帽子のゴム編み部分はなかなかむずかしい

アメリカから持ってきた編み針を見つけてからすでに3つ帽子が編み上がりました。

帽子というと最初の部分はだいたいゴム編みですよね。2x2のゴム編みもあれば1x1のゴム編みもある。中には2x1というちょっと変則的なゴム編みもありますよね。

私が好きなのは1x1のゴム編み。そして、表編みはねじり表編みにします。こうすることでできあがりがかなりしっかりするんです。どうも2x2は心もとないゆるさがあります。伸びてしまうのは好ましくありません。もちろん本体部分を編む針より2号くらい細い糸でゴム編みは編みますよ。

簡単な帽子の編み方のおさらいです。作り目はそうですね、かぶる人の頭の大きさ、毛糸の太さによりますが、並太くらいなら100、110,120くらいかしら? もっと細いのであれば90とか96とか。できるだけ約数が多い数字を選んでくださいね。理由は頭のてっぺん部分で減らし目を均等にするためです。

例えば92なんて数字を選んでしまうと約数が2、4、23となります。これはあまり良くない数字達なのです。

もっとも、すごくとんがり帽子を作りたい場合はいいんですよ。そうではなくて一般的な形の帽子を編むのであれば、そうですね、例えば100目で例をあげましょう。

100目でお好きなメリヤスをそうですね7センチくらいにしておきましょうか。これも好みでもっと長くしたいとか、折り曲げたいとか好みがあります。私はだいたい7センチから8センチ。

ゴム編みが終わったら2号くらい太い糸に変えてメリヤス編み。これを最初の作り目からそうですね20センチくらい編みます。そして、減らし目に進みます。

100目だと10x10なので8目編んで次の2目で2目一度の減らし目をします。8+2で10目。10目のブロックが10個できました。1段で10目減らせます。次の段は増減なしで表編み。

その次の段は7目編んで次の2目で2目一度。さっきは10目のブロックでしたが、2目一度で1目減っているので9目しかありません。だから7+2

そんな感じで10目まで減らしてあとは糸を通してキュッと引っ張って終わり。ほら、簡単。

IMG_0937

これは、作り目110目。減らし方は少し違います。そうそう、パターンの名前を忘れてはいけません。これはBankhead 。Ravelryで無料でダウンロードできますよ。今度、この帽子の作り方の1日講習会でもしましょうか。いかがですか?

今回私が使った毛糸はYanagiyarnの恋する毛糸。とても使いやすい糸です。これ、お手頃ですし、いいですよ。糸は柔らかいし、よりもかたすぎず柔らかすぎず、私は好きです。

広告

浅はかな考えながら帽子完成!

手のひらがつりそうになりながらの帽子、編み上がりました。

IMG_3048

風船を中に入れて乾かしています。このようにすると模様もきれいに出て乾いてくれるんです。コツは風船を小さく膨らませて、帽子をかぶせ、さらに風船を膨らますこと。最初に風船を大きくしてしまうとゴム編みの部分を伸ばしてしまう可能性がありますからお気をつけください。

パターンの名前はHarmione Hearts Ron というハリーポッターの中でHarmione がかぶっていた帽子を見てデザインされたパターンのようです。フリーパターンですよ。

パターンの使われている糸よりも少し太い糸を使ったので、作り目を減らしました。11目のレースパターンの繰り返しで、パターンは132目の所私は121目で始めたんです。まぁ、浅はかな考えでした。

支障その1: 121目という奇数にしてしまったためにゴム編みの数が合わなくなってしまいました。1目ゴムなので、仕方がなく最後だけ表2目。魔、これもデジアンと思えばなんてことはないでしょうと、いい加減な発想です。

支障その2:頭頂部の減らし目ですが、レースパターンが11目繰り返しなのに、減らすときには22目の繰り返し。パターン通りに編めば132目ですから11目パターンが12回繰り返しますから、22目なら6回の繰り返しになるところ、私は11目パターンが11個。これは困った。でも、22目で2目減らすのなら、11目で1目減らしてもそこまで変なことにはならないだろう、とこれまた私らしいかなりおおざっぱな気持ちで減らしていったら、きれいに減りました。デザイナーさんの考えていた頭頂部とはちょっと違ったデザインになりましたが仕方がないでしょう。

いやぁ、パターンは最後まできちんと読んでから編み始めなくてはならないといつもいつも思っているのに気が緩むとこういうことになるんですよね。失敗から学べばいいものを失敗をまた繰り返す。。。

フィンガレミットも片方は編み上がりました。これは少し長さを調節しただけであとはほとんどパターン通り。4本針で編んだので手のひらも痛くならずにへみました。明日写真を撮ります。もう片方も編まなくては。早めに仕上げてチャリティが行われるレストランに持っていきます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

自分の好みに編み直し

昨日作ったカーディガンが気に入らなかったので、今日、ほどいて編み直しにかかりました。気に入らなかった理由はまず、ガーター編みがきれいではなかったこと、次に、出来上がったものがブヨブヨしていたこと。

