緑が入った帽子ができあがり

「緑が入っているのがいい」というリクエストに答えて作った帽子。残り糸を使ったものだから3色になってしまいました。サイズが合うかどうかはお楽しみ。

img_3612

黄色く見える部分は黄緑です。ここが2重なのがいいという重ねてのリクエストだったので黄緑の部分を約10センチ編みました。そこから、緑と紺を交互に約9センチ。そこから頭頂部分を減らしていきました。112目作り目したので14目で割り切れます。12目編んで2目一度をぐるっとしてそれが頭頂部。

img_3614

折り返すとこんな感じになりました。減らし目の方法はいろいろあります。今回のように約数を探して減らしていくもの。また、作り目を4で割って、えーと私の場合だと112目ですから28目ごとに目数リングをつけます。そして目数リングの左側(右側でもいいですよ)2目一度をして1段で4目減らしていくという方法、また、同じように4カ所目数リングをつけて、その右側で右上2目一度、左側で左上2目一度をする方法。これだと1段で8目ずつ減りますね。

これが一般的な減らし目でしょうか。

私がずっと前に編んだ、Jared Flood の Turn a Squareは4カ所で1目ずつ減らしていきます。久しぶりに編もうかしら、と思いました。

なんだかここのところ帽子付いています。簡単に編めるのがいいのかも。それと残してしまってあった糸を使い切るのにも帽子はちょうどいいんです。もう一つの帽子ももう少しできあがりそう。できたら写真を撮ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

少し長くしたカウル、そして大きすぎたプルオーバー

IMG_1748

アルパカとモヘアの2本どりで編んだBurburry Inspired Cowl が出来上がりました。毛糸を使い切りたかったので長くなりました。首に2重に巻くのには少し短いようです。でも、使っているうちに伸びてなんとかなるのではないかと淡い期待を持っています。

そして、昨日かな? 写真に載せた赤いプルオーバー。少し大きすぎたようです。思い切ってほどきましたよ。目がゆるくなっている部分があったのも引き金になりました。あまり目がゆるいとだらしない感じがしますものね。ましてや気に入っている糸ですもの、このままお蔵入りにはできません。涙を飲んでほどきました。

後ろと前の模様を見ながら自分は今何段目にいるのだろうと、ワークシートとにらめっこ。それを見極めたらまた編出すつもりです。あ〜、どうしてもっと早くに気がつかなかったんだろう。ゆるいかなぁとは思ったりもしたんですよ。でも根拠もなしに自分に「大丈夫」と言いました。今回は少しきつめにがんばって編みます。

針によってもゲージが変わりますよね。滑りやすすぎる針だとゆるくなりがち。少しはグリップがある針の方を私は好みます。クローバーの「匠」の針、滑りすぎることなくグリップが程よくあって好きなんですが、コードの部分がね、硬くて融通性にかけると思いません?

さて、編みなおしに取りかからなくては。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

カウル完成間近、あ、糸の始末!

先日編んでいた残り毛糸で作ったカウル、完成しました。ショールにしようか悩んでいたけれど、結局カウルとなりました。

輪編みで編んでいき、最初と最後の部分をはいだのは良いのですが、約半周はいだところで

「え、もしかして、このままはいで行ったら裏側の糸の切れ端はみんな筒の中に入ってしまうから始末ができないじゃない!」

とあわててはぐのを一時中断。すぐさま、ウラッ返しにして糸の始末をしました。何と言っても残り毛糸で色々な糸を使っているものですから糸の始末にも時間がかかります。しかも、Wollmeise のPureはよりが硬いので糸の中に始末した端っこをもぐらすのに凄く苦労するんです。しかも色が濃いときているからよく見えないし。ブツブツ文句を言いながらやっとそれも終わり、はぐ作業にもどりました。

今度は、最後でどちらかの目が余らないかがだんだん心配になってきました。数えながら、もしダメそうなら途中で適当にごまかしながらがんばりました。やっと完成。イェーイ。久しぶりです。嬉しかったの。

わざとねじってはぎ合わせました

わざとねじってはぎ合わせました

今、ブロックしています。あまり伸びても困るので水につけてリラックスさせて優しく干すくらいにしようと思います。レースのパターンの部分があってもそれよりも色で楽しんだカウルなので、いいんです。あ、うれしい!

