防空壕の中で習った編み物

昨日、たまたま82歳の女性とご一緒する機会がありました。お話しするうちに、彼女も編み物が大好きということで意気投合。いろいろなお話しをするうちに、彼女が編み物をするきっかけについて伺ったのですが、それが、第2時世界大戦の時だっとおっしゃるのです。

サイレンが鳴り響き、防空壕に駆け込んだ時、暗い中で習ったのが編み物だったそうです。

じっと空爆が過ぎるのを待つ間、強い気持ちを押さえる意味もあったのでしょうし、まだまだ若い女の子達のほんの一瞬の楽しみだったのかもしれませんね。その姿を想像するだけでもドキドキしてしまいます。だって、死と隣り合わせなのですもの。

彼女曰く、それから子育てやらなんやらで忙しい日が続いたけれど、それも終わって時間がたっぷり余っている今は編み物に夢中。毎日毎日、編み針を動かしているそうです。

防空壕の中ではおもにミトンを編んだけれど、今ではベストです。ご主人は着てくれないけれど来てくれるというお友達に差し上げているそうですよ。

そして、今は、洋裁に興味があって誰か教えてくれる人いないかしら? とやる気満々の82歳でした。やりたいことがある姿は何歳になっても美しい。

広告

アメリカ兵士が着る羊毛はアメリカ産

第2次世界大戦の折に、アメリカは自国の軍需産業、そして祖国のために戦う兵士の命を守るために、兵隊服の服(上着から下着まで)、絹を含む製品、ウールなどを全てアメリカ国内産のものを使用することが決められました。

今でも世界各地に兵士を送っているアメリカです、いまだにこの規制は続き、数年前にさらに厳しくされました。羊をアメリカで育て羊毛を刈り取り、毛糸にしてそこから必要なものを製品化していくわけです。

現在アメリカのウール製品の多くはニュージランドの羊さんたちのものでそれが一旦、中国に送られそこで製品となりアメリカに入ってくるそうですが、規制の強化とともに、何もそんなに遠くから輸送することせずにこの際、最初から最後までアメリカでやろうではないかという動きがあるようです。

広い国土ですから場所はどこにでも(そうでもないか)ありますが、政府からの補助金、もしくは企業などからの寄付がないとなかなか始められない大事業だと思いますが、それでも、前進しつつあるみたいです。Brooklyn Tweed は良い例ですね。あ、彼らは軍需品とは全く関係ありませんので、念のため。でも、アメリカで育った羊をアメリカで毛糸にしているという点は同じです。

いろいろな毛糸のラベルを見ると、made in Peru, made in U.S.A と書いてありますが、全てをペルー、もしくはアメリカで全ての工程がなされているとは限らないんです。どうもその辺がよくわからないのですが。。。 どこまでラベルに規制があり、あとは生産者側がどこまで正直かですから。

気にし出したらきりがありません。別にどこ産の毛糸だから使わない、とかいうこともありません。ただ、興味があるんですよ。どこの産業なのだろう?輸送費、人件費などどれだけ上乗せされているのだろう、生産者のもとに、きちんとお金が入っているのだろうかなんてね。

難しいことはこれくらいにしましょう。今年の冬は暖冬で厚いセーターを着る機会があまりありませんでしたが来週から本格的な寒さがやってくるようです。寒いのは嫌いですが、セーターが活躍するのは嬉しい、と矛盾した気持ちでいます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村