暖冬だったのですが、北極と化しました

今年の冬は暖かい日が続き、厚いセーターを着る機会があまりありませんでした。それはそれで寂しいのですが、楽でした。しかし、やっぱり冬なんですね。(当たり前かな?) 「冬を忘れるんじゃないよ」という感じで強い寒波が押し寄せてきました。

今朝の気温はなんと、マイナス16度。昼間もそれほど気温が上がらずマイナス12度くらいにしかならなかったんです。

私の車は古いので、ハンドルが温まるなんてそんな芸当はしてくれません。だから、フィンガレスミットは必需品。サイズもできるだけぴったりであることが大切です。そうしないと、ハンドルを持つ手が滑ってしまっていけません。

今日は、慌てて出かけて行ったのでフィンガレスを忘れて手が痛かったです。さらに行く距離がそれほど遠くないので車が暖かくなる前に降りてしまうので寒い車の中で冷えた体がほとんど温まっていなくて寒い。。。

厚いジャケットを着てしまうと運転しにくいので避けたいんですよね。だけど、今日みたいな日はジャケットだけではなくストールも巻いて運転したいくらいでした。

さて、フィンがレスミットの話に戻りますが、細めの糸の方が扱いやすいですね。DK(合い太くらいでしょうが)だとちょっとゴツイ感じになるので、運転する時には敵しません。先日、フィンガレスミットを編もうと思い買った毛糸のことを思い出したんです。1玉で編めるというし、触るととても気持ちがよかったので喜んで手を出しました。えーと、糸はなんだっけ。Zealana AIRです。これを使ったパターンも無料で使えます。

フィンガレスミットは寒いところで本を読んだり電話をチェックするのにも便利ですよね。それから編み物をするときも。そんなに気温が低いところですることはまずないだろうと油断してはいけないんですよ。手が冷たいと指先が思うように動いてくれないので、部屋の中でもフィンガレスミットが欲しいときありますもの。それと、鮮やかな色のフィンがレスだと気持ちも華やぎますよ。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

こんなストライプじゃなかったはずなのに

シカゴでセルフストライピングの買いました。サンプルで編んであったソックスを見せて「こういうストライプになる糸が欲しい」と言って買ったのに、全然違うんです。私が欲しかったストライプは約1センチくらいの幅のストライプ。それなのに、これは一段ずつくらいのすごく細いストライプの柄が出てしまっています。

photo 1

カセで見たときはすごく可愛かったのに、こうして編んでいると、なんか気に入りません。期待が大きかっただけにがっかりも小さくありません。

ルンルンと編み出したんですけれどねぇ。編み始めたからにはがんばって最後まで編み上げます。それにストライプなので、ゴム編みではなくて普通のメリヤス編みで編んでいきますからおそらく早く編み上げられると思います。でも、ストライプのソックスが欲しい。。。まだ寒いのでタイツをはく日が多いですが、春はもうすぐそこまで、いや、あと2ヶ月ちょっとはあるけれど、必ず来るからその時にはけるように、少しソックスを編んでおきたいんです。さっき、ソックスの引き出しを見たらなんと、1足も残っていません。これは大変。在庫がなくなるとなんとなく不安になってしまって。

photo 2

この糸の色の名前はコットンキャンデー。春らしいいろでしょう? 
糸はLorna’s lacesのShepherd Sockです。
明日は1月だというのに10度くらいまで上がりそうなのでとても楽しみ。ここ数日、最高気温が氷点下の日が続いていたので気持ちも和むような気がします。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

チャリティに送るものをまとめました

がんばりました。限られた時間に出来るだけ多くの、そして暖かいものを編むというプロジェクトを自分に課して2週間弱、私なりに考えながらいくつか作ってみました。見て下さい。

帽子の群れです

帽子の群れです

帽子を編むときに一番考えたのが、目の種類。表編みが一番早く進みます。でも、ゴム編みだと伸縮性もあるし、その分重なっている部分ももしかして多くて暖かいのではないかと考えました。それに、耳にあたる部分は2重にしたほうが絶対に暖かい、と考えたのですが、16インチの輪針は持つところが短くて私の大きい手のひらにはとにかく使いにくい。グリップがないんですよ。測ってみたら9センチしか竹の針の部分がありません。これでちょっと太めの糸を編むのはきつい。特にゴム編み。でも、やっぱり2重の方がいい、とゴム編みの部分を折り曲げられるように出来るだけ長くしました。(途中でめげたものもあります。ごめんなさい)

IMG_6015

腹巻きに見えますが違います(笑)。首の周りにピッタリくると暖かいかしらって帽子から進化したものです(違うか)。ゴム編みにしました。これも伸縮性があるという理由から。編むたびに手が痛くなり、もうやめようと思ったのですが、でもね、「暖かいな」と思ってくださる方がいらっしゃったら嬉しい、という一心で続けました。