ガーター編みは簡単なだけについつい気を許し、ときどき糸がゆるんだり、編み目がそろわないことが時としてあります。気をつけて編まないとダメなんですよね。ブヨブヨしているのは針を小さくして解決させます。

また、ブヨブヨしているのは模様にも原因がありそうですから、模様も変えました。結局、あちらこちらかなり手を入れてカーディガンではなくてプルオーバーにしました。でも、赤ちゃんはえてして頭が大きいので、上の部分にだけボタンを3つつけてオープニングを大きくすることに。

IMG_2672

比較のために、昨日の写真もまた載せます。

FullSizeRender 2

模様の部分が今日の方が平らに見えませんか? 昨日の模様は右上2目一度、左上2目一度を使った7目、4段で一模様でした。今日の模様は3目一度を使い、10目、8段かな? で一模様なんです。7目の中に減らし目が二つ入ってくるものと、10目の中に減らし目が一回だけのもので見た目に差が出ます

模様を大きくしてみましょう。

IMG_2673

今回の方がずっときれいなものに仕上がりました。袖の部分のあきが小さすぎて、またほどいて作り目を増やしたり、あるはずの目数がなかったりと、決して楽な道のりではありませんでしたが(笑)、とにかく完成にこぎつけそうです。

どんなパターンも一度編んでみると、ここはこうするのが良いかもとか、私はこっちの方が好き、といろいろ手を加えられます。思っていたことも実際にやってみたら、「あれ?」と驚きもします。やはりパターンの中にはデザイナーさんの苦労が詰まっているのですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

すみませ〜ん、その帽子、見せてくださ〜い。

外を歩いているときに、「あら、あのスカーフ素敵だわ。手編みかしら」と思うことありません? 今、私が住んでいる場所は「遠隔地」と言われるところですから移動は車。だから、電車の中、街を歩いているときに他の人が来ているものを見る楽しみはありません。車で移動のせいか、女性はヨガパンツ、男性はジーンズがほとんどです。そしてスポーツコート。見ていてちっともおもしろくない!

昔、モヘアのストールを巻いているときに声をかけられ「何目、作り目したか覚えてる?」と聞かれたことはあります。そんなこと、覚えてませんよ。でも、「大きいサイズがステキ」と言ってもらったら悪い気はしませんよね。

友人はスーパーの中で人を呼び止めました。

「すみませ〜ん。その帽子、見せてくださ〜い」と。

帽子を手に取った友人は目数、段数を数え、パターンを頭に入れ、家に戻ってさっそく編んだと言います。決して複雑なパターンではありませんでした。彼女は頭が小さい友人に編んだので作り目は確か56目。輪にして最初の5、6段をメリヤス編み。クルッとその部分がカールしますよね。続いて2x2のゴム編み。
メリヤス編みだとついそのままメリヤス編みでいってしまいそうですが、ここでゴム編みが入るとは恐ろしい! ゴム編みを約10センチ編んだら、減らし目に入ります。減らし目の仕方は帽子の形の好みで最後の最後にガーッと減らし目をする人もいれば、徐々に減らし目をする人もいますので、これはみなさんにお任せします。

できあがりはなかなかのもの。かわいい! よろしかったらおためしくださいね。

しかし、驚いただろうなぁ。帽子をかぶっていた人は。一体何が始まったのだろうとおもったのではないかしら? やはり、これくらいの覚悟というか度胸がないといけませんね。手編みかな? というものを着ている人を見かけtら「それ編んだの?」とは声をかけますが、さすがに身体(頭)から脱いでもらって目数は数えませんものね。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

身体のサイズを測りました

着るものを編むためには自分の身体のサイズをしっかり知ることが大切です。パターンでS、M、Lなどとはい書いてあるものの、人間の身体なんてそういうサイズに身体のどこもかしこも合うようにできているとは思えませんから。

いったいどんな数字が出るのだろうとちょっとドキドキでした。数字はウソをつきませんからね。ウェスト、バスト、ヒップはもちろん、首回り、アームホール、腕の付け根から腕の付け根まで、首の後ろのグリグリから腕を45度くらいあげたときの手のひらのグリグリまで、二の腕の周囲、肘周りの周囲、手首の周囲などなどいろいろ測ってみました。

そして考えました。さて、これをどう編み物に使うか。最近のパターンには、製図とともに測った数字も書いてあるのでそれと比較してみようと思います。腕が長いこと、肩周りが太いことは前から感じていたのですが、改めて数字がはっきり言ってくれました。他のところはこのサイズでもいいけれど、この腕周りのところは一つ上のサイズにしたほうが自分にフィット感がよいものが編めるよと。

また、バストからウェスト(ウエストなんていう言葉を使うのもおこがましいようなサイズの差です)の数字の減り方を見て、もし、ウェストのあたりを少し絞りたかったら糸の太さ、ゲージからどれくらいの割合で目数を減らしていけばよいのか計算できます。同じように肩の部分から手首までの減らし目も同じように割り出せますよね。

