ゲージと選ぶ毛糸

セーターなど、首から入って袖を通してお腹を隠してという目的がある衣類はちゃんとゲージをとってスワッチをしないと「やっとできたぁ〜」という達成感から一挙に「え〜、これ、ゆるすぎる」「小さすぎる」「丈が短い」などなど、落胆のどん底へと転がりこむ可能性が大です。

しかし、ショール、カウルなど、まぁ、少し大きくてもなんとかなるわ、という類のものはそこまでゲージにこだわる必要はないと思ってます。

たとえば、ショールのパターンのゲージがサイズ4の針で10センチ20目としますよね。自分が持っている糸はサイズ4で10センチ22目のゲージとなってしまった。さて、どうしよう? と悩みます。ショールですから、そこまでゲージにこだわることはありません。針を1サイズ上にしてサイズ5で編むと20目になるかもしれませんから、これは一つの解決法です。

ここでですね、パターンの写真を見たり、他の人の作品をパラパラ観察して「自分はもう少しふんわり感があるショールの方がいいかしら?」と思うかもしれないですよね。こうなるとますます針のサイズを一つ上にしたくなります。

逆に、他の人たちの出来上がりのショールが「うーん、ゆるゆるしていて私の好みじゃないわ」と思ったら、ゲージ22目でも、もしかしたらサイズ4のままで続行するのがいいかもしれません。

ゲージのゆるさだけならいいんです。さらに、「ドレープがあるショールにしたいわ」となると、これまた違ってきます。たちかにゆるめに編んだ方がふんわり感は出ます。でも、ふんわりしているからドレープ感があるとは限りません。ゆるく編めば重さで引っ張られるでしょうが、それとドレープ感、肩を優しく包んでくれる感触とは同じではありません。

ゲージがぴったりだったたとしても、自分が想像している出来上がり感を出してくれるのはやはり毛糸の素材なんですよ。アルパカはとてもきれいなドレープを見せてくれます。ウール100%でも、紡ぎ方、羊さんの種類によっては出来上がりの質感は驚くほど異なります。モヘアもやわらかいですが、ドレープしてくれるかというとこれも微妙です。モヘアの柔らかさはたまらなく好きですが、意外と主張があるモヘアもいるのでこれまた注意なんですよ。そして、主張がつい良いモヘアも他の糸と2本で編むと急にホワーンとなるようになったりともう、驚きの連続です。

大切な時間、お金、労力を使って楽しみたい趣味です。毛糸を選ぶときにはよーく考えて飛びつかないようにお互いに気をつけましょうね(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

簡単なカウルのパターン、これ、有料?

Ravelry もかなり飽和状態ではないかと思うこの頃です。似たようなパターンがちらほらあちらこちらで見え隠れしています。こんなにどこでもあるようなカウルのパターンを有料にするなんて!と驚いたりね。

シンプルなパターンでも使う毛糸を変えるだけですごく目新しく見えることも少なくありません。

たとえばです。輪編みにするカウルを例にとりましょう。メリヤス編みを端に持ってくると丸まってしまいます。それが可愛いことももちろんあります。でも、それが好ましくない人はガーターで数段を始めたり、かのこ編みにしたりします。次に数段をメリヤス編み、また数段をガーター編み、この繰り返しをするのは別にパターンとして書くことなくしてもなんとなーく誰でもしてみようと思いますよね。

そこで、使う毛糸を2種類に変えてみる、たとえば一つをモヘアにしてもう一つを太めの糸にする、すると表情があるカウルが出来上がります。また、一つの糸を単色で、もう一つの糸を段染めの糸、もしくは、少しツィードっぽい糸を使うだけでほら、ものすごく見た目が変わります。

このようなパターンも、値段がつけられて売られているのを見ると「ふーん」という気になってしまうんです。

そりゃね、ゲージやら、どれくらいの長さにするから何目作り目するとか、ちょっとかわった伏せ目をするとか、付け足せることは幾つかあります。しかし、自分が使いたいゲージを測って、次に作りたいカウルの円周を決めれば自ずから作り目の数は決まります。数目の差は誤差の範囲でいいでしょう。

糸が足りなくなるかもしれないから、このパターンを使った人はどの糸をどれくらい使ったのかは確かに参考になりますね。途中で糸がなくなったときのドキドキ感はスリルがありすぎます。時として最後が急に目がきつくなっていたりして自分でも笑ってしまいます。ただ、それは他のフリーパターンを参考にすると大体の予測をつけることはできるんです。

それに、一つ編んでみて「これが絶対」という毛糸もサイズもありません。「あら、これもよかったわ」「この糸の太さならこの長さの方がいいかも」「私の身長に、このカウルは短すぎる」など、それぞれの好みに合わせて調整できるのがこれまた楽しいんですからね。

それにしても、「こんな単純なパターン、そして他のデザイナーさんのパターンに酷似しているパターンにお金を払うのはちょっと」と思ってしまうパターンが増えてきているかな、と思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

女心は秋、いえ、初夏の空?