IMG_6016

これは、数日前に載せたスカーフです。とっても暖かそうでフワフワしています。時間がかかったのが難点。だから一つしか編めませんでした。

IMG_6017

カウルたちです。どうかなと思ったのですが、2じゅうに首に巻いたら暖かいし。。。 このカウルについては自分では「?」があります。首の周りにぴったりしなかったら暖かくないかしらとか。でも、暖かい場所では1重にして体の前に垂らしておいてもらえらばなくしませんよね。

IMG_6013

これはHowlcat、かわいいでしょう? 違う太さの糸で2重に編んでいます。だからすごく暖かい。とここまで書いて、今私が暮らしている場所の寒さに比べたら日本は(場所によりますが)暖かい。。。今の気温はマイナス6度です。暑すぎるかしら? どうしよう?

裏返したところ

裏返したところ

段染め毛糸もよし、セルフストライプの毛糸もよし、なんでも使って試してみると楽しいパターンです。

IMG_6018

とまぁ、こんな感じです。今回、こういう機会をもらってよかったな、と本当に感謝しています。糸の事、編み方、目数など、いろいろ考えさせられました。あれこれ試してそれも楽しい経験になりました。ちょっとお休みして、ゆっくり自分のものでも編もうかと思います。でもね、手袋を全く編んでいないことに気がついてこれから慌てて作り目をしようかとも考えています。でも、季節ものなので、とにかく明日、一箱送ります。ホームレスの方たちの手に早く届くことをお祈りしております。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ここまで寒いと編み物会への足も鈍ります

今日の昼間の最高気温はマイナス6度でした。昨日の明け方にちょっと降った雪はそのまま地面にはりついています。気温が低いので全くとけずにそのままなんです。道路もちょっと水が溜まったところは凍っています。

昨日、いつもと違う場所で編み物会がありました。その連絡のメールにこんな一行が付いていました。

「寒いお店だからいつもより一枚多く着てくるように」と。

アメリカの家は建て付けがあまり良くなく、さらに古い建物だと断熱材もあまり入っていないために暖房がついていてもなかなか暖まりません。しかも、この気温ですからよけいです。

あちらこちらから編み物会への参加の尻込みのメールが飛び交いました。

「風邪を引くのが嫌だから」というのが一番の理由でした。インフルエンザなどにかかったら大変、特に高齢の方はそうおもわれるのdしょう。また、
「空が灰色で気分が晴れないから行かない」
「一応行くけれど、気温によったら早く帰る」という人もいました。

来週の月曜日にも編み物会があるのですが、日曜日の夜から月曜日の朝にかけて氷が降るかもしれないと予報が出ています。氷が降ると道路が凍結してとても危険になるのでそんな日は私は家から出ません。自分の車は四駆でも、他の人の車が滑ってきてぶつけられないとも限りません。

セントルイスではありませんが、大雪の日に坂を上ろうとした道路がずるずる滑ってきたり、また、坂の途中で怖くなったのかそこに止まってしまった車がいて後続の車が大変迷惑した経験がありますから、ついつい億劫になり家にこもってしまうのです。

でもね、そんな日が続くと、みんな「早く、編み物会に行きたいわ。もうこれ以上家にいなくてはならなかったら我慢ができない!」なんていうメールも回り始めるんです。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

氷点下5度。これはカウル日和、かな?

今日は朝からみぞれ交じりの天気となり、朝11時の気温は氷点下5度でした。予報ではこのままあまり気温が上がらないといわれ、気持ちも寒く、太陽も顔を見せてくれないし風も強くていよいよ始まった(ちょっと遅いですね)冬を感じた1日でした。

こんな日は買い物にも出かけたくなく、1日編み物でもできたら良いのですが、そうは問屋がおろしません。マフィンが自分の餌が入った大ぶりのタッパウェアを見て情けない顔をしています。それもそのはず、残り少ない。。。今夜の分を食べてしまったら明日の朝のご飯がない。。。 「私はひもじい思いをするのかしら?」というマフィンの顔に負けました。それで仕方なくスーパーまで出かけたのでした。道路もところどころ凍っていて微かに車が滑っているのをかんじましたよ。

昨日とちゅうまで編んだ帽子のはずだったカウルが完成しました。とても暖かそうなので気に入ってます。同じパターンでもう1枚編み始めてしまいました。同じ毛糸なので作り目も同じ112目。5目表目2目裏目のゴム編みでずっと編みます。あと2、3センチで終わりそうです。

昨日のものとお隣に並べてみました

昨日のものとお隣に並べてみました

昨日、間違えちゃったという記事を載せましたよね。一応、裾(?)の部分をうらっ返しにしてしてみました。ほら、ダメでしょう?やっぱり表と裏が逆じゃないといけなかったんです。

photo 2

いずれにしても、この毛糸は2重にするには少し太すぎたかもしれません。もう少し細い糸でがんばります。今日中に、この黒系のカウルを仕上げてそれからです。でも、黒の毛糸は夜は編みにくくていけません。電気をすごく明るくしないとよく見えないんです。これ、やっぱり老眼のせいかした?

