久しぶりのセットインスリーブのカーディガン

ここのところ、つい楽なものですからトップダウンのヨークカーディガン、もしくはラグランスリーブのものばかり編んできました。トップダウンだと肩の部分を編んでそれから見頃と袖を分けますから、袖と見頃をはぐ手間が省けますよね。しかし、なかなか体のフィット感がベストのものを作れません。まだまだ修行が足りないということでしょうか(笑)

特に、今回編んだカーディガンは太い糸を使っているので「はぎ目」が少ない方がいいんです。となると、トップダウンの方に軍配があがります。

しかし、あえてセットインスリーブのパターンを選びました。とにかく昔ながらのごくごく普通のカーディガン、パターンの書き方もちょっと古臭くて友人の助けも借りました。やっと編み上がり、これから糸の始末をしなくてはなりません。あ、そうだ、それからボタンも買ってこなくちゃ。

さっき、はおってみたところ、とっても肩の部分のフィット感がいいんです。セットインスリーブの方がもしかしたら人間の体型に近いのかしらと思ってみたり、たまたまパターン、サイズが私に合っていたのかしら? トップダウンだって必ず着心地がいいパターンにであるはずなどなどいろいろ考えさせられます。

それに、「はぐ」という動作がある分、型崩れがしにくいのは事実かもしれませんね。袖を編んでいる段数と見頃のアームホール部分の段数はにらめっこさせて編みました。そうすることで長さにズレが出ることを最小限に防げるだろうと思って。パターン通りに編んでいたら心配はないのですが、ちょっとだけアームホールを深くしたので。

いやぁ、この分厚いカーディガンを水につけて糸をリラックスさせてというのはなかなか大変なことになりそう。しかも、しっかり乾かすためにはどこにひろげよう? どれくらい時間がかかるのだろう? 何と言っても白いカーディガンだからシミなどつけないように気をつけて扱わなくては。

さっきボタンも付いていないまま試着してみたらすごく気に入ったので同じパターンを糸を細くして編めたらいいな。がんばって数字の調整をしようかしら? セットインスリーブをイヤがらずにまた編もう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告