思い出の「間違い」

ワインのティスティングルームであったフロリダに住む女性との会話です。

彼女はワインを片手に編み物をしていました。わけないか。編み物は片手ではできないから。ともかく、ワインを飲みながら生まれてくるお孫さんのためにカーディガンを編んでいたんです。トップダウンですから首回りから初めてボタンダウンも編み出す私好みのシンプルなパターン。

しばらくして気がついたのは、2目ゴム編みがいつ間にか数段メリヤス編みになっていること。あらら、まだ酔っ払っているわけじゃないのに、と睨みをきかせながら編み物袋にしまったところに私がお店に入って行ったようです。

私はアルコールは飲みませんから、ただ、それまで飲んでいた主人を迎えに行っただけなんですけれどね。夕食をどこかで食べようかと思って。

このカップルの男性と立ち話をしていた主人が私に「彼女も編み物をするんだよ」というところから話が始まります。前書きが長くてごめんなさい。

彼女は私に間違えてしまったカーディガンを見せながら、

「これなのよ。いやでしょう?」 というから
「そこだけほどいてかぎ針で目を拾えば?」 と私。
「私もそう思ったのよ。でもね、主人が「君、それはほどいちゃダメだよ。この島への旅行の思い出にすればいい。これから生まれてくる孫がこのカーディガンを着た時に、その間違えたところを見て、今回の旅行の時に編んでいたんだな、あのワインを飲んでいたな、と思い出せたら素敵じゃないか」と言うのよ。だから、ほどくのやめようか悩んでいるの」

なんて素敵なご主人様。思いついて言いました。

「その間違いをパターンにしてしまえばいいのよ。ゴム編みとメリヤス編みを交互に編んだら、それはそれでパターンとして成り立つもの」

「それいいかも」という話に始まり孫の写真を見せ合い、犬の写真も見せ合い、立ち話が延々と続くのでした。

それにしてもご主人様の提案はグッドアイデア! 拍手を送りたいです。「思い出」の一つとしてとっておけますものね。ナイスなご夫婦でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

針を忘れて財布も忘れて!

編み物買いに出かけて、さて、編み始めようとしたら、「針がない!」

毛糸屋さんでも編み物買いですから、なかったら針を買えばいいのですが、今度は

「財布がない!」 オオボケの朝でした。まわりの友人たちは

「お金ならあるわよ。いくら?」
「いえば貸してくれるわよ」
「針の代金くらいつけにしてくれるわよ」

といろいろ言ってくれました。よっぽど主人に電話して財布を持ってきてもらおうと思ったときに思い出したのがポケットの中に入っている緊急用の20ドル札。そうだ、これがあった。針は10ドルくらいだから十分に足りる!

針のお金を払いながら

「前もってお金を貯めておける制度があるといいのに。財布持たずに来れるから。」すると、近くで毛糸を見ていたお客さんも

「それ、いい考えだわ。こっそり買いに来るときに便利かも。<ー奥さんの毛糸購入を後ろからしっかり確認しているご主人様方、少なくないんですよ。あれじゃ、奥さんも心行くまで買い物ができません。コントロールすることが大好きな男性、まだまだたくさんいます。

するとお店の人は

「ギフトカードをそのままストアクレジットにしておくことはできるわよ」

なるほど。これからいくらか自分で自分にギフトカードを買ってお店に自分の名前で保管しておいてもらおうかしら? 明日はバレンタインデーだから、もしかしたらこう書くと、主人がギフトカードをプレゼントしてくれるかも、という淡い期待を持ったのもつかの間。すぐに消えました。

プレゼントで思い出した。ある毛糸屋さんを訪れたご夫婦。ご主人が奥様に

「一度で終わるプレゼントなんておもしろくない。これから1年の間、好きなだけここの毛糸を買っていいから」ですって〜。いいなぁ、いいなぁ、いいなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

家にいたくないから編み物会?