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Welty を編み終えました。

Stephen WestさんのWeltyを編み終えました。私にしては超特急の1週間での作業。

IMG_7366

このパターンは増やし目あり、掛け目あり、ガーター編みあり,かのこ編みあり、色を変えることあり、i-cord bindingあり,weltありの盛りだくさんのパターンです。あ〜,疲れた.

IMG_2290

スモールのサイズを編み終えたときにひどく悩みました。だって,目数が約1.5倍に増えるのですもの。それをかのこ編みしたりweltをつくリーのi-cord bindingをしーのはどうしても2の足を踏みました。でもね,ここまでがんばったのだからスモールにしたらぜったいにあとで後悔するだろうなぁと心を決めてラージサイズに挑戦。しかし途中で何度後悔したことか。

しかし,でき上がって羽織ってみたら「やっぱりラージでよかった...」小さいショールが肩の上にちょこんとのるのはあまり好きではありません。それと,このショールは深さがあまりないんです。だから,がんばるしかなかった...

IMG_7374

今日のシカゴは午後から風も吹き出し,気温が15度くらいでした。だから,このショールがもう活躍してしまったんです。なんという! まだ8月だというのに毛のショールを羽織りたい気温とは驚きです。観光客と思われる方達も驚いたのでしょう。シカゴという名のついたトレーナーやらウィンドブレーカーやら着込んでいましたよ。

IMG_7392

三日月型のショールで,先の方がクルッとカールするのがとっても可愛いです。色、毛糸の素材を変えるときっともっと表情が違うショールができそうですが,まだ,もう一枚作りたい,という気にはなっていません。だって疲れたんですもの。

IMG_7393

私が必死に最後の始末をしているときに主人はせっかくシカゴにいるというのに文句も言わずにマフィンを連れて散歩に出てくれました。私がゆっくりと仕上げをできるようにと。主人の協力がなかったらまだ,今頃も糸の始末をしていたかも。それに,中途半端で出かけて寒かったらぶーぶー文句を言っていたに違いありません。

IMG_2303

Ninaにも見せてきました。彼女はさっそくお店のトーソに飾って写真を撮ってくれました。彼女とおしゃべりをしている間に入っていたらしたお客さんにも「ステキね」とほめていただきました。あ〜,がんばりがいがあったというものです。今日はとりあえず編み物はお休みにしてゆっくりします。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

マイナス15度のセントルイスから明けましておめでとうございます。

今年は極寒らしく、昼間も0度を超えず、夜はマイナス15度までさがるそうです。普段からこのような寒さに慣れていないのでブルブルしてしまいます。昨日雪が降ったために道路はぐちゃぐちゃ。除雪車も来たし、大量の塩も撒かれたので昼間は問題なかった道路も夜は再度凍結しているんために、ツルツルしている場所があちらこちらにあるようです。除雪車が来ても、右折レーンなどは氷がシャリシャリしていて4輪駆動の私の車もお尻をふりました。

さて、あまりに寒すぎて頭がぼーっとしてしまいあまり編む気にもならないのですがそうはいっても、何もせずにぼーっとしているのは苦手なので針をとりました。そして気がついたのが、あ、毛糸をまかなくちゃ。

しかし、毛糸巻き器はひどく寒い部屋に置いてあります。3方向がほとんど窓なので寒い。暖房は一応入りますが、それでも寒い。でも、巻かないと先に進めないし、と意を決して毛糸を3かせ持って入りました。

クルクルとハンドルを回していたら隣の家のワンコがドアから出てきました。用を足しに出たのでしょう。そうはいっても、極寒です。長い間外にいたら足の裏が凍傷になりそうな寒さです。すぐにドアの前に戻ってきた彼は「ワン!」と吠えましたがドアが開く気配がしません。自分の毛糸よりもそっちの方が気になって気になって。2、3分経ってからドアが開き、彼は無事に家の中に入っていきました。あ〜、よかった。忘れ去られていたらどうしよう、と心配してしまったんです。

それより、私の毛糸。巻き器が小さいこと。それから巻いていた毛糸の長さが長かったこと(約500メートルあります)の両方が原因で、巻ききれずに巻き器の下の部分に巻き付いてこんぐらがってしまいました。さっさと巻いて暖かい部屋の方に移動したかったのに、涙をのみながら毛糸のもつれをほどいたのでありました。

今年もたくさんのものを編んでいきたいと思います。ぜひ、遊びにいらしてくださいね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