分厚いセーター、乾かす方法

今年の冬はとても暖かいので暖かいカーディガンの出番がなかなかありません。

先日編んだ、白いセーターを水を通して形を整えたのはいいけれど、なかなか乾きません。そりゃ、そうだ。あれだけ太い糸で編んでいるのだから水分が抜けるのに時間がかかるのは仕方がないんです。

ぬるま湯に1時間くらいつけたあと、(あまり早く出すと、ウールが十分に水分を吸収しませんのでご注意を)カーディガンの水分を押しながらとり、それからタオルの上にのせクルクルっと巻いてさらに押して水分をタオルに吸収させます。とても1枚じゃたりません。次のタオルを出してまたやり直し。大判のタオルを2、3枚は少なくとも用意しといてくださいね。それほどタオルがびしょびしょにならなくなったら、今度は広い場所に移り、タオルを広げてその上にできるだけ形を整え、重なる部分ができるだけ少ないように伸ばし、お風呂場などに置きます。そうすればタオルを通して水分が下にしみだしても大丈夫。ここで勇敢にもベッドの上にのせる人もいますが私はベッドが湿っぽくなるのが心配でできません。

お風呂の中においてタオルを変えながら丸2日置きました。水分がだいぶ飛んだかな、と思ったら、今度はビニール板のようなものの上にのせて、そしてベッドの上に移動。暖房がきいているので空気も乾燥しており、水分が飛んでいきます(そんなきがするだけですね)。薄いタオルを丸めて袖の中に通すこともあります。こうすればどうしても重なってしまう袖の水分もタオルが吸い取ってくれます。

そして、もう、水分は出ないな、と思ったら、今度はセーター用のネットの物干しの上に再度移動。これにのせて乾かすんです。こうすれば下からの空気が通ってますます乾きます。このプロセスをかけてセーターが乾くのに1週間以上かかりました。早く乾かないかなぁと思って何度も見に行きました。でも、ここは我慢。しっかり乾かしましょうね。

そうそう、ぬるま湯に、羊毛類を洗う特殊な洗剤を少し落としました。わざわざそんな特別な洗剤を買わなくてもシャンプーでいいのよ、と友人はいいます。羊毛も私たちの毛髪もタンパク質でできているし、キューティクルで保護されているのは一緒、というのが理由です。シャンプーならどこのお家にもありますからそれは便利とも思えます。

明日、Lemongrassができあがりそうです。これまた太い糸で編んでいるので上に書いたことをまた繰り返します。編んでいるときは膝がとても暖かかったカーディガンです。来週くらいには気温が落ちるというので新年くらいには着れるかもしれません。今から楽しみ!

自分で編んだお気に入りのセーター類はドライクリーニングには持って行きません。自分で丁寧に洗って大切にしまうからです。他の汚いものたちと一緒に洗われるのはあまり好ましくないので。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

久しぶりのセットインスリーブのカーディガン

ここのところ、つい楽なものですからトップダウンのヨークカーディガン、もしくはラグランスリーブのものばかり編んできました。トップダウンだと肩の部分を編んでそれから見頃と袖を分けますから、袖と見頃をはぐ手間が省けますよね。しかし、なかなか体のフィット感がベストのものを作れません。まだまだ修行が足りないということでしょうか(笑)

特に、今回編んだカーディガンは太い糸を使っているので「はぎ目」が少ない方がいいんです。となると、トップダウンの方に軍配があがります。

しかし、あえてセットインスリーブのパターンを選びました。とにかく昔ながらのごくごく普通のカーディガン、パターンの書き方もちょっと古臭くて友人の助けも借りました。やっと編み上がり、これから糸の始末をしなくてはなりません。あ、そうだ、それからボタンも買ってこなくちゃ。

さっき、はおってみたところ、とっても肩の部分のフィット感がいいんです。セットインスリーブの方がもしかしたら人間の体型に近いのかしらと思ってみたり、たまたまパターン、サイズが私に合っていたのかしら? トップダウンだって必ず着心地がいいパターンにであるはずなどなどいろいろ考えさせられます。

それに、「はぐ」という動作がある分、型崩れがしにくいのは事実かもしれませんね。袖を編んでいる段数と見頃のアームホール部分の段数はにらめっこさせて編みました。そうすることで長さにズレが出ることを最小限に防げるだろうと思って。パターン通りに編んでいたら心配はないのですが、ちょっとだけアームホールを深くしたので。

いやぁ、この分厚いカーディガンを水につけて糸をリラックスさせてというのはなかなか大変なことになりそう。しかも、しっかり乾かすためにはどこにひろげよう? どれくらい時間がかかるのだろう? 何と言っても白いカーディガンだからシミなどつけないように気をつけて扱わなくては。

さっきボタンも付いていないまま試着してみたらすごく気に入ったので同じパターンを糸を細くして編めたらいいな。がんばって数字の調整をしようかしら? セットインスリーブをイヤがらずにまた編もう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

毛糸屋さんでの編み物会は財布によくありません

今日は、初めて、ちょっと離れた場所の毛糸屋さんで月1度ある編み物会に行ってきました。初めて会う人が6人いましたが、それぞれまぁ、個性的な人たちばかりでおもしろかったんです。

しかし、毛糸屋さんでの編み物会は財布によくありません。そこについて、荷物をソファの上に置いて一通りお店の中を見て回ります。(まるでうちのマフィンが庭をフェンスにそってにおいをじっくり嗅ぎながらゆっくり歩くみたい) それから、おしゃべりをしながら編み物をして、さて、一休み、となぜかお店の中に行ってしまいます。(行かなくてもいいんですけれどね) しかも編み物仲間がいますから、

「あ、この毛糸があのパターンにいいわね」
「あなたがこの間まいていたショール、この毛糸で編んだらどうかしら?」
「この毛糸、見たことがないわ、あなた、使ったことある?」

と話はつきません。毛糸を見て、触って、自分の前に持って来て鏡で見て、戻して別の毛糸を手に取って、といったい何をしに来たのかわかりませんよ、これじゃ。お店の女性主人がとてもステキなカーディガンを着ていたので、パターンは何か聞くと、帰って来た答えが

「Viatmin D」
「え? 私も編んだけれど全然違って見える」というと友人が、
「あなたよりほそい毛糸で編んでいるからよ。それに丈も短いでしょう?」
「確かに… 私は寒がりだから太めの毛糸で編んだけれど、ほそい毛糸で編むのもとってもいいじゃない…」

家に帰って来た主人は 

「また、毛糸が増えているよ。どうしたの?」 というので、
「最近の毛糸は生えてくるのよ。知らなかった?」とごまかしました。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