中が見えないので、色

私より高齢の方にちょっと首のまわりにまけるマフラーを作ろうと思い、糸を手にしました。

段染めの糸を選んだのは良いのですが、段染めですからボールの中の方が見えなかったんです。外側の色を見ながら、おそらくこういう色だろうという検討をつけて買いました。そして編み上がったらこんな感じになり、最初は良かったのですが、途中で、「え〜!」

まずは最初の写真をごらんください

IMG_0933

いいでしょう? ほんわかとして高齢の方にも抵抗なく使っていただけるかな、という色たち。編み進むとこんな色たちが顔を出しました。

IMG_0934

嫌いな色たちではありませんが、急に明るい派手な色の出現に戸惑いながら、先に進みます。

IMG_0936

ま、アクセントカラーといえばアクセントカラーですが、そうはいっても両端の柔らかい色たちに比べると中央部の色はどちらかというとラインマーカーっぽい色。うーん、これってあり? という気持ちです。思っていた方にプレゼントしようかどうか悩みちゅう。

そうそう、編み方はすごく簡単ですよ。私は33目作り目しました。これは、どれくらいの幅にしたいかとか、糸の太さによって調整してください。

1段目は表編みでずっといきます。

2段目は表1目、裏1目を繰り返し、最後を表1目で終わります。

この2段の繰り返し。broken rib という言葉が確か使われています。ゴム編みほど柔らかくありませんが、メリヤスよりも立体感が出ます。帽子にも使える編み目ですから使ってみてくださいね。

今日は東京は寒いのでしっかり首回りを暖かくしないといけません。

広告

突然ですが

おはようございます。

突然ですが来週の月曜日、12月10日に編み物会をしようかなと思い立ちました。帽子の編み方をお教えします。本当はもっと先の方が良いのですが、だんだんに年の瀬に近づくとなんだかんだと忙しくなりますでしょう?

時間は10時から12時くらい。場所は吉祥寺を考えております。そして、トピックは帽子。1)帽子はすぐ終わる

2)できあがりのサイズが考えていたものと少し違っていても、必ずそのサイズに合う頭があること。

3)手軽に持ち運べること

私の家はとても狭いので皆様に入っていただくわけにいきません。ということでまた場所を借りようと思います。ということで参加費は2000円と致します。お返事は早めにいただけたらありがたいです。また、ご自分のスタジオ、ショップなどを紹介する目的でのご参加はご遠慮お願いいたします。

毛糸の太さなどは問いませんが太めの方がはやくできあがります。しかし、太すぎるのはごつくなりすぎるのでオススメしません。

それでは奮ってのご参加お待ちしておりますね。

そうそう、書き忘れました。お部屋が借りれない場合にはキャンセルしなくてはならなくなります。ご了承くださいませ。もちろん参加できる方が集まりましたら即刻、予約を入れますね。

 

体を洗うクロスを編みました

昨日のチャリティーの帽子に続き、体を洗うクロスを編みました。ホームレス、また貧しくて石鹸、シャンプーなどを手に入れられない人たちのために、歯ブラシ、歯みがき粉、石けん、シャンプー、リンス、そして体を洗うクロスを小さい袋に入れて配るのです。

img_3906

コットンの綱のような糸なのでまったく糸に柔軟性はないし、編みにくいったらありません。しかし、ここは我慢。チャリティーのためだから、がんばらなくては、と編むには編みましたが、このようにすべりが悪く、引っ張りながら編まなくてはいけない糸は指が痛くなります。1枚編んだら、しばらく他の柔らかい糸を編んで手をほぐさなくては。

