なぜ日本語ではいけないのでしょう?

パトカーが走っていました。横にPatrol Car と書かれ、⚪️⚪️Police とこれまた英語。

どうして? ここは日本であるのになぜ、日本語で書かないのでしょう? ⚪️⚪️警察 と書かない理由は一体何? それほど英語で書くことに価値を見出しているならまず、日本語で書いておき、その下に英語で書けば良いものを。

英語で書くことを優先する気持ちの裏にはどういう心があるのでしょうか?

1)英語ができることが必要だから<ーそれなら日本語を先に書いてから書けばいい

2)英語で書くほうが格好いい?<ーいやいや、それはないでしょう。どちらのほうが格が上とか下とかそういう問題ではありませんし

3)英語で書くことを上のほうから求められている?<ー一体誰が? 何を考えているのやら

日本語というれっきとした言語がありながら英語を使いたがるのはまるで日本を使うことを卑下しているようにすら思える時があります。

どっちだっていいじゃない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。自分の国の言葉はもっと大切にしないといけないから。言葉に対してもっと敏感である必要を感じなくてはならないから。自分の国の伝統、習慣よりも他の国の習慣を大切にするのであればその国に住めば良いと極端に言ってしまえばそういうことになりますよね。日本の外に出て暮らしてみて始めて自分の国がどういう国であるのか、どこが違って何が大切なのかが見えてくるからです。旅行ではちと短すぎます。

旅行は日程が限られていますし、目につくのは良いところやら綺麗なところばかり。実際に生活してみるともっともっと深い部分が見えてきます。

お友達の家に遊びに行ってそこがうらやましいからといってそこのお家の真似ばかりしますか? それでは自分のお家の持っている独自の良さは失われます。

やたらにカタカナで名前をつけるのをそろそろやめて日本語の美しさを日本国民自身が感じ取れなくてはいけないのにとても残念です。

 

広告

すぐに「訪日客」のためにという人々

外国人旅行客のために という文句を最近ひどく多く聞いたり見たりします。

いつも思うのが「え?私たち、日本人のためにということはないのですか?」

他の国に行って「わかりにくい」「理解しにくい」「むずかしい」というのは当然のこと。

それを一つの旅の楽しみとすれば良いわけで、なんでもかんでも他の人たちがわかりやすくするなんてしょせん無理だし、必要がない! と私は憤ってしまいます。

私は質問したいです。こういうルールやら、考えを前に押し出す方に

「アメリカ旅行して、レンタカーの使い方とか日本でのわかりやすさをアメリカに求めますか?」

「英語ばかりの表示じゃわからないから日本語の表示にしてほしい」と日本語でがんばれますか?

語学はこの場合ちょっと考えないとしても、上のようなことを聞きますか? しないでしょう? だって「郷に入れば郷に従え」ですもの。

一つ経験談を。京都駅で頭から湯気を出して怒っているアメリカ人の男性二人。言葉は汚いし、駅員さんに対して暴言を吐いていました。おそらく、駅員さんがわからないと思ったのでしょう。ひどく腹がたってので

「あなたたちの言葉は恥ずかしくて聞いてられない。失礼な言葉は謹んで」と怒ったら、一人の男性は非常にムッとして離れて行きましたが、もう一人は下を向いてしまったんです。

事情を聞いたら彼らが持っているチケットが新幹線ひかりはいつでも乗れるけれどのぞみ号は乗れないチケットだったんです。たまたま京都で時間があまってしまい目的地の北海道に早く到着したいからのぞみ号に乗りたいと駅員さんに行ったら1万5000円くらい余計に支払ってくださいと言われたことに腹を立てたそう。

そこを説明して支払いたくなかったら最初からの予定のままで旅行すれば別料金を支払わなくていいことを説明し、不服そうな男性を説得しました。言わずもがなのことでしたが

「誰も聞いていないと思ってあんな恥ずかしい言葉を駅員さんにぶつけたことをお母さんに言えるの?」

意外とアメリカ人男性、お母さんに弱いんですよね。「ごめん。つい興奮してしまって」という返事。もう2度とあんなことしないでくれたらいいと思いました。

だいたい、アメリカで電車に乗ろうとしたって全然アナウンスだってないし、電車に乗ったことがないアメリカ人すらうろうろしてしまうのに文句を言っている人あまり見ませんよ。仕方がないんですよ。知らない土地に行ってわからないことがあるのは自然なのですもの

パターンと本を買って来ました

あ〜、疲れた。という言葉が一番に出て来ます。しかし、子供の頃から遊びに行って「疲れた」という言葉を言うのは何事だときつく叱られて育って来てますから、大声で言えません。しかし、やっぱり疲れました。

