遠方から来た友人に帽子を

私は今、シアトル近辺に住んでいます。シアトルから多くのクルーズ船が出るのですが、前住んでいたセントルイスから友人が2人、アラスカクルーズにくるから、近くの毛糸屋さんで会いましょう、と連絡があったんです。

それほど親しかったわけではないけれど、とても印象に残っているのが彼女が編んでいたセーター。ご主人のために編んでいたセーター(それも初めてのセーター!)がとにかく大きくてまるでビヤ樽のような大きさだったんです。編みながら彼女が「重くて」と言っていたのを今でも覚えています。

その彼女は数ヶ月前に卵巣がんが発見されたんです。手術、化学療法を終えた彼女はすっかり髪の毛が抜け落ちていたもののとても元気な表情で現れました。「前向きにしていこうと思うの」という彼女は続けます。

「医者から悪いことを言われたり調子が悪い時には落ち込むこともあるけれど、そのままじゃいけない、って自分に言うの。せっかく生きているのだから下を向いていないで楽しいことを探して生きようとおもうの」

シアトルとセントルイスは飛行機で約4時間かかります。車で行こうとしたら4、5泊しないとまずは無理。もしかしたらもう会うことはないかもしれません。

そんな彼女に帽子を編みました。

IMG_5291

彼女の頭のサイズに合うといいのですが。。。昨日会った時に渡しました。

ついでと言ってはなんですが、水通しをする前とした後の写真も撮ってみました。2枚作れたので比較ができます。

IMG_5311

大きさが違うでしょう? 重ねてみるとこんな感じ

IMG_5312

同じ色なのでちょっと見にくいのが悔しい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

ホテルを占領?

Madrona Fiber Arts という数日間に渡る編み物、糸紡ぎ、などのコンベンションに来ています。

ロビーの階のイスはもちろん、レストラン、バーにも、編み物を持った女性たちでいっぱい。そう、少しですが男性の姿も見えました。これは良い傾向です。そして、彼らは編み物をしているだけではなく、すてきなショールやら、セーターを身につけているんです。

ロビーの近くに陣取って編んでいると、次から次へと人々がチェックインして来ます。糸紡ぎ機をゴロゴロ引いてくる人がいるかと思えば、毛糸のボールをたくさん詰め込んだトートバッグを2、3個持ってくる人もいます。近くから来ている人はスーパーの袋に水とかポテトチップスとかも運び込んでいます。その姿、なかなか勇壮です。

と、こういう人たちの中に混じって数人のビジネスマンもチェックインして来ますが、なんだか普段と異なる様子に辺りを見回し、「?」という表情になり、関わらないようにと思うのか、そそくさとエレベーターに向かいます。しかし、そのエレベーターも、荷物の乗り降りに時間がかかっているのかなかなか降りてこないんですよ。気の毒に、と思うけれど、こればかりは仕方がありませんよね。

また、編み物に興味がある人の集まりですから、知らない人でもどんどん声をかけて、どんな意図を使って編んだのかとか、パターンの名前は何なのかとあちらこちらでおしゃべりの輪が膨らんで来ますから、ますますロビーは大混雑。

こんさぁ、明日からクラスが始まります。クラスで居眠りしないようにそろそろ寝なくては。持ってこなくてはいけないと前もって知らされていたものは全て持って来たと思うけれど、明日、クラスの前にもう一度チェックしようと思います。クラスは9時からですが、毛糸の、ファイバーなどを売るマーケットは8:30に始まります。それものぞきたいし。それではおやすみなさい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

新参者はがんばる

アメリカ各地、いろいろな場所にすみました。子供ももう育ちあがってしまっているので、子供を通じた友人はできません。となると後は自分だけ。がんばるしかありません。

編み物会やら読書会に出かけて行き、自分から自己紹介をして相手の名前、趣味などを聞き出すしかないんですよね。編み物会は楽です。お互いに共通の趣味がありますから。そうはいっても住んでいる場所が違うと毛糸の好み、編むもののチョイスも少し違います。もっともその異なる部分を見つけることが楽しいのが新しい場所に住むことなのですけれどね。