そう、この編み方も書いておきましょう。私のパターンではありません。念のため。あちらこちらで探せると思いますが、

作り目は3の倍数+1

1段目:最初の目はすべり目。*裏編み2目、表編み1目*繰り返し

2段目:最初の目はすべり目。*表2目、裏1目*繰り返し

3段目:表編み

4段目:裏編み

この4段の繰り返しです。終わるときは2段目でやめて、そこで伏せ目をしてください。私は25目で編みました。

アメリカは今日、新しい大統領の就任式がありました。明日はあちらこちらで彼に対して「物申す」といったデモが予想されています。これからこの国はいったいどういう方向へ向かっていくのか心配ですが、それ以上に、気にかかるのがやはり日本です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

それではカウルを編みましょう

Orchid Cowl の編み方です。糸の太さによって横幅、長さはそれぞれで調整してくださいね。デザイナーの方のゲージは4.5ミリの針で24目10センチです。6の倍数+両側につけたいガーター編みの目数です。

まずはレースのパターンをここに書いておきます。 (全部で8段です)

1段目:1目すべり目、表2目、目数リング、*かけ目1目、表1目、かけ目1目、左上2目一度、表1目、左上2目一度*これを繰り返し、最後の3目の前に目数リングをおいて、3目表編み。

2段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

3段目:1目すべり目、表2目、*かけ目1目、表3目、かけ目1目、右上3目一度*これを繰り返し、3目表編み。

4段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

5段目: 1目すべり目、表2目、*左上2目一度、表1目、左上2目一度、かけ目1目、表1目,かけ目1目*これも繰り返し、最後の3目を表編み。

6段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

7段目: 1目すべり目、表2目、*左上3目一度、かけ目1目、表3目、かけ目1目、* これを繰り返し、最後の3目を表編み

8段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

ここからが作り方です。 かぎ針で作る作り目で48目。(右、左、両側に3目ずつのガーター編みが含まれています)

レースのパターン8段を9回繰り返します。

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを10段。

レースのパターン、8段を5回繰り返します。

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを10段。

レースのパターン、8段を3回繰り返します。

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを10段。

糸は切らずに目を他の糸に通して、ブロックします。かわいたら、他の目に通した目と、かぎ針で作った作り目を針に戻して、はいでください。

ガーター編みの部分で最後の3目は表編み、という部分が余分な気がするのですが、とりあえずパターンにそう書いてあるのでここにも入れてあります。

逆にメリヤス編みの部分ですが、裏編みをするときには最初の3目、最後の3目を表編みにしました。そうすることで両側のガーター編みが保たれますからね。目数リングの外は常にガーター編み、と覚えておくといいかもしれません。

昨日も書きましたが、このパターンはレース編み8段をどれだけ繰り返すか、また、メリヤス編み、ガーター編みをどれだけ入れるかで全く表情が変わります。好みに合わせて作るのがよいのではないでしょうか。私は旅先で編み始めたので、かぎ針での作り目ができませんでした。はぐときにつれないように気をつけました。

私はそろそろMultnomah が終わります。何を考えていたのか表編みで編まなくてはいけないのに裏編みを編んでみたり、その逆をしてみたりと思っていた以上に時間がかかっています。あと2段、間違えないように編んで終わります。そう、模様を10回繰り返すのはやめました。サイズが大きくなり過ぎてしまいますので。大きいショールは好きなのですが、3角形のショールのあまり大きいのは好きではないんです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Multnomah 模様の部分

メリヤス編みでこれを編んでいてちょっと問題が起きました。それをどう解消するか今、検討中です。とりあえず、パターン通り、ガーター編みできた場合の模様編みの部分を説明します。

227目、針にかかっていますか?

