでセルフィーを取りフェイスブックなどにのせ、携帯で次に行く場所への行き方を調べてまたセルフィーというのも一つの旅の目的なのでしょうね。ただ、混雑した場所で立ち止まり画面をチェックして突然歩き出す人々は歩行者の交通渋滞をまねいています。

最近ではぼーっとしながら日常を忘れる旅に出ることが多くなりました。ホテルの部屋で外を見ながら読書して、散歩に出たついでにおいしいコーヒーを飲む時間はとても貴重です。

そして、空、海の色の移り変わりを見るのがとても好き。絵心があってささっとスケッチブックに描けたらどんなに良いでしょう?

IMG_7028