緑が入った帽子ができあがり

「緑が入っているのがいい」というリクエストに答えて作った帽子。残り糸を使ったものだから3色になってしまいました。サイズが合うかどうかはお楽しみ。

img_3612

黄色く見える部分は黄緑です。ここが2重なのがいいという重ねてのリクエストだったので黄緑の部分を約10センチ編みました。そこから、緑と紺を交互に約9センチ。そこから頭頂部分を減らしていきました。112目作り目したので14目で割り切れます。12目編んで2目一度をぐるっとしてそれが頭頂部。

img_3614

折り返すとこんな感じになりました。減らし目の方法はいろいろあります。今回のように約数を探して減らしていくもの。また、作り目を4で割って、えーと私の場合だと112目ですから28目ごとに目数リングをつけます。そして目数リングの左側(右側でもいいですよ)2目一度をして1段で4目減らしていくという方法、また、同じように4カ所目数リングをつけて、その右側で右上2目一度、左側で左上2目一度をする方法。これだと1段で8目ずつ減りますね。

これが一般的な減らし目でしょうか。

私がずっと前に編んだ、Jared Flood の Turn a Squareは4カ所で1目ずつ減らしていきます。久しぶりに編もうかしら、と思いました。

なんだかここのところ帽子付いています。簡単に編めるのがいいのかも。それと残してしまってあった糸を使い切るのにも帽子はちょうどいいんです。もう一つの帽子ももう少しできあがりそう。できたら写真を撮ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

Nurmilintu の編み方

IMG_2859

Nurminlintu 編み上がりました。自分で編んでみると、じゃ、編み方をポストしようかしらということになるんです。

まず、作り目を4目します。

最初の2段ですが、

1段目: 表1目、kfb、表2目
2段目: 表1目、左上2目一度、kfb、表1目

次の2段をガーターの段として繰り返します。

1段目: 表1目、kfb、最後の3目まで表編み、左上2目一度、表1目。
2段目: 2目残るまで表編み、kfb、表1目。

この2段で1目だけ増えます。

ガーターの段2段を繰り返して79目になるまでがんばります。

次はレースのセクションです。これはチャートを見てくださいね。1段から18段まで編んで(9目増えます)88目になります。

また、ガーターの2段を106目になるまで繰り返します。106−88=18 2段で1目増えるので、36段編んでください。2段を18回繰り返すとも言えます。

またレースのセクションです。18段編んでください。9目増えるので115目となります。

ガーターセクション。133目めがけて編みます。133−115=18。これまた36段ということです。

そしてレースセクション。9目増えて142目。

私は450ヤードある糸を使ってこのあとガーターセクションを1回繰り返せるかな、というだけしか残っていなかったので、142目になったときに伏せ目にいきました。

1目伏せます。knitted cast on をここでします。普通に表編みを編んで、左の針から目を落としません。右の針にかかっている糸をそのまま左の針にもどします。これで1目増えました。これをもう1度繰り返し、全部で2目増やします。そしたら5目伏せます。2目作って5目伏せる。これを繰り返して終わりです。

あとは水通しをして模様がきれいに出るように引っ張り気味に形を整えます。

IMG_2860

私が編んでいて気をつけたこと。

1)ガーター段の時、もどってくるときはずっと表編みなので油断をしがちなのですが、最後の目の前でkfbを忘れないようにしてください。これを忘れてると目数が合わなくなります。表側は模様なので緊張して編んでいるので2つ目の目でするkfbを忘れることはまずないように思います。

2)レース編みの段ですが、9目のリピートなのでそこに目数リングをつけておくと便利です。リングとリングの間は必ず9目ですから。

3)レースのチャートを編んでいるときに、この目数リングの位置をずらさなくてはならないときが2度あります。そのとき前もって余分のリングを一つ準備しておいてください。というのはチャートを見ていただくとわかるように、リピートの最初がずるっと右に動くので新しいリングが一つ必要になります。目数リングの前で掛け目をすることが多いのでその掛け目をなくさないようにするのも大切です。

これくらいを気をつければそれほど複雑なパターンではないとおもいます。太い糸で編んでもいいでしょう。ただ、そのときには必要ないとの長さが変わるので気をつけてくださいね。糸がたくさんあるようなら、さらにガーターの繰り返しとか、レース編みを増やしてもいいと思いますよ。

もう少し深さがあるショールの方が私は好きなのですが、この形のショール、多いですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

