アクリル毛糸

本当にたくさんのアドバイス、ご意見、情報などをいただき、ありがとうございました。いや、日本のアクリルに対する感覚と私が感じているアクリルへの感覚がずれているのに驚いているところです。

しかし、ことわざにも「適材適所」というのがあるように、アクリルにもいろいろな用途がありますからね。

生まれたばかりの赤ちゃんにはもしかしたらコットン100%とか、優しいアルパカが良いのかもしれませんが(アレルギーがないとして)少し成長し、離乳食などとなるとざぶざぶお洗濯もできて色もきれいなアクリルが活躍する場があるように感じました。

アメリカのアクリルは触感が良くなってきているなとは思っていたんです。しかし、アクリルと一言で言ってもいろいろです。同じ「アクリル100%」というタグが付いていても編んでみると全く手に感じる感触が180度違う毛糸もあります。どの毛糸を選ぶかはやはり、いろいろ試してみなくてはいけないようです。

今Jo-Annという手芸屋さんで買ったアクリル100%の糸で赤ちゃん用のセーターを編んでいますが、編み心地は他の毛糸に劣りません。昔のアクリルの糸のようなキシキシ感、全くなしなんです。 いや、いろいろ進歩しているのですね。子育てで忙しいときに、手洗いでなくてはいけないブランケットというのもどうかしら? と私は思いますが、これこそ個人個人のこだわりですから、なんとも言えませんね。だから、もしプレゼントするのであればこれは送り先の好み、生活習慣などをよーく観察してから決めた方が良さそうです。

もう少し、アクリルの糸についてリサーチしてみようかなと思えるようになりました。レース模様を編むにはアクリルは適しませんが、前述したように、アクリルが適しているものだってあるのですからね。

本当に皆さま、ありがとうございました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

大変,大変,帽子を7個編まなくちゃ!

やらなくてはならないことを先延ばしにするとろくなことになりません。まだまだ時間があるからと思っているといや,知らない間に時間は前に進んでいるんですよね。

地域の編み物グループでは恵まれない方達のためにいろいろなチャリティーニッティングをしています。そこに属している私は1ヶ月に1つ、帽子を編まなくてはならないんです。なのに実はまだ一つも編んでない...編むのは好きですし,誰かのためになると思えば喜んでやるのですが、私,どうもアクリルの毛糸で編むのが苦手なんです...なんか、こうキシキシするというか何というか。

「明日編もう」とか
「これが終わったら」と言っているうちにあっという間に7月になってしまいました。

洗濯機でグルグル回せなくてはいけませんし,中にはウールにアレルギーの方達もいらっしゃいますからスーパーウォッシュの毛糸も避けた方がいいといわれています。チャッチャとアクリルの毛糸で編めばいいのになんか気が進まない... いや,必要としている人たちのことを考えたらそんなこと言ってられません。

アメリカでは恵まれない家庭に生まれた新生児のための帽子、ホームレスの人たちのためのショール、手袋、帽子,また,アフガン、そしてアフガニスタンに行っている兵士のためのソックス,ヘルメットのライナー、そしてシェルターにいる動物たちのためのマットなどを集めているいろいろなチャリティーがあります。言い換えれば必要としている人がたくさんいるということですよね。

そう、だからアクリルの毛糸がどうのこうのといっている場合じゃない。明日買いに行こうっと。そしてがんばって編みますよ。ここで宣言しないとまた,くじけそうなので...

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