ボタン選びを間違えました。

赤ちゃんのカーディガンを編むと、ついついボタンも可愛らしいものを選びたくなります。見た目は可愛くてもどうも実用的ではない、と縫い付けてみて改めて反省してしまいました。

FullSizeRender 6

見えます? アヒルのボタンにしたものはいいけれど、はめるとき、外すときに尖っているところに糸が引っかかってやりにくいのなんのって。こういうボタンをつけるときにはちゃんとボタンホールを糸かがりしないといけませんね。あまり得意ではないんですよ。あ、パターンはAbagail Sweater で無料パターンです。

アクセントにもなるし、ボタンはかわいい。けれど、きっちり縫い付けておかないと赤ちゃんが間違って口に入れたら大変なことになるし、うつぶせ寝をしているときにボタンが皮膚に食い込んだら痛いし、いろいろ考えて選ばないとダメですね。

それにしてもこんなにたくさんボタンつける必要があるの? というパターンもあります。これも小さいしすぐに編めます。スペルが難しいんですよ。Puerperium Cardigan。小さいサイズは無料サイズですが、子供サイズは有料のパターンとなります。

IMG_2524

ほら、ボタンが7つかな? もついているでしょう? これはひたすらぺったんこのボタンを選びました。

いろいろなボタンが並んでいるとついついかわいかったりきれいなボタンに手が伸びます。しかし、赤ちゃんのセーターを編むときには simple is the best かも

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

何度もほどいて出来上がったカーディガン

きれいなピンクだったのでなかなかパターンが決められなくていたのですが、編み始めることにしました。しかし、編み始めてはほどき、とそれを3度繰り返しました。間違えたのではなくてパターンが気に入らなかったんです。ほどいたままのボールでおくにはもったいない。

そこで決めたのが Sunnyside by Tanis Lavaliee. 大人用のパターンは有料ですが、子供用は無料だったので前から気に入っていましたしこれを何度目かの正直で編み始めました。さすがに無料パターンだけ(?)あって、細かいところの説明は省かれています。とはいえ基本的なことはきちんと書かれているのでもちろんきちんと編みあげることはできるんです。

これも順調に編み始めるまで何度も何度も間違えてほどいたんです。「もう、ダメかなぁ、この糸、縁がないのかしら?」とまで思いました。かといって気に入っていた糸を投げ捨てるのも気が引けます。がんばりました。

体の部分を編んで、裾の部分にきました。2種類の裾の編み方が出ていたんです。一つはガーター編み。もう一つは途中で「かけ目、2目一度」を繰り返し、その部分で折り曲げて仕上げる方法。私は後者を選びました。

IMG_2427

ちょっとかわいらしいエッジになりました。しかし、丸まってしまったんですよ。

IMG_2428

端っこがまるまって上に上がってしまいました。

IMG_2430

あっという間に全体がまくれあがるように上向きにカールしているの、わかります? 水通しをしたらもしかしたら平らになるかもしれない、とも考えました。でも「もしかしたら」ですからな。乾いたらまたカールしてしまうかもしれない。袖口のところを編みながら、このまるまった裾を横目で眺めて考えました。裾の部分も袖口も同じ始末をしたいですからね。両方まくれ上がったのではどちらもやり直さなくてはならなくなってしまいます。

袖口はガーター編みにして体の裾の部分をほどきました。いったい何回目だろう、ほどいたの? と思いながら忍耐強く、忍耐強くていねいにほどいていきました。ガーター編みをして目の始末をして、「できたぁ〜。あとはボタンをつけるだけ」と喜び勇んでぬるま湯にひたしました。そして、写真を撮りました。見てください。

IMG_2432

少し暗いですね。サイズのためにiPhoneをおいてみました。こんなに小さいカーディガンなのに、編んではほどいて、を繰り返したので時間がかかってしまいました。でも、出来上がりが可愛いからいいかな。残った糸を使ってソックスも編もうかな。

そうそう、毛糸はBlue Moon Fiberの Socks that Rock light weightです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

毛糸を上手に選んで簡単なショールをステキに

Ravelryでパターンを見ても今ひとつと思っていたのが、友人が編んだ作品を見て、「あら、ステキじゃない」ということが多々あります。

今日のトピックはそこです。パターンの写真に惑わされると、残念なことになるんですよ。写真がよすぎても、逆でも自分で描いていたものとかけ離れたものができ兼ねませんから。

紹介するパターンは無料パターンで、しかも基本中の基本。。。でもないかな。でも、このパターンを使って編みあがるショールは非対称の三角形。基本的な形ですから、これは毛糸の選び方によってできあがりがかなり違います。