目数が合うか、ドキドキ

Nurmillintu というショールを編み始めました。これは二人の友人が編み始めたのですが、途中で挫折したんです。一人は目数がどう考えても1目多くなってしまい、チャートと自分の編んでいるものとを目を三角にして睨んだものの解決しなかったために、放り出したそうです。そして、もう一人はその逆で1目足りなくなり、まぁいいわ、と1目増やしたもののその後もどうしても目数が合わずにこれもまた、お蔵入り。

こうなると興味が湧きます。どれ、編んでみようかと選んだ毛糸がまずかった。Malabrigo Mora という糸で、シルク100%だからすべりやすいのなんのって。目を落としたらスルスルとほどけてしまいます。

調子よく編んでいました。もっともガーターのセクションはそれほど目数は問題ではありません。

レースのチャートに入り、「なんだ、おかしくないじゃない」と偉そうに編んでいたら、「あれ?」おかしい、模様があってないよ、と気がついたのは段の終わり。あら、1段ほどかなくちゃだめじゃない。そろそろと注意深くほどきました。模様とチャートとにらめっこ。「あ、まちがってたの私。」

直せそうです。ということで今のところは目数もちゃんとあってます。あと数段編んで見ますので、お待ちください。

はい、レースの部分、編み終わりました。模様もちゃんとあっているし、目数もパターンが言う通りの数字になりました。私は繰り返しのパターンがあるときには目数リングをつけてその間の目数を数えるようにしています。目数リングの間はどこも同じ目数でなくてはなりません。ただ、このパターン、目数リングが移動するんです。それが面倒くさい。間違えのものにもなるし、すべりやすい糸を使っているときに目数リングを外すのはあまりよろしくない。

でも、あったほうが便利なので使っています。最初のレースの部分が終わったので、しばらくはガーターのです。これもフリーパターンですよ。よろしかったら見てみてくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

今日はベビー服に挑戦

赤ちゃんのために編むのは楽しいですね。小さいのですぐに編みあがるしとにかく可愛い。こんなに小さくていいのかしら? うちの息子たち、こんなに小さかったかしら? なんていろいろ感慨深くなってしまいます。

とりあえずフリーパターンの Abagail Sweater を選びました。使った糸はDebbi Blissの Ecobaby。コットン100%の糸で太さはそうですね、こちらではスポーツ、日本では並太よりずっと細いですね。コットンなら洗濯機で洗えますからね。

パターンをざっと見て「なるほど、こうやって出来上がっていくのね」ととりあえず納得。

でも、目の増やし方がちょっと気になりました。1目の両側でkfbで増えていくんです。それなら、少して手を加えてパターンでは増やし目の中心に置かれている1目を置かずに増やしたいところの中心(左前見頃と袖の境とかですね)に目数リングを置きました。目数リングの1目手前まで編んでそこでMR1、1目表編みをして、目数リングを動かし、表1目。次の目でML1をして増やしていきました。

模様編みに移るときに微妙に目数が変わってしまうのでそこも少し調節。ということで出来上がったのがこれです。

FullSizeRender 2

使った糸の長さは約210メートル。パターンではこれからかぎ針で細編みをぐるっと編む、と書いてありますので、ちょっとやってみようと思います。かぎ針はあまり得意ではありません。さて、どうなることやら。お楽しみに。

それにしてもベビー服を編むのは楽しいですねぇ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

1目多いんだけれどどうしよう?

ショールなどで長い辺を編んでいて、特にレースのときなど1段編み終わって正しい目数だとホッとしますよね。逆に1目足りなかったり多いと「え?」と驚きます。どこでまちがえたんだろうと。

例えば12目のリピートだと私は12目ごとに目数リングを置きます。たいしてむずかしいパターンじゃないんだからいらないんじゃない? という声も聞こえてくるのですが、間違えたときのために目数リングは欠かせないんです。目数リングの間には必ず12目あるはずだから、どこで間違えたかを見つけやすいんです。

