結城紬でブックカバーを作りました

開いたところです

開いたところです

何となく編み物をする気になれず、かといってぼーっとしているのは性に合わないし、とブルーになっていましたが、そうだ、結城紬の端切れがあった、と思い出し、ブックカバーを作っちゃいました。裏も贅沢して堅牢染めの生地を使いました。

意思がつよい生地なので扱いづらかったですが、濡らした手ぬぐいを武器にアイロンをお友達に少しずつ少しずつ形にしていくことができました。

でもねぇ、こっそり言うと、どっちが表でどっちが裏かわかりませんでした。染めですからもちろん両側に柄があります。プリントだと、片側だけなんですけれどね。

間違えちゃったかもしれないけれど、いいんだ。私が使うんですもの。

とじるとこんな感じ

とじるとこんな感じ

久しぶりのミシンかけでしたから、とても手際が悪くて自分でも驚きました。でも、投げ出したくなりそうなイライラはステキな柄がカバーしてくれました。

きれいでしょう?

きれいでしょう?

安く手に入るプリントが出回るのは仕方がないことですけれど、やはり本物を手にできる機会を少しでも良いから持ちたいものですね。ありがたみを感じられなくなるのは寂しいですから。それに古いものを受け継いでいけるのは伝統がある日本だからこそ。アメリカではちょっとそれは経験できません。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告