毛糸屋さん3軒に行って、おいしいものを食べて来たのですから疲れてなんかいてはいけないんです。

何を買って来たのかしら、とスーツケースをのぞいてみたら、毛糸は少し。あとはパターンと本がたくさん出て来ました。サンプルが飾られていると「これを作ろう」と思い、じゃ、パターンを買って行こうとなりますし、ポートランドには大きい本屋さんがあるものですから、ついつい本を買ってしまうんですよ。

Powell’s という本屋さんは入ると店の地図があるくらいのサイズで(日本では大きい本屋さんもありますから驚かないかもしれませんが、アマゾンが台頭しているアメリカではこういう本屋さんはほとんど見なくなりました)所狭しといろいろな本が並んでいるんです。

小説を4冊と編み物の本を1冊買って来ました。読むのが楽しみです。

パターンはカーディガンが1つ、ショールが一つ、ポンチョが一つ。欲しかった帽子のパターンは手に入りませんでした。これから家にある毛糸とにらめっこしてどれを使うか決めます。

「今度はどこに行こうか」と帰りの車の中はそんな話が出て来ました。一緒に行った人たちは編み物仲間。しかし、私は彼女たちと知り合ってまだ半年くらい。週に1、2回数時間、編むだけですからそれほどどういう人かも知らない人たちばかりなんです。でも、みんな、大人ですし、わがままを言わないし、それぞれの自由を許すし、融通がきくところがいいのでしょうね。

運転してくれた人にはガソリン代、ホテルでの駐車場代などを含めて他の人がそれぞれ50ドル出すことになりました。私はどうも現金を裸で手渡すのが気がひけるのですが、他の人たちが車から降りるときに「じゃ、これね」といって50ドル手渡しているのに「次に会う時まで待って」と行って、ちゃんと袋に入れてというわけにはいきませんから、仕方なく、「ごめん、個人的にはこうして現金を渡すのは気がひけるのだけれど」というと、彼女はその辺わかっていて「日本人の人はそうよね。でも、私たちはアメリカ人だから気にしないわ」ということでした。

これから、お茶でも飲んでゆっくりします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

体の大きさによってサイズを変える

どうしてもアメリカのパターンを使うことが多くなります。しかし、体が大きいアメリカ人のためのワンサイズのものを日本人の体型に合わそうとするのはなかなか難しいんです。アメリカ人だって体型はさまざまですからね。苦労している人、少なくないとは思います。

糸を細くしたり、針を小さい号数で編むのが一番の方法です。それで大抵の場合、ごまかしてきたものの、今回編んでみた Outlier というパターンは少し手こずりました。というのは日本人の中でも小柄の人のために編んでいるからなんです。そして、このOutlier、すごく太い糸を使い、ザクザク編みます。ゆるゆる編むとダラダラと体の前で伸びてしまいそう。さらに、肩幅がない人が着たらこう、ひどくバランスが悪くまるで借り物のポンチョになりかねません。

うーん、と悩み、とにかく細い糸と針、しかし、細すぎたらこのパターンの魅力が失われます。パターンでは10センチ10目という毛糸を使っているので、私は10センチ14目の糸を選び、針も9ミリから5ミリに落としました。

体をまとう部分は目数は変更せずに編み続け、しかし、片側がやけに短くなりそうだったので、その部分の段数を増やし、さらに、首の周りに近づくにつれて細すぎないように減らし目も調整しました。最終的に出来上がったものは、今乾かしているところ。水気がまだまだ取れていないのであまり綺麗な写真ではありませんが。。。

img_3639

横半分に折ると、台形になり、首の周りが28センチ、(もう少し細くしてもよかったかな) 台形の高さにあたる部分が22センチ、そして足にあたる部分が40センチとなりました。小柄な人にはちょうど良いくらいのサイズに収まったのでホッとしました。

img_3640

もう少し良い写真だと良かったんですけれどね。水から出したばかりなので。。ごめんなさい。

写真をRavelry で見ていただくとわかりますが、非常にアンバランスな素敵なポンチョというか、カウルというかなんですよね。とにかく、一つ作ってみることで構成が理解できたので、また、少し形を変えながら同じものを編んでみようと思います。糸の太さをもう少し太くしてこれまた全然違う雰囲気になりそうです。色も変えてみよう。

片側の肩が寒くなりそうなので、長い部分を体の前に持ってきた方がいいのかしらとか、着方もこれまた悩みますよね。作った友人は、寒い朝とかにとても便利なのよ、と言っていましたから、片方の肩がそんなに寒いとか、ないのかもしれませんね。私は寒がりなのでそう思うのかなぁ。

あまり太い糸がないんですよ。2本引っ張るという手もある、とか色々と考えて楽しんでいます。

そうそう、このパターンガーター編み、メリヤス編み、引き返し編みが練習できるパターンかもしれませんよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

読解力と注意力が要求される、かな?

