思い出の「間違い」

ワインのティスティングルームであったフロリダに住む女性との会話です。

彼女はワインを片手に編み物をしていました。わけないか。編み物は片手ではできないから。ともかく、ワインを飲みながら生まれてくるお孫さんのためにカーディガンを編んでいたんです。トップダウンですから首回りから初めてボタンダウンも編み出す私好みのシンプルなパターン。

しばらくして気がついたのは、2目ゴム編みがいつ間にか数段メリヤス編みになっていること。あらら、まだ酔っ払っているわけじゃないのに、と睨みをきかせながら編み物袋にしまったところに私がお店に入って行ったようです。

私はアルコールは飲みませんから、ただ、それまで飲んでいた主人を迎えに行っただけなんですけれどね。夕食をどこかで食べようかと思って。

このカップルの男性と立ち話をしていた主人が私に「彼女も編み物をするんだよ」というところから話が始まります。前書きが長くてごめんなさい。

彼女は私に間違えてしまったカーディガンを見せながら、

「これなのよ。いやでしょう?」 というから
「そこだけほどいてかぎ針で目を拾えば?」 と私。
「私もそう思ったのよ。でもね、主人が「君、それはほどいちゃダメだよ。この島への旅行の思い出にすればいい。これから生まれてくる孫がこのカーディガンを着た時に、その間違えたところを見て、今回の旅行の時に編んでいたんだな、あのワインを飲んでいたな、と思い出せたら素敵じゃないか」と言うのよ。だから、ほどくのやめようか悩んでいるの」

なんて素敵なご主人様。思いついて言いました。

「その間違いをパターンにしてしまえばいいのよ。ゴム編みとメリヤス編みを交互に編んだら、それはそれでパターンとして成り立つもの」

「それいいかも」という話に始まり孫の写真を見せ合い、犬の写真も見せ合い、立ち話が延々と続くのでした。

それにしてもご主人様の提案はグッドアイデア! 拍手を送りたいです。「思い出」の一つとしてとっておけますものね。ナイスなご夫婦でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

お葬式のお返しは毛糸?

お葬式のお返しなんて習慣はほとんど見られないアメリカですが、ある人のお葬式のときに、毛糸が入ったショッピングバッグがたくさん用意されていたそうです。そして、メモリアルサービスに来た編み物仲間たちは少なくとも一つ、そのショッピングバッグを必ず持って帰るようにと故人の家族からお願いされたとききました。

亡くなった女性は編み物が大好きで毛糸の在庫もまだまだたくさんあるのに亡くなってしまいました。膨大な毛糸の量に困ったご主人はこういうアイデアを思いついたようです。もらって帰った人たちは思い出をたどりながらいろいろなものを編んだことでしょう。

また、別の人のお葬式では、女性の家族たちが全員、亡くなった人が編んだショール、スカーフを身にまとって参列したそうです。

私が彼女と知り合ったのはつい最近ですから昔の彼女のことは全く知りません。共通の友人から聞く話だと若いときには本当に編み物が上手で難しいものもどんどんこなしていったとか。しかし、最近では集中力が落ち、また、体の調子も思わしくなく自分が編みたいものが編めずにイライラした日もあったようです。「編もう」と思って作り目をしては途中で投げ出し、それを別の友人が仕上げてと、皆での共同作業になっていました。

彼女が最後に編んでいたパターンを彼女の思い出とともに編み始めた友人がいます。

「きっと、空の上から私の方が早く編めるわよ、と言っているかもね」なんて冗談を云いながら。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

どの毛糸とも別れられない

旅行に行っては毛糸やファイバーを買い込んでくるので、我が家の毛糸の居場所がどんどん広がっていきます。日本から持ってきたタンス2さおの中にたくさん入って、他にもプラスチックケースが山積み。本当はプラスチックケースに入れると呼吸ができなくて良くないとも言われますが、防虫剤を入れて虫さんから守るためには仕方がないです。それに比べて日本のタンスは優れもの。引き出しなんてさっと引き出せば持っている毛糸が一目瞭然。アメリカのクローゼットのような雑然としてしまうスペースに比べてずっといいです。

増えに増えてしまった毛糸たち。少しは寄付するなりしようかしらと決心してあちらこちらの部屋をまわり毛糸たちを出すのですが、どの毛糸ともさよならができずに結局、引き出しを締めたりフタを閉じるだけ。さて、どうしましょう。こんなに毛糸たちを抱えていても全部編めるはずがないばかりか、これからだってどんどん増える可能性の方が大きいんですもの。

どの毛糸も「あ、あそこで買った」とか、「⚪️⚪️と一緒に行った」とか、思い出もありますからね。かといってこれ全部抱えているよりも誰かに使ってもらった方が毛糸たちだって嬉しいだろうし。

固い決心をしたつもりでまた毛糸たちに会いに行くのですが、その決心は結局破れてすごすごと戻ってくるのでありました。

あ、ショールを編む毛糸、まかなくちゃ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

引き出しの奥から出てきたものは…

思い切ってというわけでもないのですが毛糸の片付けをしました。使い残した毛糸たちの山が溢れて、転がって、テーブルの下、イスの下と所構わずのしてきているので、これは困ったと片付けを決心したんです。あちらこちらの引き出しとか山積みのものを片付けていたら、なんと、数年前に編んでほとんど終わっている夏用のプルオーバーが出てきたではありませんか!

いったい、パターンはなんだったんだろう? 糸は? 記憶にございません。ただ覚えているのは、次男の大学最後の年、試合でカリフォルニアにいったときにラグナビーチで買った糸ということだけ。記念に買った糸だったのに、その記憶がいい加減になっているんですよね。いけない、いけない。

それでなくても手がゆるくのびてしまいそうな衿ぐりにかぎ針でぐるっと一周、細編みを足しました。袖ぐりにも同じような処置をして、これで水通しをすれば切れそうです。はしの始末が難しそうな糸なんですよ。色はきれいなんです。一見、アンダリアの細いような触感の糸。水通しをするとどのように変化するかが楽しみ。糸がごわごわした感じで編み目も凸凹しています。

IMG_0654

中途半端に編んでいたものはすべてほどきました。それにしても困ってしまうのが残り糸。捨てるのはかわいそうだからとってあるけれど、それに手をつける前に編みたいものが目白押しだし。

そう、糸を残しておく時には必ず糸の腹巻(ラベルですね)を残しておくことが大切です。そうしないと触った感じでなんとなくあの糸だろうなと思って確信が持てませんからね。わかっていてもすぐ捨ててしまうのが私の悪いクセ。

糸の太さ別に分けておく友人もいます。それも一つの手。私はなんだかカゴの中に投げ込んでいるような覚えがあるだけ。これまた反省です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村