パターンの名前は Kwoosh . デザイナーはKat Mcab 編み方はシンプル

3目作り目します

1段目: 全て表編み
2段目: 最初の目をkfb。最後の2目まで表編みして、最後の2目で左上2目一度。(目数は変わりません)
3段目: 最後の目まで図とお表編み。最後の目でkfb (1目増えました)

2段目と3段目を繰り返して編みます。伏せ目に必要な長さを残すまで編み続けるもよし、自分が欲しいサイズに達したらそこでやめるもよし。これだけです。簡単でしょう? ガーター編みですから裏編みがありません。ぜひ編んでみてくださいな。

私も、編み始めたいところなんですが、今、ガーター編みのショールをせっせと編んでいるのでそれにめどがつかないとこちらに手が出せません。今、頭に思い浮かべている糸は、グラデーションの糸か、もしくは少しラメが入っている糸。あまり細い糸でキチキチ編まないほうがいいかもしれませんね。なんて、まだ自分で編んでいないのでいい加減なことを言ってはいけません。明日にでも少し編み始められるといいんですけれどね。とりあえず、今編んでいるショールを頑張ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

パターンについていろいろ

先週の編み物会で、ある人が「この間、あなたが編んだ犬用のセーターのパターン、もらえない?」 

「もらえない??」 と思いながらも、いくつか編んでいたので「どのセーター?」と聞くと

「どれでもいいんだけど」 という返事。

「探してみるね」くらいにおさえておきました。すると今日会うなり、

「持ってきてくれた?」

私が編んだパターンの幾つかはお金を払って買ったものですから、それをコピーして渡すわけにはいきません。パターンが欲しいと言ってきた人が親しい人でも、それはしません。というか、親しい人たちはそういうことは言いません。パターンの名前はもちろん交換しますが、有料のパターンの交換に関しては皆、とても律儀なんですよ。デザイナーの人たちにとってとても失礼ですからね。彼らだってデザインして、間違いがないか何回かテスト編みをしているのですから時間がかかっています。それに対しての費用ですから、パターンが欲しかったらそれは自分で買うしかないんですよね。

ですから今日のその人にも、Ravelry で見られる無料パターンの名前を書いて持って行きました。不満そうで、「コピーはないの?」

「ごめん、私はiPadでパターンを見ているから、プリントアウトはないのよ。」これは事実。本当に編みたいのであれば、無料パターンですし、プリントアウトをするくらいはできる人なんです。

私が今日、赤ちゃん用の帽子を編んでいたら、それを見た別の人が「そのパターン、ないの? 欲しいわ」これは糸を買った時にもらった無料のパターンを私は使っていました。別に複雑でもなんでもないパターン。だから、

「72目作り目して、輪にして、編みたい深さまで編んだら、three-needle bind off すればいいのよ。それに72目ででなくてもいいと思う。糸の太さ、作りたい子供の年齢に応じてサイズは自由に変えられるわよ」 と説明したんですけれどねぇ。今頃文句言ってるかも。ま、いいか。

そうそう、473目作り目したショールが出来上がりました。今、ブロックして大きいテーブルの上にピンで抑えているところなので、乾いたら写真を撮りますね。なかなかステキ、💕とニヤニヤしているんですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ディジースティッチのカウルを編んでます。

中途半端に残っている毛糸があるんです。なんていうとそういう毛糸が珍しいように聞こえますね。たくさんある残り毛糸の中で私の注意を引こうとしている糸。Malabrigo sock yarn です。ほんの少しだけ使ってそのままになっていました。370ヤードくらい残っているのかしら? 何を編もうかなと思っている時に思い出したのが、Denver Cowl. フリーパターンですからよろしかったら覗いてみてください。

友人がMiss Babs の Yowzaを使って編んだ彼女は、糸を残すのが嫌なものだから全部使い切ったら大きくなりすぎたとブツブツ言っていました。Yowzaは太めの糸ですし、くらいあるので全部使うと重さもでるでしょうし、肩が凝らないといいんですが。

パターンでは260目作るのですが、私は最も足りないし、様子見、と思って128目にしました。

IMG_2109

もう少し毛糸があったらあと少し長さが欲しかったですね。ま、水を通したら少し伸びるかも。さっきの友達がね、

「なんだか、なかなか先に進まないわ、このスティッチ」と言っていたのが頭に残ってこのカウル作るのためらっていました。でも、無料だしとりあえず、と急に思い立って始めてみたら、それほど、先に進まないとは思えませんでした。作り目の数がずっと少ないからそう感じるのかもしれないけれど。

