夏は遊びに出られない理由

シアトルのまわりは幾つものフェリーが半島、島などの間を運行しています。地図を見ていただけるとお分かりになりますが、たくさん小さい島がポカリ、ポカリと浮かんでいます。夏休みは遊びに来る人たちでそのフェリーはとても混雑しているので、間違っても土曜日は車でシアトルには行きません。帰りのフェリーに乗るために時間によっては3時間も待たなくてはならなくなるからです。しかも炎天下で待つ可能性もあるのでこれはなかなかつらい。

今、住んでいる島から本土(?)に行くにはシアトルにフェリー、もしくはTacoma経由なら地続きで行けますが、工事やらなんやらいつも大渋滞。さもなければ40分くらい車で走ったKingstonからシアトルの北のほうにフェリーで行けますが、本土側のEdmondsの渋滞は半端ではないんです。しかも、フェリーを待つ車が入れる駐車場というのは極端に小さく一般道路の右側に並ぶのでエンジンもかけっぱなし。環境にもよくありません。

だから、出かけるのは週中。通勤族の車が終わった頃の時間を見計らって家を出て用事を済ませたらまた通勤の混雑になる前にフェリー乗り場に到着しなくてはならず時間に余裕がないので、出かける意欲はそがれます。

予約が取れるフェリーはほんの少し。あとは行き当たりばったりとなります。

Edmonds の毛糸屋さんにちょっと行きたいわ、と思ったらきっちり予定を立ててiPhoneでフェリーの混雑状態、そしてシアトルまでの道路の混雑の様子を調べながら当日は動きます。家に向かうフェリーに乗るとどっと疲れが出てぼーっとする今日この頃です。

広告

糸が足りない!

糸をできるだけ残さないようにというパターンを編んでいましたが、あちゃ〜、私は糸が足りなくなりました。足りなくなる可能性があるからゲージをきちんと調べてと言うことでしたが私はさぼりました。それが原因というわけでもないと思うんです。だって、足りなかったのは最後の80目ほど。ゲージがそれほど関係しない数字だと自分で勝手に考えてます。

IMG_2760

使い残した同じMadelinetosh Merino Light のボールを探し出してきてなんとか誤魔化せないかとちょっと編んでみました。

IMG_2761

ちょっと目には同じように見えます。しかし、編んでみるとかなりシェイドが違うんです。ほんの一部だからなんとかならないか、と妥協したい気持ちはやまやまなのですが、ちょっとムリ。明日、手持ちの糸をひっくり返して探してみます。どうしてこういうことになったのかしら! とちょっとプリプリしているんです。

実はね、糸が足りないことに気がついたのは飛行機の中。夏休みなので家族連れがたくさん乗ってました。まだ赤ちゃんも数人。気圧の変化でつらかったのでしょう。金切り声で泣いているんですよ。あちらこちらで。最初は全然気になりませんでした。しかし、糸が足りないことに気がついた途端にイライラしてしまいました(笑) いけない、いけない、と自分をなだめて編み物を袋にしまいました。

お母さんやお父さんたちもいっしょうけんめいあやしているだろうに、疲れてしまうだろうな、と思う反面、お隣に座っている人も気の毒だな、と正直に言いますと思いました。やはり数時間のあいだ、耳元で泣かれたら疲れてしまいますもの。広い国ですからね、飛行機での移動しか手段がない人たちは本当に大変です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

さすがに編めませんでした

いつも小さい巾着袋に編みかけのものを持ち歩いている私ですが、さすがに今日のシカゴオヘア空港は編む気になれない雰囲気でした。夏休みのせいもあってか人の数は普段よりもずっと多く、食事を取る場所はイス取り合戦とまではいきませんが、購入したファーストフードを持ってあちらこちらウロウロする人がたくさんいました。

目を皿にして開く席を探す人、席取りをしていたはずの子供がテーブルから離れてしまい席がなくなってしまい子供を怒っている親、とにかく空いている席を見つけてそこに座ったと思うや否やハンバーガーを平らげて次のフライトに急ぐビジネスマン、となかなかの大騒ぎでした。

そんなところで優雅に編み物を広げるわけにはいきません。席を探している人が気になって間違ってしまっても困りますしね。

巾着袋はキャシー中島さんの生地を使って縫いました。すごく昔に購入した生地です。こんな巾着袋をいくつも作ってあるのから編みかけのものが増えるのかしら?

image

そして、今編んでいるのは Kline というショールです。ショールが持ち歩くには一番手軽なんですよ。

image

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村