戻ってきた手帳

編み物をしていると本当にいろいろな人と出会い、おしゃべりをする機会に恵まれます。

これも先日、たまたまカフェで出会った女性の話。彼女は旅行中で、近くの毛糸屋さんをまわってきたと、毛糸やパターンが入った袋を見せてくれました。そして、

「聞いてくれる? いい話なのよ。この間、フロリダの毛糸さんで買い物をしたとき家、その後に食事したレストランに、編み物の手帳を忘れてきたの。編んでいるもののパターンの名前や、使っている針の号数、そして、自分で手を加えた部分を書き込みながら、その日あったことを少しだけだけど書いてきた、私の日記みたいなもの。毎日持って歩いているものだから見つからなかったときは大ショック。落ち込んじゃったわ。別の手帳を買ってまた新しく始めたのだけれどね、その手帳の中にたまたま友達の住所がかいてあったものだから、拾ってくれた人が彼女のところにその手帳を送ってくれたの。そして、私の手に戻ってきたというわけ。編み物をしない人だったら中を見たってまるで暗号が並んでいるようにしか見えないだろうから、きっと忘れてきたのは毛糸屋さんだったのね。私の電話番号も名前も書いてなかったから唯一の手掛かりの友人宅に送るしかなかったのでしょうね。でも感激。わざわざ郵便局まで行って送ってくれたのですもの。その人にお礼をと思ってさっき紅茶を買って来たのよ」

金銭的に価値があるものではないけれど、自分にとってとっても貴重なものってありますよね。それをなくしてしまったら、暗〜い気分になってすごくがっかりしているだろうなぁ。ちょっとした人の親切だと思っても相手の人に与える暖かみってすご〜く大きいのでしょうね。

全く見ず知らずの人でしたけれど、この話を私にしてくれているときの彼女の表情はとっても嬉しそうでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

太い糸、それほど暖かくない?

ソックスを編むのが好きな友人がいます。いえ、好きだったと書かなくてはいけません。ソックスを編みすぎて引き出しの中がソックスだらけになり今は、編むことを止めているからです。

この間、とても暖かそうなソックスをはいていた彼女に、

「あら、暖かそう。いつもと違う?」 と聞いたら

「少し太い糸で編んでみたのよ。太い糸の方が暖かいかしらと思って。でもね、細い糸と比べて思ったより暖かくないのよね。糸が太いから早く編めたのだけどね」

そんなものなのでしょうかね。モコモコした方が暖かそうには見えるから私太い糸で編んだもの好きなんですよ。それからモヘアも入っていてフワフワしていたらもう最高。今も、ちょっと太めの糸とモヘアの2本どりでセーターを編んでいますが、膝の上がとても暖かくて。出来上がるのが楽しみ。と言いながら太めの糸で編んだセーターの中に太めの体が入るとどうなるのだろうとかなり不安。サンクスギビングの前に旅行をしていたのでそのときから食べ始め、今だに食べ続けているものですからどんどん健康優良児のように成長しています。困った。クリスマスに突っ込む前に超ダイエットをしなくてはならないかも。

話がずれました。太い糸、細い糸と一言で言って暖かさは語れません。糸の素材が大切。アルパカ、カシミアなどの糸は触っているだけでほんわかと温かみが伝わってくるから細い糸でも保温性が高いのでしょうね。そうはいってもカシミアならどれでも暖かいというのでしょうかねぇ。こちらで売っているカシミア100%のセーターとかって日にかざすと向こう側が透き通って見えますからね、あれじゃ、暖かいとはどうも考えられません。それとどれだけ目を細かく編むかというのも関係します。ふわっと大きい針で編むと柔らかくて素敵ですが風通しが良すぎるのは困ります。ショールなら2重に巻いたりすれば保温性がアップするでしょうがセーターでは寒いかも。

あと、思うのですが動物たちのどこの部分の毛なのかということも影響するのではないかなぁと。

今編んでいるセーターはまるで真夏の太陽のような色。(笑) 写真を撮りましたが、輪針で編んでいるせいか丸いだけでよく見えないのでここにはのせません。その代わりというわけではありませんが、シカゴのクリスマスの様子の写真をのせますね。

IMG_1297

IMG_1293

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

inspira cowl 完成しました。

できあがりました

できあがりました

inspira cowl が完成しました。これは、広く作って最後の方で目数を減らせば、今はやりのポンチョのようにして着ることもできます。カウルのままでももちろんとてもステキですけれど。大きいカウルにして、寒かったら方まで引っぱって下ろすというアイデアもありますよね。

