だから糸の端は切っちゃダメ

自分で紡いだ糸でショールを編みました。まだ糸が少し残っていたけれど、これくらいでいいかしら? 都糸の始末をして糸の端もごていねいにしまってブロックしました。

img_4034

「? 少し小さい」ブロックの板の上で伸ばしました。しかし、乾いてみたらやっぱり小さい。ショールが小さいのか私が大きいのか、その辺はどうも相対的な感覚ですのでなんとも言えませんが、ウィングスパンは約165センチ。深さは35センチくらい。

数回、首に巻いて出かけてみましたが、やっぱり小さい!

さて、どうするか。このサイズで我慢するか、それとも端をほどいてあまっている糸で編み続けてサイズを大きくするか。

悩むこと数週間。大きくしたい気持ちは強い。しかし、端っこの始末も終わっているからわざわざそれを切って目を拾ってというプロセスもめんどう、と気持ちは行ったり来たりしました。

でも、やっぱりほどいて大きくすることにしたんです。

img_4040img_4039

糸で見るとこんな感じです。3プライにしたのは初めて。なんだかひたすら糸を紡いでいたような気がします。次からは2プライでいいかな。

何かを編み終えたら、糸の始末をしますが、まだ端っこを切らないようにしてきているのに、どうしてこれは切ってしまったのだろう? そう、切らずにおくと、今回のようにサイズが気に入らない、間違えを発見して少しほどかなくてはならないときにとても便利なんです。

数色を使っているときは、糸の始末をして切らずに先っぽに玉結びをしておきます。すると、その糸は始末をしてあるという印になるので「あら、この糸、始末したかしら?」 と心配をしなくて済みますからね。

 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

端の始末は編みながら

今、編んでいるストライプのショールは端の始末がとても大変そう。2、3段で色を変えるか、もしくは似たような色であれば横で引き上げることも可能。しかし、色はグレーと紺。目立ってしまうのは火を見るより明らか。

仕方がない。色を変えるごとに糸の始末をするしかない。気は重いけれど。

IMG_2625

糸の始末があまり好きでない私はこういう色の組み合わせとかパターンは避けてきましたが、このショールを見たときにはどうしても欲しくなってしまったんです。大好きで2、3枚編んだ Imagine When と形が似ているので、きっと気にいるだろうと思います。デザイナーは同じく Joji Locatelli です。彼女のパターンは今までに幾つか編んでみて、わかりやすいし、間違いもないしと、信頼して購入できます。

それにしても端が多い。

IMG_2626

端は切らずにループにしておきました。こうすることで間違っても目がほどけたりすることが避けられます。特に滑りやすい糸のときはこの方法をオススメします。あとで糸の始末ができる長さのループにしておくことが大切です。

端がびらびらしてくると気分が悪くなります。そこで、今日の編み物会では端の始末をしてきました。何本の糸をしまつしたことか。気が遠くなりそうでしたよ(ちょっと大げさですね)。でも、このまま始末を最後に残してしまうと、これまた気分が悪くなります。少しずつ、少しずつ始末していくことで端もビラビラしませんからね。

そして、始末した糸は切らないで先を残したままにしておきます。ブロックしてから切るんです。水を通したときにもしかして糸が縮む可能背もあるでしょう? だから、糸の先は残したまま水を通して乾かしてそれから出っ張っている糸を全て切り落として糸の始末が終わりとなります。

これだけ糸の始末をしているのに上手にならないのはどうしてでしょう?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

結び目があるとちょっとイライラします

調子よく編んでいるときに「あら、何か硬いものが」と思ってみると結び目がある、なんてことありますよね。え〜、とちょっと悲しいようなイラっとしたような気持ちになるんです。

しかも、新しい糸に変えてすぐにこんなことがあると余計がっかり。だって、糸の端の始末が増えるんですもの。

結び目があったら、必ずほどくなり、結び目を切ります。そして新しい糸で編み始めるときと同じように編むんです。そうしないと、結び目が表に出てしまい、これまたイヤな気分になりますから。

結び目にである機会はそれほどないように思いますが、ひどいときには1カセの中に2つもありました。そんなツギハギのような毛糸は売らないでいただきたいです。透かし編みのときは本当に困るんですよね。

話は変わります。3色のストライプのショールがやっと終わりに近づいてきました。糸が絡まりそうになるわ、ショールがそこに参加するわで振り回しながらの完成を見れそうです。

IMG_2497

透かし編みのときではありませんが、やはり途中で結び目があったので糸の始末が二つ多くなりました。

新しい糸に変えるときには端で変えるようにしています。しかし、結び目は突然に出てくるので端で変えようという計画(?)はできません。途中で変えたくないのでいままでに編んだ目をほどいて端まで戻るようにしてはいますが、複雑な模様編みだったり目数がすごく多いときには「まぁ、いいか」と途中で糸を変えてしまいます。解いて目を落としたりしたらもっと悲しいですからね。

さて、伏せ目をして端の始末をして、ぬるま湯につけてきまーす。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

On the Spice Market編み上がりました。

途中で間違えを発見してほどいて編み直してといろいろ難関をすごしながらやっとOn the Spice Market ができあがりました。とりあえず編み物会の人たちに見せようとまだ、水通しもしないままに持って行ったんです。30度近い気温でしたからとても身につける予定はなかったのですが、とちゅうで嵐が来た途端に気温が10度以上落ちたので、このショールが急に重宝しました。

友人が写真を撮ってくれました。

IMG_0553 copy

編んでいるときになんとなく色がうるさくてどうかなあと段々に気に入らなくなっていました。でも、こうして写真で見るとそう悪くないかも、そう思えます。

IMG_0554

Miss Babs では、色を合わせてキットとして売られているパターンですが、私は家の中に残っている毛糸を使いました。

IMG_0555

一番少ない糸は20g使うかどうかという量なので使い残りの糸で十分なんですよ。使った糸はmadelintosh merino light です。大きめのショールが好きな私には好きなサイズです。ただ、幾つかの色を使っているので端っこの始末があまり楽しくありませんでした。特にメインカラーのオフホワイトは2段しか編まないところがいくつかあったのでさて、どうやって糸を隠そうかと苦労しました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村