97歳のknitter のジレンマ

97歳になる友人の友人はいまだに現役のニッターです。複雑なパターンは避けていますが、施設などに送るブランケットを自分のペースでいくつも編みあげていきます。加齢により目も悪くなってしまい、指も痛い日があるので彼女が使う毛糸は並太くらいの太さであまり撚りが弱くないものを選んでいます。ブランケットですから編むに連れて重さも増してきますよね。

97歳なので自分で車は運転しません。だから、糸が足りなくなると友人に連絡が入り、彼女が調達に走り毛糸を届けるそうです。

97歳の彼女が今抱えているジレンマは、孫からもらった毛糸をどうしようかということ。

編み物をこよなく愛する祖母のために孫はクリスマスプレゼントに毛糸を送りました。ただ、孫は全く編み物をしないのでどういう糸を祖母が使っているか、どういう糸が編みやすいかなどの知識がまったくなく、極太よりも太い糸、それからふわふわして撚りが甘い糸をプレゼントしたんですね。太いほうが見やすいだろうという孫の気持ちももちろんわかりますが、太すぎると針も自ずから太くなり指が痛いときにはとても使えません。また、ふわふわした糸だと目が悪いために撚りの間に針を入れてしまう可能性も高くなります。

かといってせっかくのプレゼントだから無駄にしたくないし、出来上がった作品を孫に見せたいという彼女の気持ち。とってもよくわかるんです。

だから、「糸、今度持ってきて。私、編むの手伝う。他の人たちだってきっと喜んで協力すると思うし。そうすれば、出来上がった作品の写真を撮って孫にも見せられるじゃない」と言いました。友人もそれは考えていたようで、

「わかった、来週持ってくるからお願いね。」

97歳になっても「編みたい」という意欲を持ち続けられるというのは素晴らしいです。しかも、他の誰かのためになっているんですもの。見習わなくてはなりません。

応援してくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

つい、裏返しにしてしまうんですよ。

あちらこちらのお店で手編みっぽいスカーフや帽子をたくさん売っています。どれどれ、と手に取りついつい裏返しにしてしまう私。いったい、どういう風に組み立てられているのだろう? どういう毛糸を使っているのだろう? さて、原産国はどこだろうなんてね。ちょっと感じ悪いかも。

今日も、素敵な編み込みの帽子を見つけました。裏にはフリースの生地がしっかりと縫い付けられているので風が通り抜けることもなく暖かそう。編み込みの色も、オフホワイト、薄いブルーに紺色と私好みの色。でもね、自分で編めちゃうと思うとかう気になれないところがつらい。だって、買えばすぐにかぶれるけれど、自分で作るとなると毛糸屋さんに行って色を選んでパターンを考えて(さがして)編み始めなくてはならないからどんなに早くても1週間はかかります。

ただ、自分のサイズに編めるし、色だって好きにできるしさらに、ローカルなお店で毛糸を買えばそのお店だってきっと頑張れるだろうし、と色々と考え込んでしまう私。

これは編み物に限ったことではありません。昔、ビーズにはまったことがある私はお店で売っているいろいろなイヤリングとかネックレスを見ても価格に驚き買うことができません。だって、自分で作ればもっともっとお手軽に作れるのですもの。

と思うことはたくさんあるけれど、なかなか実行に移せないのも私。というよりも、一つのものを作り始めて終わることには作り始めたところに思っていたものとは別の作品を作りたくて仕方がなくなるものだから「作って〜」というものが列を作ってしまうんです。

今回もシカゴで素敵なウールものをたくさん見ました。ただ「これは作りたい!」というものにはまだ出会っていないなぁ。「ステキ」と思うのと「絶対に作りたい」と思うのは全く別のものですから。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

アル中ならぬヤーン中

まずい,もしかして私ってヤーン中毒かも。アル中に対してヤー中にしようかと思いましたが,ちょっとゴロが悪い気がしたので,ヤーン中毒にしてみました。毛糸の魔力ではなく魅力に取り憑かれてしまったらしい。。。

アル中、ギャンブル中,何にしても中毒はあまりよくない<ーあたりまえ。

どの中毒にも共通しているのが「お財布がやせほそっていく」という事実。ごめんなさーい,と主人にここで謝っておきましょう。

しかし,アル中のように肝臓が悪くなることも,家族に暴力を振るうこともない。

ギャンブル中のように,カジノやらそういう場所に通いつめることもないし,他の人が争っていることに自分のお金をかける訳ではない

それに比べてヤーン中は,そりゃ,毛糸が家中にあふれるし,お金はつかうけれど、編んでいるときのあの心の安らぎといったらないですよね。また,編み上がったものは作品として残るし,プレゼントしても喜ばれます。<ーしかし,いったい何枚スカーフ、ショールを編んだら気が済むのだろう。。。

いろいろ言い訳しているけれど,そう,つきつめれば「毛糸が買いたい!」の一言に行き着きます。

ヤーン中毒のまずいことは,買うだけではなくて「編んでいたい」のですよ。掃除をする回数が減り、読書の時間も減り、料理も手抜き、出かけるときには編み物を入れた袋を持ち歩くから荷物が増える(車だからいいんですけれどね)、しょぼしょぼしている仕事、やめちゃえ〜。そうそう,それに老眼が進む。。。 あら,書き出したら,たくさんヤーン中毒の悪影響がでてきちゃった。どうしましょ。

毛糸だけならよいのですがパターンもわんさか集めてしまった。ほとんどはフリーパターンですが,ときどき,ちょこちょこっとお金を払っています。むふふ。でも,たくさんありすぎると、前の方に何が編みたかったのかもわからなくなってしまいそうで、この辺でやめにしようと思います。

私に危ない動きが見えたらどうか止めてくださいね。お願いします。

ラベンダーと蝶

庭のラベンダーにたくさんモンシロチョウ(?)が来ていました。



ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村