持てる者、持てない者

持てる者、持てない者の差が顕著になっているアメリカ社会、クリスマスに子供達のためにプレゼントを用意できない家族、クリスマスの食事が持てない家族、その人たちのためにとチャリティー団体のボランティアを始め、ごく普通の人たちの活躍が始まるんです。

お金を始めとして、暖かい冬のコート、くさらない食べ物、おもちゃなどの寄付を教会、テレビ局、一般のお店などが声高く求めています。

日本でも子どもの貧困が騒がれていますよね。できれば子供達には辛い思いをさせたくない。自分たちにはいったい何ができるのだろう? 本当に考えさせられます。サンクスギビングだから、クリスマスだからという理由の前に寄付をするだけでは対処療法でしかない。そうではなくて貧困層をなくせることができたら良いのでしょうが、簡単な方法があるならきっと国のお偉いさん方がすでにその手順を踏んでいることでしょう。

とりあえず自分ができることをするしかない、と思い私は編み針を持ちます。寒い日に頭を暖かくするという目的のためだけではなく、貧困にあえぎ辛い日を送っているであろう子供達が「新しい帽子だ、嬉しい!」「私の好きな色の帽子!」そして「自分のために誰かが編んでくれたんだ」と思ってくれたら、それが一番、と思うんです。もしかしたら、希望を持ってくれるかもしれない。だから、帽子、手袋を編みます。喜んでくれるであろう子供達の笑顔を想像して。

こういう例があります。気温が0度近い朝にある子どもはスリッパを足にガムテープでぐるぐる巻きにして登校してきました。その姿を見て慈善団体の人が新しいスニーカーをプレゼント。子どもは喜んではきかえ授業を終えて家に戻りました。次の朝、その子はまた古いスリッパをガムテープで巻いて学校に現れたんです。それを見た先生が昨日の新しい靴は? と聞くと、子どもはこう言ったそうです。「お母さんが売っちゃった」と。それ以来、新しい靴は学校にいる間だけ履くようになったそうです。登下校時は寒いだろうに。また、朝ごはんを家で食べさせてもらえない子供達のために朝食を学校で出し、家に洗濯機がない子どものために学校に洗濯機を置く学区域もあります。国の未来をしょって歩く子供達なのですから、なんとかならないものでしょうか?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

警察官が配る手編みの手袋、帽子

昨日の嵐で木々の葉っぱが落ちてそれと同時に気温もどんどん下がっています。今晩は手袋、コートがなかったら風邪を引いてしまいそうです。

「豊かな国」と思われがちなアメリカですが貧富の差が非常に激しい国でもあります。これからの季節、たとえ気温が氷点下になってもコート、ジャケット、手袋、ソックスもなしに学校に通う子供たちも少なくありませんし、同じような理由で学校を休む子供たちの数もこれから増えていくでしょう。

貧しい子供たちが多く住む場所ではどうしても犯罪も多いので警官が頻繁にパトロールをします。怖い顔で子供たちに

「どうして学校に行かないんだ?」
「何で、こんな時間に町中をウラウラしているんだ?」と質問したら子供たちは文字通り凍り付いてしまうでしょう。

そこで、手編みの手袋、帽子を集めてそれをパトロールカーに積んで市街地を見回る警察官もいるんです。

「何をしているんだ」というかわりに 
「ほら、手袋、忘れたんじゃないか?」
「頭が冷えちゃうぞ。帽子をかぶれ」

と、手袋や帽子を子供たちに手渡すのだそうです。とても粋なはからいですよね。

こういう目的のために編むときにはどうしてもアクリル系の毛糸を使います。スーパーウォッシュと言われる洗濯機でまわしても大丈夫な毛糸を使うこともありますけれど、子供たちが雪の中で遊んだり、落としたり、踏まれたりとそんなことにも耐えられるためにはやはりアクリルの毛糸の方がいいんです。ウールの方が暖かいには決まっているのでしょうが、仕方がありません。

テレビではコートを持っていない人たちのためにコートを集めようという企画を流しています。11月14日までに新しい、もしくはほとんど来ていないコート、ジャケットを持って指定の場所に寄付しにいくんです。そうしないと寒くて冬を越せない人たちがとにかくたくさんいるんですよ。

あら、イギリスでは警察犬が年金をもらえるようになるそうです。年間約8万円ですって。なかなかやるじゃない。イギリスも。
(すみません、これは全然関係あり前せんでしたね。)

私のBaktus, 完成しました。アルパカ100%なので水につけないで霧吹きでシュッシュしようとも思ったのですが、別に何もしなくても良さそう。すっごく暖かいです。これから端の始末をします。あ〜、面倒くさい。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