今日は基本のガーター編みについてちょっと

ガーター編みというのは表も裏もどちらでもとにかく表編みを編むことを言います。

表編みだけですから楽チンなんです。私、裏編みは表編みに比べてスピードが落ちるので表編みだけって大好き、と言いたいとこですが…

しかし、どうも私はガーター編みが得意ではないようです。というのは、目があまりそろわないんですよ。メリヤス編みに比べてどうも、「楽チン」であることが逆効果を引き起こすようです。緊張感もなく、ただタラタラ編んでいると手の感覚も鈍くなるというか、頭も働いていないのでしょうね。よく見るとところどころでやけに目が大きくなっていることに気がつきげんなりします。

これはいけない、と編むときの強さを一定にする(私はボールからの糸を左手に絡ませます。そのときに小指に一巻きしてゆるくならないようにするなどように気をつけています。そのせいか、少しは良くなっているようですが、気をぬくとまた、ドーンとゆるい目があらわれます。

ガーター編みってさわるとプクプクして気持ちがいいですよね。

たとえばガーター編みで10段、それからメリヤス編みで10段編んでその長さを比べますね。するとガーター編みの方が(伸ばさない限り)短いんです。だから、同じ幅で50センチのものを作るとガーター編みの方がメリヤス編みに比べてより多くの毛糸が必要となり、重くもなってしまいます。丈が出ない分、厚みが出てプクプクするんですね。このあたりを考えて自分が作ろうとしているものにガーター編みがふさわしいかどうかを考えるのも大切だと思います。

せっかく編んだセーターが重すぎて肩がこる、なんてことになったらイヤですから。
また、伸縮性にかける糸はフワフワ感が出にくいかもしれません。たとえば、アルパカ、カシミア、それからコットンなどは。しかし、これも好みですからね。

太い糸でふんわりとガーター編みをしたスカーフなどは逆にいいかもしれませんね。モヘアとかで。フワフワ感がたっぷりになりそう。

ガーター編み、表編みだね、というのに侮れません。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村