応援してくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

色が増えるともっとステキ

この間から編んでいたサンプラーのカウル(スカーフになるかもしれませんが)の色がまた増えました。これがまた楽しい!

とっても気に入ってしまいました。まだまだ先は長いのですが。

とっても気に入ってしまいました。まだまだ先は長いのですが。

段染めなのでシンプルに表編みだけにしようと思っていたピンクの部分も、だんだんに飽きてきてしまい、模様を入れました。模様の名前はHorseshoe.

IMG_0358

そして、次は2段ごとのストライプ。同じような色なのであまり目立たないかもしれません。強いコントラストの2色でしようかと最初は思ったんです。でも、なんとなくこの2色になってしまいました。残りの長さもほとんど変わらなかったのでどちらもムダにしなくてよかったと思います。

単色のラベンダーは’Imagine When’を作った残り。もう一つの段染めはうーん、何を編んだのだったかしら? 覚えていません。

IMG_0359

そして、今編んでいるのがこれ。近所のアルパカ農場で買ってきた糸です。おそらく農場の人が紡いだと思えるような太さのバラバラが気にならないこともないんですが、それはそれでこの糸の面白さとも言えるでしょう。模様の名前はFir Cone いくつかカセを買ってきてあってボールに巻いてあったのを見つけたので使いました。

IMG_0360

この辺りでカウルにするかショールにするか決めなくてはいけません。今はカウルに傾いているんです。2重に巻けるくらいの長さがあるカウル。それなら1重で胸の前に垂らしてもこの色使いなら面白いと思いません? この次にどの色を持ってくるかも悩みどころ。いや、悩んじゃいけない。目をつむってバスケットの中に手を入れるんだった。そうはいっても、好みの色とか組み合わせが頭の中をかすめて100%チャレンジするというのはむずかしそうです。

レースのパターンの本を1冊持っているとこのように色々なパターンを組み合わせたり楽しめますよ。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

あまった毛糸にもいろいろ思い出があります。

もう少しあまり毛糸があったと思ったのに意外とないんですよ。どうしてだろう? 探していない時にはあちらこちらで手を振っているというのに。

まとめてバスケットに入れました。

もう10年くらい前に買ったバスケットですが、気に入っているんです。

もう10年くらい前に買ったバスケットですが、気に入っているんです。

一応フィンガリングの毛糸を選んだつもりですが、太さが微妙に違います。でも、そんなことは気にしないんです。

IMG_0346

一番左の毛糸は何かを編み始めたものの気に入らずほどいたもの。ちょっとクルクルしていたので編みにくかったですね。Malabrigo のsock yarn。 2番目の毛糸は長男にソックスを編んだ毛糸。いったい履いているのやらどうかしら? 柄の途中で糸がなくなってしまったので同型の糸で編み続けました。この糸は乳がんの宣告を受けた友人に編んだショールの残りです。どちらもwollmeiseの pureですね。その次の毛糸がなんだか覚えていないんです。一体何を編んだのでしょう?

色が微妙に変わっているでしょう?

色が微妙に変わっているでしょう?

そして、今編んでいる毛糸は、フィンガレスミットを編んだ残り。koiguの kkkpmです。この糸のように段染めの糸はただ単に表編み。それだけで表情が出ます。そして、単色の糸は適当にレースのパターンを編もうと思っています。グリーンのところはfalling leaves というパターン。10目の繰り返しです。次に単色の部分はまた別のレースのパターンを感あげます。

ちょっと暗いです。

ちょっと暗いです。

この糸がなくなるまで表編みで編んで、それからまたバスケットの中に手を入れて適当に糸を拾い上げます。あったと思っていた糸がないのがちょっと誤算。色のバラエティーがもっとあったほうが楽しいんですもの。

でも、こうして編んでいると楽しいですよ。糸は無駄にならないし、いろいろな色と合わせることで新しい発見もあります。最後に決めなくてはならないことはカウルにするかショールにするかなんです。もう少し編んでみてまた考えます。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