また、メリヤス編みをしながら目が両側で増えていくときなどは中心あたりで例えば50目ずつに目数リングをおくんです。すると、その場所はもう数えなくてすみますからね。

そう、このように目数リングを置かなかったためにレースパターンのはしで1目多い! という叫び声が今日編み物会で響き渡りました。

目を凝らして目数を数える彼女をまわりの人は黙って見守ります。下手に声をかけて数え間違えたら何にもなりませんから。

「やっぱり、1目多い。どうしてだろう?」 

同じパターンを編んでいた私の隣の友人がぽそっと言いました。

「私もさっき1目多かったけれど、はしで2目一度してしまったから今は正しい目数が針にかかっているわ」

なんと大胆! メリヤス編みならそれでごまかせますがレースパターンですからもし、どこかで間違えていてら目立ちかねません。

1目多い彼女は、「ここじゃ落ち着いてできないから、うちに持って帰ってゆっくり数える。目数リングを打ちながらどこで間違えたか見つけるわ」と袋の中に編みかけのショールをしまったのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

473目の作り目に時間がかかりました

今日は誕生日だったので、友人からのプレゼント、ベネチアンビーズを使いネックレスとイヤリングも作っちゃいました。

IMG_2152

気分良く編み物に取りかかったはいいのですが。。。

作り目があまり多いのは好きではありません。きちんと数えているつもりでも何かに気を取られ間違えたりするんです。今日は473目作るというので、50目ずつに目数リングを入れました。50目ちゃんとあるかも数えながら。そうすれば途中で「あれ、間違えたかな?」と思っても戻る目は最高で50目ですからね。ようやく473目作って編み始めるとしても、時間がかかるのなんのって。しかも、模様編みですから、全然先に進みません。1段編むのに軽く1時間くらいかかったのではないかしら?

裏側は全部裏編み。これまた時間がかかります。少しずつ目が減っていくはずだから、がんばれ! と自分を励ましながら編み続けました。

橋目が20目ちょっとあって、あとは18目のパターン繰り返しでしたが、数段編むと嬉しいことに18目が16目となり、また少しすると14目になっているではありませんか。「あなうれし」と訳のわからない言葉を発したのもつかの間です。3目から7目作り出す目があるではないですか。しかも次の段はそれらの目を全部編みます。あわわ。せっかく14目まで減らしたのに、また増える…

表側はパターンを見ながらやっているから楽しいけれど、裏編みはそうはいきません。しかたがない、とかぼちゃを煮ながら裏編みを続けました。

そうそう、パターンの名前は Iridea by Susanna IC です。そう、少しビーズもつけます。彼女のパターンは幾つか編んだことがあります。とても素敵な作品が出来上がりました。

今、写真を撮っても毛糸が伸びたもののかたまりにしか見えませんからやめておきます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ライフラインのおかげで助かりました

何を考えていたのやら、「チャートを9回編む」と書かれたパターンなのになぜか19回だと読み間違えひたすら編み続け19回繰り返しました。

「さて、次のパターンは」と読み直したら、な、な、なんとチャートの繰り返しは9回と書いてあることを発見。何度見直しても「19回」ではなく「9回」

「あ〜! 間違えちゃった。もうどうしよう」

難しいパターンではないけれど、ガーッと100段ほどほどいて簡単に目を拾えるとは思えないパターンなんです。あまりのショックでがっくりしていた時に思い出しました。10回パターンを編んだ時にライフラインを入れたことを。めったに私はライフラインを入れないんですが、今回はなんか心配で入れたんですよ。よかった〜。

複雑なパターンなどを編んでいる時にはライフラインを入れることを強くおすすめします。私の今回の間違いのような時にも初めからやり直しなんて悲劇にはなりません。

目数リングを通っている緑の糸、見えます?

目数リングを通っている緑の糸、見えます?

目数リングは間違えてライフラインの糸を通してしまったんです。だから、気にしないでください。ライフラインに使う糸は、そこそこ張りがあ李、細すぎない糸がいいと思います。毛糸は避けたほうがいいでしょう。ふわふわした糸が編んでいる糸に絡まるのもイヤですし、目を拾うのもむずかしくするかも。

ライフラインの入れ方ですが、とっても簡単。針にかかっている毛糸に糸を通すだけのこと。むずかしいことはありません。ただ、ライフラインを入れるところではそこまでの過程で何一つ間違えをしていないことだけが必要です。そこまで戻れば安心して先に進めるようにしておくのが目的ですから。場合によっては数カ所にライフラインを入れる時もあります。心配な時にはライフラインです。(笑)

ということで私はライフラインが10回繰り返しのところに入っているのでパターンより1回繰り返しを多く編んだことになりますが気にしません。ただ、糸が足りるだけかはこれからチェックします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村