体をいたわること

昨日、東洋医学を勉強した方のところにお邪魔して、私の体調というか、身体を診てもらいました。

まずは問診。自分が感じている異常、心配な点などを説明し、これに対してとても細かな質問がなされます。かかること約30分間。温かいお茶をいただきながらのゆっくりとした時間が過ぎました。

そして、施術服に着替えてベッドに仰向けになると、脈診。脈をとるといっても手首の1カ所ではなく数カ所を強く押したり、弱く押したりしながらの脈診でした。内臓が弱っている場合は、この脈診も手がかりになるそうです。

次は触診、指圧、鍼を交えた処置。その途中でも、痛みの加減とか、種類についての質問が続きます。膨満感があったり、張っている部位、こっている筋肉、緊張している部分など細かく説明してくれました。

そうしていると自分でも「あ、そういえばここが」とか、「こんなこともありました」と記憶がよみがえりさらなる細かい処置をしていただきました。

最後には、「腹筋が弱くなっているので起きていると思われる症状がいくつかあります。簡単な腹筋をお教えします」と私にも続けられそうなトレーニングを教えていただき、そして、生活の上で気をつけたほうが良いことのアドバイスも受けて終了。

とても実りがある時間でした。西洋医学とはまた違う方面から自分の身体を見直せるとても良いチャンスだったと思います。どうして、今、感じている症状があるのかという原因が見えてきたのは嬉しいですね。

そう、皆さん、ご存知でした? 「鍼灸師」「あんま師」「マッサージ師」は国家試験に通っていないと名乗れません。それに比べて、「整体」「もみほぐし」などはそう言う決まりはないそうですから、かかる時には気をつけなくてはいけませんよね。

藤掛心&身体の鍼灸マッサージ

ここの院長先生、本当に職人技で、まだお若いのに経験を積まれているので指先、手のひら、そして目でもいろいろなことを感じ取れるようです。

興味がある方はぜひ、ご連絡してみてください。本当にオススメできる場所です。自分の身体が言おうとしていることに耳を傾けることはとても大切だと思うんです。体調が良くなれば気分もほぐれてきます。すると、いろいろなことが好転していくこと間違いなしと私は信じています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

広告

家族は私を元気にしてくれるビタミン剤

今週末は、息子たちと過ごしました。彼らに会うことで私たちはいつも元気になります。別に何をするわけでもなく、たわいもない会話をして、一緒に食事をし、散歩し、時には彼らのゲームを見たり、調べたいことを教えてもらったり、あっという間に時間が流れていくんです。すごく久しぶりに大声で笑ったような気がします。いつも、主人と二人なのでとても時間が静かに流れていくものですから。子供たちの方が親のお世話で疲れたかも。

二人とも別に住んでいるので、昨日の朝は現地集合で朝ご飯。シナモンロールが有名なお店なので、しっかりサイドディッシュに頼みました。

向こう側にある「赤いきつね」はiPhoneです。

向こう側にある「赤いきつね」はiPhoneです。

かなり大きいシナモンロールが二つ。さらに、その上にはアイシングがたっぷり。でも、おいしい。さすがの私も二つは無理だったので一つは長男に食べてもらいました。うーん、また食べたい。

そのあとはお散歩。たまたまやっていたファーマーズマーケットで新鮮なお大根、椎茸、オイスターマッシュルームなどを手に入れ、またまたハッピーな私。重い袋は長男が持ってくれました。ゲーム屋さんに寄る息子たちを尻目に私と主人はオーストリアベーカリーに入り、ケーキやらペーストリーやらまた買い込んでニコニコ。だって、買ったものを4つに切り分けるから、いろいろな種類のケーキを味見できるのですもの。

金曜日の夜について、日曜日の昼過ぎにはもう出てしまったので、毛糸屋さんにはよれませんでしたが、それは次回のお楽しみ。

家に戻ってみたら何と、嬉しいことにWollmeise から毛糸が届いているではありませんか。わーい。ショールを編むのがとても楽しみ。ショールといえば、先日使った Madelinetosh merino lightの Byzantineの残り、そしてもう1かせを使って、新しいショールを編みはじめました。Damson by Ysolde Teague です。それを編み終えたら、Wollmeiseで編もうっと。良かった、毛糸を買って来ないで。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

せまい部屋でジャズを聴きながら編み物。

実家の一室を与えられ(?)パソコンから流れてくるジャズを聴きながら久しぶりにゆっくりと編み物をしています。これが、また何とも幸せなんです。曲は’Too Young to Go Steady’ by John Coltrane.

「ジャズなんとどこでも聞けるし、編み物だってどこだってできるでしょ。」と思われがちですが、それがそうでもない。いえ、もちろんできるんですよ。でも、楽しみ方は全然違います。

アメリカの家は一般的にベッドルームをのぞいてはドアもなくしきりもありません。キッチン、ファミリールーム、リビングルーム、ダイニングルームが並ぶ1階はすべて見通しが良い空間です。ファミリールームにいたって、ダイニングの窓を通して外を通る車も見えますし、キッチンの方で水を飲んでいるマフィンの様子だって伺えます。これはこれで良いのですが、ただ、広すぎて落ち着かないときもあるんです。冬など、肌寒い。。。 これは、狭い空間で育った日本人ならではの感性なのかも。

それに比べて実家の1室は見事な日本の部屋。雨戸を閉め、窓、しょうじをしめて、ドアを閉じてしまったら、そこは自分だけの本のちっぽけな空間です。居心地が良いというか、落ち着くというか、こじんまりとした私の好きな空間の出来上がり。そこで、自分の好きな音楽を聴くと他の雑音も視界も入ってきませんから、自分の世界にはまり込むことができるんです。アメリカの家ではこうはいきません。ワンルームマンションも悪くないかも、と思いましたが、私の毛糸の在庫がしまえそうにないので、こんな夢は一瞬にして消えました。

今、編んでいるのは、ソックスです。早く編み上げなくてはと思いながら他のショールを立て続けに編んでいたのでずっとお預けになっていたもの。かせで見たときにはステキな色だったのに、編んでみたら模様がいまいち。困ったぞ。

あとで、熱いコーヒーを持ってこよう。他は何もいらない(なんていうと主人がひねそうなので)のではなくて、主人がいてくれれば何も言うことはありません。ただね、主人がいるとテレビがつくので。。。

寒い日本家屋の中で毛糸のソックスはとっても役立っています。アクリルやらボア系やらいろいろ廉価でソックスが売られているようですが、手編みのウールのソックスに勝てるものはありません。ちょっとお洗濯は大変かも.手洗いの方が長持ちしますからね。でも、大切にしたいものは心を込めて扱いたい、と言う気持ちは忘れたくないでしょう? 皆さん、毛糸のすばらしさを世間に知らしめましょうよ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村