片付けしてたら残り毛糸が山に出てきました

今日は12月31日。午前中は家の片付けにがんばりました。使っていない毛糸をあちらこちらに分別しニコニコしているときは良かったのですが、残り毛糸をまとめたビニール袋が数箇所から出てきた、「あらまぁ」

すっかり忘れていました、彼らの存在を。何かを編めば毛糸が残るのは当然の事。それを捨てるなんてとてもできませんから、一つの場所にまとめていたんです。それを忘れて次の袋を別の場所において、また、別の袋を他の部屋において、とこういうことをしていたのですね。我ながらなんという。。。

でも、いろいろな色を見ていたら新しいプロジェクトのイメージも湧いてきます。新しい糸を買わずに残り糸で何かステキアンものを作れたらそれは嬉しいことです。同じような太さの糸がたくさんあるんですよ。フィンガリング、ソックス用の毛糸が何と言っても大部分を占めています。さっきの「あらまぁ」が「あら嬉しい」に変わりました。

こちらの時間の9時から紅白歌合戦をテレビジャパンが放映してくれています。それにしてもなんだから大勢の人がステージにいてとっても混んでいます。どうして、あんなに群れを組んでいるのか不思議です。一人で歌って勝負すればいいのに。いや、もしかしたらそういう時代ではないのでしょうか? 時代は変わっていくものです。。。チャンネルをローカル局に戻しました。

話を戻しましょう。これらの残り糸たちを一つのバスケットに入れました。これなら忘れ去ることはありません。いろいろな色がまるで絵の具のパレットのように顔を出しています。新年のプロジェクトはカラフルなものから始めましょうか、それとも編み込み? いろいろと期待は膨らんできます。また、2015年も編み物をたくさん楽しめる年になりそうです。

あと、3時間ちょっとで新年を迎えます。本年は皆様に読んでいただいてとっても嬉しかったです。来年も、今年に負けないように興味深い記事を書いてまいりますのでまた、よろしくお願いいたします。
2015年が皆様にとって素晴らしい1年になりますようお祈り申し上げます。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

本当は残り毛糸を使うつもりだったのに...

パターンが出たときその写真を見た私は全然魅力を感じませんでした。そのまますっかり忘れていたのに,あるとき,友人が、

「ね,このパターン見て。Stephen WestのVertices Uniteページの写真だとあまりステキだと思わないけれど,色の使い方によってはこんなにステキになるのよね」

どれどれ...とそのページを見ると、とってもステキ! じゃ,他の人はどんな色を使っているのかしら? と見ていくと何と想像していたよりもずっと作りたいと思わせる写真がたくさん載っています。

「それに,これ、残り毛糸でできるみたいよ」ますます魅力的。Madelinetosh Merino Lightの残り毛糸がたくさんあるので,それを使えるパターンとなると嬉しいことこの上ありません

パターンを購入するとサイズが2つ作れるようです。私は背が高いので大きい方のサイズが作りたい...となると残り毛糸じゃ足りないじゃない! 新しい毛糸を巻かなくちゃ... いや,これはやめておいた方がいいかしら。でも,おもしろそう。と自問自答。

誘惑には勝てずにすぐにでも編み始めたかったのですが色を選ぶのに悩みましたよ。

これでいってみます

これでいってみます

編み始める前とその色を使い終わったあとの重さを量り,今度こそ残った毛糸で同じパターンの小さいサイズを作って残り毛糸を減らすぞ! と勢いはよいのですが,帽子も編まなくちゃいけないし,きっと他に編みたいものが出てくるからまた,残り毛糸のボールの山が増えていくのだろうと思います。いっそのこと,大きいガラスのビンでも買ってきれいな色の毛糸を入れてインテリアに使おうかしら。

まずはこの2色でストライプ

まずはこの2色でストライプ

途中で色を変えることも可能ですし,5色ではなく残っている毛糸を上手に使ったっていいんですよね。ピンクのところに黄色を入れたかったのですが,黄色がなくて,だからといって買いに行ったら残り毛糸を使うどころか毛糸の数は減らないからこれだけはやめることにしたんです。:)

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