このパターン、段染めの糸で作る人も少なくないようですが、私は無地で作っています。段染めも可愛いけれど、模様が目立たなくなるかもしれませんからご注意を。無地だと模様は見えますが、面白さには欠けます。一長一短ですね。

wUp2j

春らしいカウルができそうです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

またボタンを買いに行かなくては

昨日のカーディガン、あとはボタン、そしてボタンループをつけるだけとなりました。ボタンの大きさを見ないとループがつけられないので、とりあえずここでストップ。

近所の手芸用品のディスカウントストアに行こうかとも思いましたが、プラスチックのボタンが多く、他にそちらの方角に行く用事もなかったので今日はやめました。ボタンを買うのはむずかしいですね。

そう、少し買い物の話をしましょう。手芸のディスカウントストアまでは車で10分くらい。南に下りて西に行きます。しかし、そちらの方角には私がふだん行くお店はありませんというよりもあまり魅力がある店がないと言った方が正しいでしょう。行きつけのスーパーはディスカウントストアに行く道から東に曲がっていったところにあります。また、別のスーパーに行くには家から逆の方向に走ります。日本食の食材を買いに行くためには一旦北上してそれから東に行きます。銀行、郵便局、スーパー、韓国スーパー、などを全部こなそうと思ったらウチを中心にして円周を走らなくてはならないと言っても大げさではありません。つい面倒くさくなり、「明日にしよう」とか「次の機会にいこう」とのばしのばしにしてしまう今日この頃です。特に今日のように北風が強く最高気温がマイナス5度となるとよけいです。

そこのお店に欲しいものが絶対にあって、すごく欲しい場合は出かけて行きますけれどね。

ということでカーディガンがストップしているので、今はスカーフを編んでいます。3色使いのスカーフ。ここのところスカーフから離れてセーターなどを多く編んでいたのでなんとなく新鮮で嬉しいです。パターンの名前は “Tailwind” Madelinetosh merino lightの3色を使っています。今は夜なので写真は撮りません。何色か家に買い置きがあるのに欲しい色がなくて妥協しました。組み合わせですからね。1色が好きでも合わせる色がないと話になりません。このパターンはまるっと1玉使うことはないので残り糸でもできそうですし、太さを変えても良さそうです。よろしかったら見てみてください。そうそう、フリーパタンです。無料ですよ。それにガーター編みなんです。編まない手はありません。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ケーブルの帽子

なんとなく日本のショッピングサイトをウロウロしていたらケーブルの帽子が目に入りました。お値段はまちまち。素材もアクリル100%からウール100%、カシミア混などさまざま。なんだ、私がこの間編んだ帽子に似ているじゃない。

IMG_1504

帽子にラベルと言うのでしょうか、タグと言うのでしょうか、長方形の布地にいまひとつ訳がわからない英語の文章が書かれたり、ブランド名が入っていてそれを太い糸でザクザク縫い付けてあるのも人気みたい。そして、見た帽子の多くはとんがり帽子だったように見受けられます。じゃ、こういう風にかぶってみようか。

IMG_1503

帽子は編みますが、自分ではほとんどかぶりません。シカゴの突風の中もかぶりませんでした。きつくない帽子でも頭がしめつけられているようでダメなんです。だから、かぶり心地など細かいことになると「?」となってしまいます。ま、ゆるくかぶりたい人、目深にかぶりたい人、いろいろな好みがあるでしょうから、私個人の好みなんてあまり関係ないかも。

製品の説明を読みながら感じました。今まで、生産国、made in…  という表示をよく見ましたが、country:…. というのは何を意味しているのでしょう? 原産国? 素材はその国だけれど実際に生産されたのは別の国? それともその国の素材でその国で作られたの? よくわからん。それから素材のことだと思うのですが、’fablic’という言葉, これ、スペル間違いですよね。 ’fabric’…かな? おーい、こういう間違いはナシにしましょうよ。

帽子はあっという間に編めるので楽しいですよね。ケーブルは頭頂部での減らし目に工夫が必要ですが、でも、面白い。単調なものよりも編みがいがあります。前にも紹介しましたが tincan knits の Antler は好きです。それからKnotty but Nice これは knittyのサイトで無料で編み方を読むことができますからね。

これから帽子は防寒のために必需品となるでしょうから、ファッション性と合わせていろいろなものを作ってくださいね。ボーイフレンド、またはご主人にもお手軽プレゼントになります。我が家の夫はあまり帽子が似合わないので作りませんが(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村