簡単なカウルのパターン、これ、有料?

Ravelry もかなり飽和状態ではないかと思うこの頃です。似たようなパターンがちらほらあちらこちらで見え隠れしています。こんなにどこでもあるようなカウルのパターンを有料にするなんて!と驚いたりね。

シンプルなパターンでも使う毛糸を変えるだけですごく目新しく見えることも少なくありません。

たとえばです。輪編みにするカウルを例にとりましょう。メリヤス編みを端に持ってくると丸まってしまいます。それが可愛いことももちろんあります。でも、それが好ましくない人はガーターで数段を始めたり、かのこ編みにしたりします。次に数段をメリヤス編み、また数段をガーター編み、この繰り返しをするのは別にパターンとして書くことなくしてもなんとなーく誰でもしてみようと思いますよね。

そこで、使う毛糸を2種類に変えてみる、たとえば一つをモヘアにしてもう一つを太めの糸にする、すると表情があるカウルが出来上がります。また、一つの糸を単色で、もう一つの糸を段染めの糸、もしくは、少しツィードっぽい糸を使うだけでほら、ものすごく見た目が変わります。

このようなパターンも、値段がつけられて売られているのを見ると「ふーん」という気になってしまうんです。

そりゃね、ゲージやら、どれくらいの長さにするから何目作り目するとか、ちょっとかわった伏せ目をするとか、付け足せることは幾つかあります。しかし、自分が使いたいゲージを測って、次に作りたいカウルの円周を決めれば自ずから作り目の数は決まります。数目の差は誤差の範囲でいいでしょう。

糸が足りなくなるかもしれないから、このパターンを使った人はどの糸をどれくらい使ったのかは確かに参考になりますね。途中で糸がなくなったときのドキドキ感はスリルがありすぎます。時として最後が急に目がきつくなっていたりして自分でも笑ってしまいます。ただ、それは他のフリーパターンを参考にすると大体の予測をつけることはできるんです。

それに、一つ編んでみて「これが絶対」という毛糸もサイズもありません。「あら、これもよかったわ」「この糸の太さならこの長さの方がいいかも」「私の身長に、このカウルは短すぎる」など、それぞれの好みに合わせて調整できるのがこれまた楽しいんですからね。

それにしても、「こんな単純なパターン、そして他のデザイナーさんのパターンに酷似しているパターンにお金を払うのはちょっと」と思ってしまうパターンが増えてきているかな、と思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

パターンについていろいろ

先週の編み物会で、ある人が「この間、あなたが編んだ犬用のセーターのパターン、もらえない?」 

「もらえない??」 と思いながらも、いくつか編んでいたので「どのセーター?」と聞くと

「どれでもいいんだけど」 という返事。

「探してみるね」くらいにおさえておきました。すると今日会うなり、

「持ってきてくれた?」

私が編んだパターンの幾つかはお金を払って買ったものですから、それをコピーして渡すわけにはいきません。パターンが欲しいと言ってきた人が親しい人でも、それはしません。というか、親しい人たちはそういうことは言いません。パターンの名前はもちろん交換しますが、有料のパターンの交換に関しては皆、とても律儀なんですよ。デザイナーの人たちにとってとても失礼ですからね。彼らだってデザインして、間違いがないか何回かテスト編みをしているのですから時間がかかっています。それに対しての費用ですから、パターンが欲しかったらそれは自分で買うしかないんですよね。

ですから今日のその人にも、Ravelry で見られる無料パターンの名前を書いて持って行きました。不満そうで、「コピーはないの?」

「ごめん、私はiPadでパターンを見ているから、プリントアウトはないのよ。」これは事実。本当に編みたいのであれば、無料パターンですし、プリントアウトをするくらいはできる人なんです。

私が今日、赤ちゃん用の帽子を編んでいたら、それを見た別の人が「そのパターン、ないの? 欲しいわ」これは糸を買った時にもらった無料のパターンを私は使っていました。別に複雑でもなんでもないパターン。だから、

「72目作り目して、輪にして、編みたい深さまで編んだら、three-needle bind off すればいいのよ。それに72目ででなくてもいいと思う。糸の太さ、作りたい子供の年齢に応じてサイズは自由に変えられるわよ」 と説明したんですけれどねぇ。今頃文句言ってるかも。ま、いいか。

そうそう、473目作り目したショールが出来上がりました。今、ブロックして大きいテーブルの上にピンで抑えているところなので、乾いたら写真を撮りますね。なかなかステキ、💕とニヤニヤしているんですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村