On the Spice Market を皆で編もうと勢い込んで、毛糸を買ったり、クローゼットを探したりと大騒ぎでした。Miss Babs で毛糸を買ったのが3人。私はクローゼットの中から糸を取り出し、もう一人は今編んでいるものが終わったらMiss Babs で糸を注文するはずでした。ところがです。。。

注文したうちの一人は、頑張って編んでいるのですが、色が気に入らないとブツブツ。グラデーションで5色買ったのに、色が似すぎていてまるで同じ色を使っているようにしか見えない、と今日も文句を言っていました。来る人来る人に「これ、違う色に見えないでしょう? こんなに色が似ていたら面白くないわよ」と訴え不満げに針を動かす彼女。彼女の色ではないなぁと最初から思ったんです。でも、たまには違う色で編みたい時はもちろんありますからね。何も言わなかったんですが。。。

さらに次の一人は、別のショールのパターンがすごく気に入ってしまい、パターンも毛糸もさっそく購入。おかげでOn the Spice Market はしばらく冬眠するようです。夏色のショールが欲しくなったといいますから、それは仕方がないかな。彼女が選んが色は秋っぽかったから、夏が終わることにまた復活することでしょう。

最後の一人はショールも編みますがカーディガンなどを好んで編むので、そちらにどうしても気持ちが動くようです。ここのところずっとOn the Spice Market に触っていないと言ってました。

そう、仕上げたのは私だけです。「あなたはいいの。早いから」そういうもんじゃないでしょう。さっさと仕上げて次のものを編みたかっただけなんですよ。しかし、あのサイズのショールは何度も言いますが、本当に便利。そうそう、秋色を選んだ彼女は少し小柄なので小さめに編むとも言ってましたっけ。

そうなんですよ。勢いに乗って編まないと、特に、皆で編みましょうなんていうパターンは半分お祭り気分も入りますからそれ以上に好きなパターンが出てくるのは当然なので、優先順位が落ちていくことは明らかです。私も編み終わってよかった。あのままダラダラ編んでいたら今頃きっと奥の方に場所が移動していったに違いありませんから。

そうそう、女心は秋の空を全く逆に行っている友人もいます。彼女は今、フリンジに凝っていてひたすらフリンジがあるパターンを選んでは買い込んで編んでいます。今日も、新しいパターンを見せてくれました。毛糸も揃えているようですよ。

あ、私も人のこと言えません。編みかけのショール、編まなくては、編まなくてはと頭の中にはあるものの手がつかないものが二つありますから。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

3色使いのショールができてきました。

だんだんできてきました。3色使いのショール。形としては鈍角三角形。三日月に近いけれど、やはり三角形です。

端が伸びるのを防ぐために、そこをアイコードという方法で処理していきます。3色ですからどの色を使うかとても楽しみであり苦しくもあります。悩むんですもの。

IMG_1801

1色使いのところ、ストライプのところとあります。使い残しなのですが、ほんの少し使っただけ、という糸を出してきました。

パターンの名前は先日にも書きましたが、Tailwind です。ガーター編みですから簡単です。目数が増えてくるとなかなか進まなくなりつまらなくなるんですが、色が変わるところに来るとなかなか楽しい。

もう少しで終わるところまで来ています。がんばって終わらせなくては。

何色か使ったショールのパターンは数多く出されています。デザイナーの人が使った色がたまたま自分の好みにあったらきっと「編みたい!」と思うだろうし、色使いによっては目にも止まらないかもしれません。でも、全く無視していたパターンなのに、誰か他の人の作品を見て「あら、すてき!」となると編みたくて仕方がなくなるんです。私のこの2色を見て、「いまひとつね」と思う方もたくさんいらっしゃると思います。それでも、このパターンを検索して、他の人の色使いも見てみてください。きっと印象がかわるはず。他の人が編み上げたものを見るのも楽しみの一つですからね。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

どんなに同じようなパターンでも

一見、よく見るパターンでも、少し手を加えて新しいパターンかのようにして売っているデザイナーがいないわけではありません。

毛糸の色を少し変えたり、微妙にゴム編みをかのこ編みに変えるだけでも見た目はがぜん変わりますからね。

誰かが編んでいて「あら、ステキ‼︎ 私も編もうっと」と思い編み始めても、使った毛糸の素材が異なることで思っていたような編み地にならないことはもちろんありますし、色目によっても出来上がり感は違います。自分が求めているのはどういうものなのか、ここがむずかしい。ましてや、細い糸、太い糸と変えたら「これが同じパターン?」と思わせることだってできます。

「ステキ!」と思った人の作品の何が好きなのか。色? 形? サイズ? 身につけた時の素材の感じ? そこを見極めること、大切です。

長く編んでいると好きな糸、というのが出てきます。でも、ある人が好きでも、あなたが好きとは限りませんよね。

編み物仲間に、はっきりした色を好む人がいます。彼女が作るものは目を見張るようなきれいな色。そのコントラストが強い色使いに憧れて同じような色を選んで編む人がいますが、実際に出来上がってみて「うーん」という表情をするんですよね。見た目は好き。でも、自分が編んだ作品は何か違うと思うのでしょうね。何がどう違うと言われてもまわりはわかりません。だって、私たちの「好き」「嫌い」という感覚は作った本人の感覚とはおそらく異なるでしょうから。

