両面アランは疲れます

昨日、記事にしたマフラーをさっそく編み始めてみました。友人にメールを送らなくてはなりませんでしたし。

約20段くらいだんだところで断念。

必要なことはわかりました。編みかたも友人に説明してメールしました。彼女からの返答がこれまた振るっていて

「日本の編み物の本はチャートがあるし見やすい気がするけれど、でも、図がわかりずらくない?英語のパターンとか編んだあなたはどう思う?」 というのです。彼女はドイツ人。ひたすら編み物は上手です。この女の言う図というのは表記の方法なのでしょうかね。

2目ずつ場所を動かすところがあるので私は取り外しできる目数リングを使いました。友人はこれをたった1本のケーブル針でトライしたというのだからすごい。私には真似ができません。

IMG_7494

この2本を前後させます。私が選んだ、というか使った糸がこれまた少し細かったかもしれません。とりあえずやってみようと思ったので太さはあまり考えずに編み始めてしまいました。

20段少し前でこんな感じです。

IMG_7496

 

裏も同じように模様が出ています。時間がかかって目がしょぼしょぼした割に横幅が10センチ足らず。これは細すぎ。かといって模様をもっと増やす根性はありません。もう少し太い糸で編むと幅も出ますし、それと、次回もしこれに挑戦するとしたら、緩めに編みます。そうでないと糸が引っ張られてキツキツな感じになるんです。ふんわりとした質感を出すためにはゆるめに行かないとダメですね。

あ〜、疲れたからおみかんとクッキー食べようっと。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

日本語でも難しい

アメリカに住む友人からメールが届きました。

「日本語の編み物の本を買ってスカーフを編み始めたけれど、わからないところがあるの。教えて」

いったい、何を始めたのだろうと詳しい話を読むと、嶋田俊之さんの「裏も楽しい手編みのマフラー」の本を買って、両面にアラン模様が出るスカーフを編み始めたみたい。右が上に来る模様は簡単だけれど、左が上に来る模様がなんどやってもできない、ということ。

自分で編んだことがないものの説明はむずかしいし、いい加減なことは言いたくないし、と思いながら、今日本屋さんに行って本を買ってきました。

IMG_7490

わからないと言われた模様編みを見ると、私も唸ってしまいました。日本語でもむずかしいじゃない、これ。やってみないとわからん。と友人にメールを打ちました。だから、ちょっと待つようにと。

あまり、忍耐力がある友人ではないので、私があれこれやっているうちに自分で解読するかなぁとも思います。

日本語の編み物の本はチャートが多いので日本語がわからなくても経験がある人はそこそこ編めてしまうんですよね。さぁ、できるかしら?というところで今編んでいるものはちょっとお休み。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

息子のソックスがルーズソックスだったって?

去年の冬に子供たちにソックスを編みました.
先日、たまたま次男と毛糸屋さんに行くことがあったのですが、比較的仲良しの毛糸やさんの女性に、次男がいうことには

「去年の冬に、母がソックスを編んでくれたんだけれど、ゆるゆるで、はくとずるずる下がってくるんだ」

「何だって?」と私の耳はぴくっと動きます.そんなこときいていなかった.でも、確かに編んでいる時は少し大きいかな、と思ったなぁ.きちんと足の長さやら、足首のまわりやらメジャーで測って作ったつもりだったのに...

確かに、毛糸で編んだソックスって伸びがちですよね.それに足はふくらはぎから足首に向かって微妙に細くなっているのに、ソックスのパターンのほとんどはそこでの増減はありません.もっとも増減があったら、こんなに気楽に編めないかもし、パターンだって作りにくいですよね.

と思っていたところ、ちょっと耳寄りな情報を手に入れました.(耳に入れました?) 島田俊之さんという方のソックスの本がおもしろいんですって.皆さん、ご存知でした? 主人が近いうちに日本に行くのでぜひ、買ってきてもらおうと思います.

ニューヨークの本屋さんに売っていないかしら? とはいえ、うちからニューヨークに出て行くにはチョットした覚悟(?)が必要なんですけれどね.シカゴの本屋さんかなぁ?

母の名誉挽回のために、今年もがんばって息子たちにソックスを編もうと思います.主人に編んだソックスは小さめに編んだせいか上手にフィットしたんですけれどね.



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村