平においた状態とは全然違いますよね。やはり3次元になると動きが出ます

平においた状態とは全然違いますよね。やはり3次元になると動きが出ます

「くれよん」はいろいろな配色があるので、どの場所に何色が出てくるかはわかりません。それがすごく楽しみで、残り毛糸を見ながら、早く次の色に移っていかないかしらとちょっとイライラしたり、きれいなグラデーションが見えると、とっても嬉しくなったりと、編んでいる間も退屈はしません、といいたいところだけれど、やはり、毛糸を交互に変えながら裏編みが入るのは面倒くさかったです。普通にメリヤス編みするのに比べて編めるスピードがグンと落ちました。

カウルの上下を逆にしてみました。ピンクが下に行っています

カウルの上下を逆にしてみました。ピンクが下に行っています

暖かさは抜群。木目のブローチ、ピンなどで首元にアクセントを持たせたらファッション性もグンとあがります。
使った毛糸はベースにはBerroco の「Lustra Louvre」1玉、そして、コントラストカラーに、野呂栄作さんの「くれよん」を3色(残り物)、使いました。Berroco の「Lustra Louvre」はすべすべした光沢がある毛糸ですが、毛糸の中に針を差し込んでしまうことが多々ありました。100gで180メートルです。光沢があるのはテンセルが50%入っているからでしょうね。編みやすい毛糸ですが、セーターを編むのにはおそらく使わないと思います。Berroco の「Lustra Louvre」がなくなるまで編みました。

「世界の編み物」を枕にして、次に編むパターンを練っているマフィンです

「世界の編み物」を枕にして、次に編むパターンを練っているマフィンです

さっそく、作りとちゅうのロピーセータの袖に取りかかりました。進みが早いですよ。このセーターは。ただ、明日の編み物の集まりに持っていて編むのは重いし、場所を取るので、そこで何を編むかも考えなくてはならないんです。また、サイズを変えてinspira cowlを編んでもいいんですけれどね。どうしようかなぁ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

針の太さを変えるとこれだけ違う

同じ毛糸を違うサイズの針で編んでみました。サイズ1(2.25mm)とサイズ2(2.75mm)を使いました。

ピンクのソックスが2号針、青いソックスが1号針です。見るからにサイズが異なりますよね。

毛糸はClassic Elite Alpaca Soxです。帯を見るとサイズ2号のゲージが書かれています(ちなみに10センチを32目です)私もサイズ2で編み出したのですが、どうも出来上がりのソックスがゆるゆるしてしまいました。主人のために編んでいたのですが、脱げてしまわないことを願います。アルパカ100%の毛糸です。柔らかくてとにかく暖かい。

ジーンズをめくり上げてもらいました。染めがおもしろい感じの毛糸です。

彼には既にソックスを3足編んでいるのですが、「もったいない」とかいってなかなかはいてくれないんですよ。「破けたら大変だ」とかね。その気持ちはありがたいのですが、はくために編んでいるので、ぜひはいていただきたい、と常々思っております。ハイ.

毛糸のソックスって本当に暖かいんですよ。これは、はいてみないとわかりませんよ〜

同じ目数56で、今度は青いソックスを1号針で編みました。サイズが一つ違って5ミリも変わるのですから、出来上がりのサイズに差ができて当然ですよね。それに、ピンクの毛糸での経験があったので、きつめに編みました。だから、形はしっかり出来上がり私はニコニコしています。あまりきつめで血流が悪くなってしまったら困りますけれどね。

模様はそれほどつけませんでした。5目表x2目(裏)のリブです。いろいろなソックスを編みましたが、足にしっくりくるソックスができ上がる可能性はそうですねぇ 40%くらいかな。滑り落ちてきたり、甲の部分が緩すぎたり、何ていうか、ぴったりのソックスが作り上げるのはむずかしい。。。 毛糸はもちろん、針のサイズ、模様、いろいろな要素が絡まりますから、その中の何か一つを違うもので編んでみると出来上がりは変わってきます。ゲージが同じだからといって同じようなソックスができ上がるとは限らない。。。 奥が深いなぁ。

これからの季節、毛糸のソックスは足だけでなく心も温めてくれます。ぜひ、1足、ぽかぽかした気持ちとともにご両親、おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしてください。私からのお願いでーす。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村