ここで、繰り返して2段の最初の段を目数リングをはずしながらもう一度編みます。こんぐらがるといけないので、その段はこう編んでくださいね。

表1目、kfb、ずっと表編み。最後の目の1目前でkfb。そして表一目。です。ここで229目になりました。

さて、ここから、いわゆるFeather and Fan Border が始まります。(今まで表のつもりで編んできた面がここから裏かな? と思われます)

1段目: 表1目、kfb、表1目、目数リングを入れます。中心5目の1目前まで編んだら、目数リングを入れて、表1目、かけ目、表5目、かけ目、表1目、目数リングを入れて、最後の3目まで表編み、目数リング、表1目、kfb、表1目

2段目: 表1目、kfb、最初の目数リングまで表編み、2番目の目数リングまで裏編み、3番目の目数リングまで表編み、そして4番目の目数リングまで裏編み、最後の目の2目前まで表編みで編んできて、kfb、表1目。

3段目: 表1目、kfb、最初の目数リングまで表編み、*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回*これを2番目の目数リングまで繰り返します。中心の目の前まで表編み、かけ目、表5目、かけ目、3番目の目数リングまで表編み、*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回* を4番目の目数リングまで繰り返し、最後の目の2目前まで表編みで編んできて、kfb、表1目。

4段目: 表1目、kfb、ずっと表で最後の2目まで編んで、kfb、表1目

1段目から4段目を10回繰り返します。

繰り返し5回目の3段目で、端にもう一組、*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回*を入れることができます。このときは、右から表1目、kfb、表1目、目数リングを入れて、*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回*を始めてください。最後の部分も対称になるように編みます。

このようにして編み続け、くり返し10回目(最後のくり返し)の1段目で(今まであった目数リングをはずしながら)、また、表1目、kfb、表1目、目数リングをいれ、中心の目1目前まで表で編み、目数リング、表1目、かけ目、表5目、かけ目、表1目、目数リング、最後の3目まで表編み、目数リング、表1目、kfb、表1目でこの段を終わります。

今、針についているのは最後につけた目数リングだけになります。3段目では、1番目と2番目の目数リングの間、そして、3番目と4番目の目数リングの間を*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回*のくり返しで編みます。

目を伏せるときはきつくなりすぎないように気をつけてくださいね。

と、こんな感じでできあがります。私はメリヤス編みで挑戦しているので、このFeather and Fan に移るときにちょっとした問題が起きたんです。ガーター編みのショールは裏表がありませんので裏と表を変えようと思えば変えられますが、メリヤス編みではそうはいきません。さて、どのようにごまかしましょうね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Simple House Slippers を編みましょう

先日、記事にしました Simple House Slippers をもう一度編んでいます。これは Simone. A という方のパターンです。使う毛糸、ゲージ、編みたいサイズによって数字は変わります。私はアメリカの6号の針を使い、DKとフィンガリングの糸の2本取りで編んでいます。

最初は、四角形に編みます。(ここは追記です。作り目をする時に糸を長めに残しておいてください。というのは、その糸を使ってかかとの部分を閉じるので、そうすれば始末する糸が減ります。ごめんなさい。書こうと思っていながら忘れていました。)

IMG_2869

40目作り、これを32段ガーター編みで編みます。実は、ぼーっと編んでいたので34段私は編んでしまいました。

最後の段の最後の目を編まずにおいて、これまで直線で編んでいたものを輪で編み始めます。この時に、さっき編まなかった最後の目を編む前に、前の段の一番最初の目を編んで、それから編んでいなかった最後の目を交差する感じで編むそうです。こうすると段差がなくなると、パターンのページには書かれています。