一口に編み物会といっても、集まってくる人の年齢層によって選ぶ毛糸、作るパターン、話題などなどいろいろと異なります。60歳ちょっとから70歳くらいまでの人たちが集まると、定年ちかいご主人、または定年したすぐのご主人との時間の使い方に悩む人の愚痴がよく聞かれます。

「私がシャワーに入ろうとすると、ひげを剃るからといってついてくるのよ」

「でかけようと思って主人のランチにサンドイッチを作っておいたら、このチーズじゃイヤだ、というから、それしかないから我慢しなさい、と言って出てきたの。わがままなんだから」

「スーパーに買い物行く時についてこられると、20分で終わる買い物が40分はかかるのよ。私は買いたいものだけを買って済ませたいのに、一つ一つラベルを読みだすんだから。もういやになっちゃう」

ときりがありません。豪傑になると、

「家に主人がいるから、私が出かけるようにしているの。編み物会をはしごする日もあるわ。途中で1時間くらい時間が余ったら娘の家で時間潰したり、図書館に言って家には帰らない。」そういえば、彼女、毎日あっちこっちの編み物会に行っているなぁ。私は週に2回が限度というのに。

「ご主人のランチはどうするの?」という質問には

「冷蔵庫の中を開けて好き勝手に食べているだろうからいいのよ。テレビの前にずっと座っているんだから少しは運動になるでしょう」だそうです。

これがもう少し高齢になるともう慣れたものでお互いの存在が気にならなくなるのでしょうね。こういう愚痴はほとんど聞きません。そして、必ず言うのが

「ご主人に趣味をもたせなさい。趣味がないとすぐ退屈してあなたたちと一緒に行動したがるからね」これは経験から出る言葉なのでしょうか? でも確かに趣味があるのはお互いに大切なこと。それぞれの時間が持てますからね。さて、我が家はどうなることやら。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

夫の定年後。。。日本もアメリカも変わりません

編み物仲間の会話のトピックに夫の定年がよく出ます。今日も例外ではなく、数年後に夫の定年を迎える人と数ヶ月前に定年した人たちの頭痛の種について花が咲きました。

数ヶ月前に夫が定年した人が言うには、

「朝起きたら、ゆっくりコーヒー片手に新聞を読みたいじゃない。それなのに、うちの主人はテレビを2つもつけて、しかも耳が悪くなってきているから音を大きくしているのよ。うるさくてゆっくりコーヒーも飲めないわ」

と疲れた表情で言います。すると、夫の定年が目先にぶら下がったもう一人の人が、

「うちの旦那も、定年したら一日中リモコン片手にソファに座ってパチパチ番組を変えているに違いないわ。私は静かなところで本を読んだり編み物をしていたいのに、日がな一日テレビがついている生活なんて考えられない」

ふむふむ。ちょっと定年が先の人たちは情報を取り入れようと編み物の手を休めて聴き入ります。

アメリカ人の奥様達も日本の奥様達と結局はおなじなんですよね。いや、もしかしたら住んでいる場所柄かもしれません。アメリカは大きい国ですから住む場所により人々が持っている価値観がかなり異なります。今私が住んでいる場所は古い日本が持っていた部分と重なる部分を持っているかなとよく思うんです。

そう、私の周りの人たちは夫に仕えてきた人が多いかも。もっとも専制君主とか、暴君に使えるということはありませんが、それでも夫の健康を案じ、彼らがベストのコンディションで仕事に出かけられるように気を使っているいわゆる良妻賢母型。「自分」「自分」が先に立つ人たちとはかなり違います。

もっともアメリカは土地が広いのでもし夫のテレビがうるさかったら別の部屋に逃げるという選択肢もあります。

夫への不満、かなり溜まってます。さらに、あまり表立って夫に意見する人がいないような。。。半分諦めかもしれないけれど。。。 働いている人たちにもいつか定年は必ずやってきます。そのときに「まずい〜」ということがないように今から知恵をお互いにつけていくことが必須なのでしょう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

病める時も悩める時も。でもランチはイヤ

老後をどう生きるか。遅かれ早かれ誰もが直面する問題です。仕事をしていた夫、もしくは妻も家に入り、二人でジトッと生活するのか、趣味に生きるのか、ボランティアするのか、はたまた別の仕事を始めるのか、それぞれが老後が訪れる前にしっかり考えておかなくてはならない問題です。

どんなに若い人たちだって生きているものはいずれは年をとるもの。ま、いつもいつも考える必要はなくても頭の片隅に入れておくことをオススメします。だって、自分の前に両親が高齢化していきますしそれとどう対峙していくかも考えなくてはなりませんから。

編み物仲間にはもうご主人を亡くした方たち、たくさんいます。ても、とてもイキイキと毎日を送っているように見られます。日本の妻たちが夫が四六時中家にいるようになると具合が悪くなる話をすると、彼女たちは声を高らかに、

「結婚するときに、悩める時も病める時も一緒にいることを宣言したけれど、ランチのことは誓ってない。だから、ランチを一緒に食べなくてはならないなんて思わないわ。食べられないときは自分で食べてもらうの」