できるだけ正確な数字を出すためにも、どなたかと一緒に測ることをおすすめします。クリスマスで次男が家に帰ってきてくれているので、主人のサイズを私が測り、次男が書記を務めてくれました。次男のサイズを測るときには主人が書記。それに、テープが曲がっているとか、ずれているとか、いろいろな意見ももらえます。最後には3人分のサイズをチャートにして数字に大きい誤差がないかもチェック。今度日本に行ったときに長南のサイズも測ろうと思います。こうしておけばプレゼントに何かを編みたいときの参考になります。

あ、頭まわりも測ったおこうっと。帽子を編むときにいいかも。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

冬眠から覚めるためにカーディガンを編みました

今年の冬はこれまた寒くて氷点下10度なんていう日が珍しくありませんでした。たまに0度何て言うと「あら、今日は暖かいわね」という感じ。そういう日が1ヶ月近く続いたので気持ちも身体も凍りついたいたような気がします。

3月の声を聞いてもとても寒く、今日もマイナス5度くらいの気温でしたが空にいる太陽の日差しは春を思わせるものでした。そして明日からは少しずつ気温が上がり始めるという天気予報に脳の周りに張り付いてしまった氷がパリ、パリとはがれていくような錯覚に陥ります。

先週の木曜日に、いい加減にこの冬の寒さに嫌気がさしてというか、早く2月に何処かに行って欲しいという気持ちを込めて “February Lady Sweater”を編むことにしました。可愛らしく、編み方もとてもシンプルなのですが、サイズに問題があるようなんですね。サイズというか着た時のイメージがそれぞれの体型によってかなり違うらしんです。

いろいろな人のコメントを読んで考えました。そして、あまり広げるのはやめようと決めて自分でいろいろと手を加えて身体の部分を編みました。さて、袖もどうしよう。これまた悩むこと数10分。とりあえずパターン通りに編んでみようと続けましたが、肘くらいまで編んで、「いや、ダメだわ。これじゃ幅が広すぎる。毛糸の重さで下に引っ張られているし」。。。 周りの友人たちは

「ちょっと緩めの袖というのがこのパターンの特徴だからそれでいいんじゃない?」とか
「確かに太すぎるわね。肘くらいまで少しほどいて減らすのもいいかも」

そうだなぁ、と肘のあたりまでほどいて減らし目をしたのですが、それでもダメ。横着しないで袖の付け根までバッサリほどいてそこから少しずつ減らし目しました。自然に細くなっていくように。あまり細すぎるとせっかくのパターンが生きてこないし、レースのパターンをどうごまかしていくかちょっと大変でした。

やっと完成。暖かくなる前に数回着ようと思ってます。これからボタンをつけなくちゃ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

2x2のゴム編みだけの帽子というのもありますね。

3つ目の帽子を編んでいるのですが、前の2つと同じじゃつまらないと思い、全部2目ゴム編みで編んでみることにしました。途中まで調子よく編んでいました。しかし、はて、頭のてっぺんの減らし目はどうしようかしら?2目ゴム編みですから、グループ分けしてもある場所が2目x1目のゴム編みになってしまいます。それはそれでもわるくないかもしれませんが、とりあえずあんまり考えてくなかったので、もっと簡単な方法をとることにしました。

ずーっと2目x2目のゴム編みで行きますよね。そして、本当に最後の最後に来たところで表編みの2目は表編みで2目一度。裏編みの2目は裏編で2目一度。すると今まで2x2のゴム編みが1x1のゴム編みになりました。これでもきっと面白いと思うんですよ。それをもう2、3段編んだら、今度は表で2目ゴム編みをぐるっとするんです。一番上は全部表編みになりますが、これは仕方がありません。

額の部分を折り曲げるくらい長く編んでもいいですよね。

メリヤス編みに比べてゴム編みは私の場合時間がかかるんですよ。だから、まだ12センチくらいしか編めていません。15、6センチくらいあったほうがいいかなぁと思うのでもう少し頑張って編んで、それから減らし目を始めます。

2x2のゴム編みだから、間違えることなさそうなのになんか、ぼーっとしていて1x1のゴム編みになっている部分があり、慌ててほどきました。本当にヒックリします。

帽子やらソックスやらいろいろテーブルの上に編みかけものもがあり、そういうものがあるということは編み針も出ているし、糸の切れっ端が落ちていたりしてなんか、落ち着きません。これから少しお片づけをしてまた、編み物をしようと思います。もう直ぐ2014年も終わりますしね。

書き足しです: 作り目は2x2目にしたいので4の倍数であることは必要ですが、それと同じように、減らした数も偶数であって欲しいんです。また、2目一度をしますから。そうして考えると、96目とか、88目、悪くない数字です。細い糸なら112目もいいかも。もっとも、どこかで半端な1目が出てもあまりきにする必要もありませんが。

Brooklyn Tweed のShelterで編みました。糸を始末している最中にブチっと切れました。

Brooklyn Tweed のShelterで編みました。糸を始末している最中にブチっと切れました。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村