読解力と注意力が要求される、かな?

アメリカ人だからといって英語のパターンを読むのに苦労しないなんてことはありません。母国語だって書かれ方やら表現方法で「?」と思ったり間違えること少なくないんです。理解不可能に陥る人も見かけます。

読解力がないのかしら? と思われます。それと忍耐力と注意力。

「注意して読めばここに書いてあるじゃない。」とか、
「もう少し先までがんばって読んでみたらここの編み方がわかったと思うよ」なんてつい言ってしまいます。

まっすぐ編むものならそういうことはないのでしょうが、三角形のショール、そして身に付けるものとなったらますますです。

「自分でちょっとだけでも考えてみたら?」と言いたくなることもあるようなないような。

前回のカーディガンの話に戻ってしまいますが、同じパターンを作った人でも体型、目のゆるさ、そして好みによってコメントがかなり異なっているので、人々が書いたものをそのまま信用するのもまずいかなとも思います。もちろん参考にしてそこから自分がどういうものを作りたいのかということでいろいろ調整をするんです。だから、全く体型の違う人に「あなたはどう変えたの?」と言われても返事に困ります。

それに毛糸が水を通した後にどういう変化を遂げるかも大きな要素の一つですよね。

tea leaves Cardigan を数年前に作りました。使った糸はMadelinetosh DK 水を通したらひどく伸びてしまったので、もう一度水に通して伸びないように乾かしました。それでも、ちょっとだらっとした感じが否めません。柔らかくてすごく好きな糸なのですよ。でも、このパターンには合わなかったように思います。アメリカ人の体型と日本人の体型の差もあるかもしれません。

ウエストの周りがどうしても厚みがあるために、そのあたりをいかにカバーしながらきつくしすぎないか、これは大きな課題です。着るものを編む人は誰でも悩んだことが一度や二度はあると思います。気に入った毛糸を使えば糸がどういう変化を遂げるかとかわかっているので「え〜!」という驚きはないにしても、いつも同じ毛糸じゃつまらないですよね。冒険したいけれど、出来上がりが不安、そんなところでしょうか。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

タンクトップ完成です! そして,美しく,幸せに生きるためのブログ

せっせと編んでいたタンクトップが完成しました。といっても,裾をもう一度ほどいて丈を伸ばしつつ,裾をもう少し末広がりにしようと思っています。ジーンズの上に着ようとするとある程度の丈が欲しいですよね。

恥ずかしいのをこらえて写真を載せます。

桜の花に目を向けてくださいね

うしろが結構気にっています。これ一枚で着るのは少しためらいがあるかもしれません。同じ毛糸でカーディガンのようなものを編むのもいいかなぁ。使ったのはHandmaiden Sea Silk 1かせです。けちくさく1かせですませようと思いましたが,やっぱりダメですね。

うしろのスラップ,もう少し太くてもよかったかなぁ

モデルがもう少し細いときっと,見た目がもっとステキだと思います。でも,こればかりはどうしようもありません。スミマセン。

パターンはCorchella

この写真のように前がもう少しストールのような形になると嬉しかったなぁ。
ブロックもしていません。とりあえず,着てみて,どんな感じか見てから気に入ったらブロックするつもりでしたから,まだまだです。ブロックすると少し丈と幅が伸びますので今はちょっときつめです。写真が少し見苦しい。。。
このように,身体にピッタリさせたいものは,本当にむずかしいと思います。体型は人によって異なりますし,特に胸の大きさは本当にまちまち。アメリカ人のサイズとはどうしても身体の部分,部分の比率が違いますよね。ただ,このパターンには,胸が大きい人は,こっちの編み方をしてください,という部分も入っていました。もう一枚,別の糸を使って編んでみたい,と思っています。

お口直し,というよりお目直しに,満開の桜の写真を見てください。

朝,撮りました。

さて,編み物と肩こりについては,前に書きましたよね。今日は,肩こりに限らず,健康に,そして美しく,幸せに生きるために必読のブログを私の知人が書いているので,皆様にお知らせしますね。まだ,始めたばかりのブログのようですが,情報は満載。書いている方はとっても真面目で知識が豊富。さらに嬉しいことにマッサージがとても得意なんです。近くに住んでいたら通ってしまうのですが。。うーんくやしい。ぜひぜひ,応援してくださいね。

藤掛ボディ&メンタル治療室 

いろいろなことに一生懸命な若者たちがどんどん世の中に出て自立していこうとしています。私たちにできることは,そう人たちの存在をできるだけ多くの人に知らせて,もし,アドバイスなどがあったら,主観的に出はなく客観的な目で見たことを知らせてあげることかしら? だてに長く生きているわけではないですものね<ーと言いたい。。。

それではまた,編み物に戻ります。その前にもう一枚,桜の写真を



ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村