アメリカ人だからといって英語のパターンを読むのに苦労しないなんてことはありません。母国語だって書かれ方やら表現方法で「?」と思ったり間違えること少なくないんです。理解不可能に陥る人も見かけます。

読解力がないのかしら? と思われます。それと忍耐力と注意力。

「注意して読めばここに書いてあるじゃない。」とか、
「もう少し先までがんばって読んでみたらここの編み方がわかったと思うよ」なんてつい言ってしまいます。

まっすぐ編むものならそういうことはないのでしょうが、三角形のショール、そして身に付けるものとなったらますますです。

「自分でちょっとだけでも考えてみたら?」と言いたくなることもあるようなないような。

前回のカーディガンの話に戻ってしまいますが、同じパターンを作った人でも体型、目のゆるさ、そして好みによってコメントがかなり異なっているので、人々が書いたものをそのまま信用するのもまずいかなとも思います。もちろん参考にしてそこから自分がどういうものを作りたいのかということでいろいろ調整をするんです。だから、全く体型の違う人に「あなたはどう変えたの?」と言われても返事に困ります。

それに毛糸が水を通した後にどういう変化を遂げるかも大きな要素の一つですよね。

tea leaves Cardigan を数年前に作りました。使った糸はMadelinetosh DK 水を通したらひどく伸びてしまったので、もう一度水に通して伸びないように乾かしました。それでも、ちょっとだらっとした感じが否めません。柔らかくてすごく好きな糸なのですよ。でも、このパターンには合わなかったように思います。アメリカ人の体型と日本人の体型の差もあるかもしれません。

ウエストの周りがどうしても厚みがあるために、そのあたりをいかにカバーしながらきつくしすぎないか、これは大きな課題です。着るものを編む人は誰でも悩んだことが一度や二度はあると思います。気に入った毛糸を使えば糸がどういう変化を遂げるかとかわかっているので「え〜!」という驚きはないにしても、いつも同じ毛糸じゃつまらないですよね。冒険したいけれど、出来上がりが不安、そんなところでしょうか。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Banana Leaf Shawlを編みます!

Banana Leaf Shawl,名前も可愛いし,見た感じもとってもステキ.それに日本人の方のデザインですから応援しなくちゃ! とパターンを購入してさっそく作り目をしました。毛糸はStitches Midwestで買ったLost City KnitsというショップのTwin Canyon Fingeringです。シルク50%、メリノウール50%。

photo-17

Banana Leaf Shawlというのですから黄色い毛糸の方がいいかしらと思いましたが,この毛糸,早く使いたいという誘惑に勝てませんでした。Banana Leaf というより,ミントチョコレートといった方がぴったりの毛糸です。

まだ,作り目をして数段編んだだけなので感触もはっきりしませんが柔らかくて肌触りがとっても良さそうなショールができ上がりそう。楽しみです。

photo-18

まわりの皆にも「ステキなショールよ」とすすめています。たくさんの人が編むといいですね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

なぜモデルが金髪で青い目なのか

どうもパソコンの調子が悪く、お昼寝からなかなか起きないために強制終了をしたりの繰り返しをしています。一度クラッシュしているマックなのでできるだけやさしく扱わなくちゃ、とちょっと様子見をしたりしていたのでまったくブログを更新しませんでした。そろそろ買いかえるかなぁ。OSも2回変えているし...それはともかく、

日本の編み物の本にはとってもステキなパターンがいっぱい! とわざわざ日本から取り寄せて編もうと言う人たちがいます。

「日本語を訳して」と言われながらパラパラページをめくっていた私に、

「日本語の本なのにどうしてモデルさんは金髪で青い目の人たちばかりなの?」
質問する彼女。

「うーん、たまたまこの本がそうなだけで、日本人のモデルを使っている本もたくさんあるのよ」と言った所で彼女の目の前には外国人モデルだけの本が2さつ並んでいるのですから私が言うことはあまり説得力がありませんよね。

あまり考えていないけれど、でも、そうですよね。どうして、わざわざ日本人ではないモデルを使うのでしょう?

作品がステキに見えるから? 
でも、それじゃ困りますよね。だって、作って身につけるのは私たち日本人なのだから。

なんだか、いまだに金髪、青い目に日本人はあこがれを持っているのでしょうか? それとも、今までずっと外国人モデルを使ってきたからそのまま別に変えようとしないのかよくわかりませんが、ステキな日本人の女性だってたくさんいるのですものね。日本人のモデルさんをぜひ使ってほしいものです。雇用も増えるかも。なぁんてね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