帽子のようですが

IMG_0916

この写真で見ると帽子のように見えますが、実は子供用のベストというかちょっと、寒い時にはおれるものです。

パターンの名前はEntrechat のDK版です。以外と簡単でなかなかかわいい。

使っている毛糸は柳家さんのメリパカです。色はシャドウブルー。私の好きなブルーです。

固めに撚られていて糸の太さが均一なものに慣れている私には「え?」という感覚が最初はありました。

太いところ、細いところがあり、よりが甘いので編み始めは手が慣れておらず凸凹してしまいましたが、だんだん編み続けるうちに気にならなくなりました。

カウルなどは糸が均一の太さでなくてもそれはそれで面白くなりますが、子供用の小さいものではどうかな? という私の不安も、編んだものを見てなくなりました。

そして、感触は柔らかく、ちょっとフェルトされたようにも感じます。とてもお手頃な毛糸だと思います。

そうそう、表から見るとこんな感じです。

IMG_0917

あ、私、パターン通りには編んでいません。増やし目をする場所がありますが、そこまでタック感が欲しくなかったので、増やし目は少なくしました。

今日中には編みあがると思います。ボタン、買いに行かなくては。

毛糸とパターンの相性

あるパターンがこちらでいうフィンガリングの太さの糸を使うことを勧めているとします。そうか、フィンガリングか、とゴソゴソとクローゼットを探し、気に入った色を見つけ、さて、編み出したものの、「あれ? 何か違う」と思われたこと、ありません? 思っているような張りが出なかった、もしくはその逆で、体を包んで欲しいのに、ひどく自己主張が強い毛糸だったりとか、そうなると、そのまま編み続けるかどうか悩みます。

昨日記事にした、糸なのですが、レースの太さなんですね。レースにありがちなのです亜g、柔らかすぎてふにゃふにゃしてしまうんです。編み時が柔らかいのは肌触りも良くて大好きです。しかし、カーディガンとなると、私は少し張りがあって形を保てるとまでは言わないにしても、いわゆるボディーがあるものであってほしんです。そこで、数時間を費やしたものの、すぐにほどきました。

この糸は、ショールにするのが一番! 柔らかくて、ドレープして、暖かくて。そう、カーディガンではなくてショールに変身です。

太さもさることながら、その糸に何が含まれているかというのもここでは重要です。それから「捻り」です。カシミアなどはどちらかというと直線的な伸びを感じます。柔らかいアルパカは体を包んでくれますが、柔軟性には欠けています。コットンはウールのような伸縮性はほとんど感じられませんよね。リネンは張りが出ます。その分、編むときに手が辛い時もあります。

ソックスはナイロンなどを含むと強さ、伸縮性が出ます。モヘアもだいたいナイロンが含まれますが、その割合によって触り心地が全く違うものになるんですよ。’

「捻り」は3ply、2plyというplyの部分ですね。2plyは、2本の糸を縒ってあります。そのより方が強いか弱いかで編みあがりの感触も全く変わります。

昨日選んだパターンをもしレースの太さで編むなら撚りが強い糸を選んだ方が型崩れがしないのでしょう。

色がきれいでついつい手を選んでしまう毛糸たちですが、彼らにもそれぞれ個性、主張があるので、その辺と上手く付き合いながら素敵なものを編みましょうね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

縄編みのセーターを編むには...毛糸...

縄編みと書くと,とっても古いセーターのようなので,ケーブルのセーター,それともフィッシャーマンセーターと書き直しましょうか... でも,いいか,なわ編みで.「縄」をひらがなで書いた方がいいのか,とまったく関係ないところで悩んでいますが。

縄編みのセーターを編むときには,毛糸を選ぶのに苦労します。なぜか? 私が好きでタンスの中にしまわれている毛糸たちは撚りがあまいんですよ。madelinetosh, marabrigo ,dream in color… どれも撚りがあまくてなわ編み、そしてケーブルのすぐ隣の目たちが伸びてしまう心配があります。せっかく時間をかけて編んだセーターがビヨーンと伸びてしまうのは悲しい。それに,伸びてしまったら暖かいはずのセーターが変に風通しよくなってしまうかも。

かといってあまり太い糸を使うとそれでなくてもケーブルは使う毛糸の量が多いのですから重くなる可能性もありますよね。いやぁ,むずかしい。シェットランドの毛糸のような糸はアメリカではほとんど見かけません。似ているとしたら、Brooklyn Tweed Shelterかな。でも,こう,どっしり感にかけるような気がします。

段染めの毛糸,やわらかく針すべりがよい毛糸、手に持ってみてすごくやわらかくて思わず頬ずりしたくなるような毛糸はたくさん見るのですが、しっかりとしたセーターを編む毛糸にはなかなか出会えないのは,家の中全体に暖房がきいているからなのでしょうか。それとも,車で移動することが多いためにざっくりしたセーターを着ると運転しにくいのか。いろいろ考えるとおもしろいですね。

日本で買える毛糸の方が撚りが固く,いかにも冬用といった感じのセーターを編むのに適しているように思います。だから縄編みのセーター用の毛糸は日本で買おうかなぁ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