アンバランスなカーディガン

子供用の Tea Leavesというカーディガンを編もうと思い毛糸を選びに行きました。RowanのCreative Linenという糸を使ってみようかな、と手に取りましたが、ちょっと太そう。

「これ、DKというよりもWorstedじゃない?」と聞くと、

「DK扱いなんだけれど、細めのWorstedかもね」と言うので、物は試しと思い編み始めて見たものの、やっぱり太い。針の号数を少し落としたのでゲージはほとんど同じに持っていけましたがそれでも、糸は太い。うーん、どうしよう、と悩みながらも編み上げたら、すごくバランスが悪いカーディガンになって自分でも苦笑というか驚きます。

プレゼント用に編んでいたけれど、とても人様にお渡しできる代物ではない。さて、どうしよう。水通しもしたしほどくのは嫌だから、これはチャリティーかな。ちゃんとできているんですよ。ただ、形がどうも。。。 色も気に入っていたのになぁ。悔しい。少し細い糸でもう一度編むことにしましょう。

IMG_4674

もう少し丈を長くすればよかったのかもしれませんね。反省。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

パターンを広げていく

例えば、帽子を編もうとしてパターンを探しますよね。いつもより入念に探して、さらに、フリーパターンならダウンロードして細かく読んでみると、なんだか、とても似通ったパターンにぶつかることがあります。考えてみれば、編み物の基本は表編みと裏編み。その他にすべり目、かけ目、などがありますが、それを組み合わせているので、似通ったパターンが出てきてもおかしくありませんよね。

ただね、それがフリーパターンではなかったりすると、「え〜、これって」と思ってしまいます。

また、糸の太さが違う、段染めを使っているので見た目が違う、レースなどのパターンの間に表編みが数段入っているか入っていないか違う、などなど、微妙に異なるものの、基本はほとんど同じ、というパターンも少なくありません。基本と思われるパターンを見つければ、自分でもパターンを作って楽しめるということにもつながります。

どれくらい変えれば自分のパターンと呼べるのかというとこれまたむずかしい。自分で変えて好きに編むのなら全く問題がないとしても、それを自分のパターンとして売り出すのはやはりどうでしょうかね。これは個人個人がどう判断するかですよね。

かのこ編みのスカーフなんて昔からありました。それを自分のパターンとして売り出すのは気が引けます。じゃ、カウルにしよう。これは一つのアイデアです。でも、もう誰かがこのパターンを出しているから、カウルを長くしてみたらどうだろう? ねじってみるのもいいかも。2色にしたらどう? 太さは? かのこ編みの間に表編みを1段入れてみよう。ほら、いろいろ変わってくるでしょう? 

基本的な形を一つ編みます。いくつか編むともっと良いのですが、編みながら、どういう形が、どうしてこういう編み方になっているのかを図にします。すると、なーるほど、と納得がいって、じゃ、自分はここをこうしてみようとか、好みに合わせて変えていけます。

変えてみて、「あれ、やっぱり変だわ。」それはそれでいいじゃないですか。最初からうまくいくわけないのですもの。

ということで、また、ミトンを編みました。自分で適当に縄編みをまた入れました。自分のパターンです。なぁんて偉そうですが、プレーンなパターンに手を加えただけです。

IMG_1226

ミトンは簡単に編めるのでつい、編み始めてしまうんです。糸を変えたり、長さを変えたり、楽しいですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

手編みのソックスは見た目があまり良くありません

やっと少し編めました。最初のゴム編みの部分が終わって、今、表6目、裏2目のゴム編みを編んでいます。模様編みにしたら素敵なのはわかっているけれど、フィット感から言ったら何といってもゴム編みなんですよ。ズルズル落ちてくる心配もないし、伸縮性もあります。

実用的なのですが、ただ、見た目があまり良くないのが悩みどころ。

ブロックする板に入れて写真を撮ればそれは、素敵に見えますよ。でも、ブロックの板は申し訳ありませんがプレゼントしません。だって、決してお安くないのですもの。

今までに手編みのソックスを履いてその心地よさを知っている方なら良いのですが、初めてプレゼントされる方はちょっと不細工な手編みのソックスを見て、

「なんじゃ、これ。」と思われるかもしれないですよねぇ。

家族、親しい友人なら良いけれど、目上の方だと失礼かしら? でも、年齢を考えると(失礼!)アルパカのソックスは暖かくて最高のプレゼントだと私は思うんですよ。どうしよう。編みあがるまで悩んでもいいんですが、早く仕上げてお送りしたいので、もしソックスをやめるのであれば代替案を考えなくてはならないんですよ。マフラーという手もあるんですが、その方が無難かなぁ。あ〜、どうしよう!?

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