なるほどね。これはおもしろい。それを受けとめられるご主人たちの器の大きさもさることながら、そう教育をしてきた(?)彼女たちの努力も見上げたもの。だって、そうでしょう。そう簡単に「じゃ、あなた勝手に食べて」と行ってそれが通る年代を生きた人たちではありませんもの。

だから、まだご主人たちが家にいらっしゃる方たちだって独り身の人と一緒にランチを食べてゆっくり編み物をしておしゃべりを楽しんで帰っていきますよ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

夫は地下で木工を、妻はソファで編み物を

主人と結婚して長い年月がたちました。

「僕が我慢強いから」と横でブツブツ言っています。

友人にはご主人が定年して長い人,ちょっと前に定年した人、今,仕事を半分に減らしている人などいろいろいます。これから定年を迎える夫を持つ私たちはこのよき先輩たちからいろいろな経験談、良きアドバイスをもらいます。

一致していることが「ご主人に仕事以外の趣味を持たせなさい」

あるご夫婦は二人ともテニスが趣味。たまにいっしょにすることがあるにしても,それ以外の日はもし,ご主人が午前中にテニスなら,奥さんは午後にテニス、というふうにお互いがすれ違うようにスケジュールを入れるのですって。いっしょにいる時間と別々の時間を上手に持つことはけんかをしない秘訣のようです。

そうかと思えば,別の友人のご主人は木工が趣味。作品を見せてもらいましたが皆,すばらしいものばかり。彼は地下に工房とまではいかなくても工具をおいてあるのでそこで趣味の時間をすごします。その間,奥さんは1階にあるリビングで編み物をするのだそうです。お互いに干渉しないでそれぞれが1日を楽しむ。これができたら言うことなし!

ご主人の趣味が釣りの人はできるだけ近所の池,湖に送り出すようにしているとか言いますし,料理に興味を持っているご主人の奥さんは食べたいものをリクエストだけしてあとはキッチンには近寄らないとも言います。旅行好きな夫に車の運転は任せ,その中でサクサク編み物を進ませる,という強者もいますよ。

いずれにしても趣味があるからこのようなことが成り立つわけですよ。趣味がないと...テレビを見ているだけか、「君はどこに行くの? 何時に帰ってくるの? 僕のごはんは?」という質問攻めにあうか、ゴロゴロとソファの一部になってしまうか... 想像しただけでもドキドキします。

いっしょうけんめい働いてくれた夫ですから定年後はやはり自分の楽しみを持って過ごしてほしいと心から思いますが,さて,「自分の楽しみ」を見つけるのはやはり本人。どうしよう〜!?

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

夫はスポーツ観戦.妻は編み物

アメリカというとレディーファースト、女性も自由で権利をきちんと主張しているというイメージがありますね。現代のアメリカはそうなのですが,昔からそうだったわけではなく,日本と同じように妻が家事をこなして夫の帰りを待つ時代がありました。だから,人の年齢によってはその習慣から抜けきれない人だってたくさんいるのです。

この季節,野球はもちろん,バスケットボール、アイスホッケーもプレーオフで見逃せない試合をテレビで放映しています。スポーツ好きの夫がチャンネルをカチャカチャと変えながら、iPad、パソコンを駆使しながらあらゆるスポーツの経過をチェックしているときに妻は横で夫のコメントに相づちを打ちながら編み物をするという姿も決してめずらしくありません。最も,大都市に住みキャリアを追求していく女性たちには想像できない光景かもしれませんが。

ある程度のスポーツの知識も持ち合わせているから夫の話にもついていけるし,かといってテレビをずっと見ているほどスポーツが好きじゃないし,ゆっくり編み物をしましょう、というのでしょう。でも,あまり複雑なパターンはダメですよ。目の数を数えているときに、

「ほら,すごいショットだった。今、リプレーやるから見てごらん」何て言われてしまったら数え間違えてしまいます。

だから、とても単純なパターンの編み物をちゃんと準備してあるんです。

夫ともテレビを見ながら時間を共有し,自分の趣味もちゃんとしているなんて,賢い奥様たちだと思いません? 

「野球なんて興味がないわ,一人で見れば」ということもなく,家庭内の和を保ちながら自分も楽しむことは忘れません。こう言う時間の過ごし方は夫婦円満の秘訣かもしれません。共通の話題は必要です。お互いに歩み寄らないとね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