Ravelryで見た作品を自分が持っている毛糸で編もう! と誰でも思うと思うんです。でも、デザイナーが使った糸と、自分が持っている糸の少なくとも素材は比較してください。太さはゲージが変わりますからいうまでもありませんよね。素材の柔らかさ、張り感、質感、厚さ、まぁ、言い出したらきりがないです。

がんばってあんだものを「がっかり」と思うのは悲しいです。「編みたい!」とはやる気持ちをちょっとだけ抑えて、少し考えてみてくださいね。「自分はこの作品のどこが好きなのか」そうすれば満足感が120%くらいはアップすると思いますよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

毛糸を自分で選ぶことの大切さ

編み物の本を買うと使用された毛糸が明記され、またそれをパックで買えるようなこともありますよね。これを買えばまず大きな間違えもなく本に出ているような作品が仕上がるであろうと思われます。それはそれで良いのですが、実際に編み上がった感触が自分が想像していたものと違うなぁということもないわけではない。。。 着てみた感触は触らないとわかりませんから

いろいろな毛糸を編んできて自分の好みがだんだんにはっきりしてきたような気がします。ゲージさえ合えば他の毛糸を使うことにチャレンジできるようになりました。もちろん、失敗も多々ありますし、ほどいたり、投げ出したりという日々も少なくありません。

毛糸と一口に言ってもお値段もピンからキリですし、素材だっていろいろ。その中から自分の好みに合う毛糸と出会えたら嬉しい。けど、それが編みたいパターンにぴったりの糸かどうかは編んでみるまでわかりません。また、好みは変わっていくもの。数年前に買い込んだ糸を眺めながら「どうしてこんなに買っちゃったんだろう?」なんてね。

使用目的はもちろん、どういうスタイルで身に付けたいのか、そこまで考えるとこれまた楽しい。太い糸でざっくり編むのは楽しいけれど、重力で下に引っ張られるかもしれない。ふんわり編もうと思っていたのに選んだ毛糸にのっぺり感が強かったとか、いろいろとありました。

先日の青いストールは色の相性が抜群で素材感も私が大好きなものだったのでできあがったときはこの上ない喜びを感じました(ちょっと大げさ) あそこまでハリ感がある糸でなかったらクシャンとしていたかもしれません。クシャンはクシャンでステキ。でも、今回、私の頭の中に描いていたものはハリ感だったんですよ。

糸を色で選んでしまうこともよくあります。綺麗な色が目の前にあったら手を伸ばさずに入られませんもの。実際に編んでみてどうかは編んでみないとわかりません。同じ毛糸でもショールには良いけれど、カーディガンにはちょっと、と思っても不思議ではないでしょう? 

ようするに経験値、そして冒険心ということになるのでしょうか。セーター1着分となるとお値段もかさみますから躊躇もしますよね。そういうときには2玉くらい買って(1玉の長さにもよります)帽子を編んで編み感、できあがり感を試すのはいいですよ。メリヤス編みの帽子なら同時にゲージもとれますから。もしくは編みたい模様の帽子でゲージを取ることもオーケー。これは、かの Elizabeth Zimmermann も言っています。セーター、カーディガンとおそろの帽子も出来上がったらこれまた嬉しいじゃないですか。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

子供が引っ張ってとっちゃうわよ

先日のせた、クマの帽子、ついついゾウさんとユニコーンも編んでしまいました。

IMG_0447

個人的には最初のクマさんが一番好きです。頭につく動物たちは他に、猫、犬、ライオン、フクロウなどがあります。しかし、犬はいつ行っても売り切れ。残念! 家に猫がいる友人も猫とクマを並べて悩んでいましたが、結局クマを選びました。

つい、可愛らしくて並べたりしていたら、孫、ひ孫がいるおばあでゃんが、

「可愛いけど、すぐ、子供がむしっちゃうわよ。そして、その動物を口に入れ、かじりはじめるかわ」というではないですか。確かに。子供を育てている時には口に小さいものを持っていかないように神経質に見ていたことを思い出しました。さいわい、うちの息子たち二人はあまり口にものを持っていかなかったのでそれほど苦労はしませんでしたが。

IMG_0448

「これはお写真用よ」と言い返してやりました。(笑) だから、今日編んだ、ユニコーンとゾウさんは少し頭を大きめにしたんです。そうすれば、口にものを持っていく時期を過ぎた子供の頭にかぶらせられるだろうと思って。あまり大きくすると今度は好みがはっきりしてきてかぶってもらえなさそうです。

IMG_0449

それにしても、同じ製品のような顔をしているくせに、糸の色の染め方がそれぞれ異なるんですよね。模様を注意深く見ていただけると気づかれると思います。ユニコーンの糸のショッキングピンクの部分がこう、モヘアが混ざっているみたいなちょっと面白い手触りでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村