IMG_2870

上の写真は最後の編まなかった一目です。

IMG_2871

輪で自分の足のサイズ、もしくはプレゼントする方の足のサイズを考えて、編みたい全体の長さから2.5センチ短いところまで輪に編んでいきます。

私はまだ編み途中ですので、ちょっと次のプロセスを書きますね。

IMG_2872

写真の一番右側をマットレススティッチではぎます。どうはぐかは自分が一番やりやすい方法がいいと思いますよ。

これから爪先の減らし目に行きます。

1段目: *表編み!目、右上2目一度、表3目、右上2目一度、表5目、左上2目一度、表3目、左上2目一度* これを2回繰り返します。

2段目: 表編み。

3段目: *表1目、右上2目一度、表2目、右上2目一度、表3目、左上2目一度、表2目、左上2目一度* これを2回繰り返します。

4段目: 表編み。

5段目: *表1目、右上2目一度、表1目、右上2目一度、表1目、左上2目一度、表1目、左上2目一度* これを2回繰り返します。

6段目: 表編み

7段目: *表1目、右上2目一度、左の針の目を2目右に移し、次の目を編み、この2目を編んだ目にかぶせます、左上2目一度* 2回繰り返し

糸を目の中に通し、キュッと絞り糸の始末をしてください。もし、心配なら2周くらいするのもいいかも。

毛糸ですから裏が滑りやすいかもしれません。滑り止めなどをつけたらよいでしょうね。足を暖かくしておくのはとても大切とききます。短い時間で編めますし、毛糸もそれほどたくさん使いませんのでプレゼントにも最適ですよ。今、考えるのは少し暑いかな?

というところで編みあがったんです。あとははぐだけ。その写真をアップしておきます。

zhuLn

X6hz6

上の部分が足が入る部分となり、かかとのところをはぐんです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Nurmilintu の編み方

IMG_2859

Nurminlintu 編み上がりました。自分で編んでみると、じゃ、編み方をポストしようかしらということになるんです。

まず、作り目を4目します。

最初の2段ですが、

1段目: 表1目、kfb、表2目
2段目: 表1目、左上2目一度、kfb、表1目

次の2段をガーターの段として繰り返します。

1段目: 表1目、kfb、最後の3目まで表編み、左上2目一度、表1目。
2段目: 2目残るまで表編み、kfb、表1目。

この2段で1目だけ増えます。

ガーターの段2段を繰り返して79目になるまでがんばります。

次はレースのセクションです。これはチャートを見てくださいね。1段から18段まで編んで(9目増えます)88目になります。

また、ガーターの2段を106目になるまで繰り返します。106−88=18 2段で1目増えるので、36段編んでください。2段を18回繰り返すとも言えます。

またレースのセクションです。18段編んでください。9目増えるので115目となります。

ガーターセクション。133目めがけて編みます。133−115=18。これまた36段ということです。

そしてレースセクション。9目増えて142目。

私は450ヤードある糸を使ってこのあとガーターセクションを1回繰り返せるかな、というだけしか残っていなかったので、142目になったときに伏せ目にいきました。

1目伏せます。knitted cast on をここでします。普通に表編みを編んで、左の針から目を落としません。右の針にかかっている糸をそのまま左の針にもどします。これで1目増えました。これをもう1度繰り返し、全部で2目増やします。そしたら5目伏せます。2目作って5目伏せる。これを繰り返して終わりです。

あとは水通しをして模様がきれいに出るように引っ張り気味に形を整えます。

IMG_2860

私が編んでいて気をつけたこと。

1)ガーター段の時、もどってくるときはずっと表編みなので油断をしがちなのですが、最後の目の前でkfbを忘れないようにしてください。これを忘れてると目数が合わなくなります。表側は模様なので緊張して編んでいるので2つ目の目でするkfbを忘れることはまずないように思います。

2)レース編みの段ですが、9目のリピートなのでそこに目数リングをつけておくと便利です。リングとリングの間は必ず9目ですから。

3)レースのチャートを編んでいるときに、この目数リングの位置をずらさなくてはならないときが2度あります。そのとき前もって余分のリングを一つ準備しておいてください。というのはチャートを見ていただくとわかるように、リピートの最初がずるっと右に動くので新しいリングが一つ必要になります。目数リングの前で掛け目をすることが多いのでその掛け目をなくさないようにするのも大切です。

これくらいを気をつければそれほど複雑なパターンではないとおもいます。太い糸で編んでもいいでしょう。ただ、そのときには必要ないとの長さが変わるので気をつけてくださいね。糸がたくさんあるようなら、さらにガーターの繰り返しとか、レース編みを増やしてもいいと思いますよ。

もう少し深さがあるショールの方が私は好きなのですが、この形のショール、多いですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村