とにかくがんばるしかありません。全員がいつも親切というのはおとぎ話の世界。意地悪というのではありませんよ。とっつきが悪い人もいますし、よーく知ってみると良い人なのだけれど、相手側が初対面の人との会話が苦手という時もありますから、最初からそううまくはいきません。しかしめげていたら人の輪は広がらないので「こんな時もあるさ」と思って次の機会に望みをつなぐんです。

しかし考えてみるとこれも経験がものを言います。だんだんにずうずうしくなっていきますし、ちょっとやそっとのことではへこたれなくなります。経験を踏むというのは本当に大切なことなのでしょうね。どんなことでも経験を重ねていくと最初はすごく大きいことに見えたことが後で考えて「なんだ、あんな小さいことだったのね」ともしかしたら言えるかもしれません。

自分が外に出かけていかなくては世界が広がらない。これは住む場所が変わるたびに思い知らされてきたことです。おかげでたくさん友人も増えましたが、逆に「さよなら」もたくさん言いました。もう2度と会えないだろうなと思う人たちもたくさんいます。Facebookなどで話すことはできても顔と顔を合わせておしゃべりすることはないと思うとやっぱり寂しいですね。「ちょっと友達に会ってきます」というにはアメリカは広すぎるんです。でも、何かのチャンスに古い友人たちにどこかで会えるかもしれないという望みを持ちつつ、また、新参者は新たな出会いを求めて出かけて行きます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ご主人の幼馴染みに頼まれたら編みますか?

友人のご主人が幼馴染みに聞かれたそうです。

「君の奥さん、編み物しているんだろう?息子の大学のスクールカラー(こちらの大学にはその大学の色があるんです)を使ってマフラーを編んでくれるかな?」

ご主人さまは「僕はわからないから自分で直接聞いてくれない?」と答えたということを聞いた友人は私たちに聞きます。

「どう思う? あなたならどうする?」

皆は口々に言います。

「マフラーを編むのには毛糸を買わなくてはならないし、時間だってかかるんだから、断りなさいよ」

「毛糸代くらいはもらうんでしょう? 毛糸が高いことを聞いたら編んで欲しいなんて言わなくなるわよ」

「大学のブックストア(大学の名前が入ったノートやらパーカーなどいろいろなものを売っています)に行けば、スクールカラーのマフラーを絶対に売ってるし、そこで買ったほうが安いに決まってるって言ったら?」

「時間は限られているのよ。自分が編みたいものがたくさんあるのに編みたくないものに時間を使うことはないわよ」

なんか、みんな冗談じゃないわよ!という勢いなんですよね。もっとも、ステキな毛糸でていねいに編んでも、寮に住む大学生ですから、お洗濯だって簡単に済ませるであろうことは皆、承知しています。

「頼んだのが他の人ならともかく、ご主人の幼馴染みだったら編んであげてもいいんじゃない? 」と言いかけましたら、あまりの皆の剣幕に言葉を引っ込めました。確かに時間はかかるし、毛糸だって安くはありませんが、幼馴染みのお子さんにだったら「大学入学おめでとう!」とプレゼントしてあげたら気持ちだけだって嬉しいだろうに。。。 

まぁ、人それぞれなんですねぇ。みなさんだったらどうなさいますか? もし、ご主人が「⚪️⚪️がさぁ…」と言いだしたら…?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

残していった編みかけのショール

編み物会の友人の一人がなくなりました。高齢のわりにずっと元気だったのですが、ここ数ヶ月は肺炎を起こしたり治ったと思ってもあまり体調が芳しくなくと皆で心配していたのですが、とうとう1ヶ月位前に亡くなったんです。彼女が編みかけていた白いショールを友人が持ってきました。ほとんど出来上がっているから仕上げて亡くなった友人のお嬢さんに渡すと言って。

パターンはDamson でした。その前にいくつかショールを作り始めては、自分が思うように編めないからとほどくことが数回あったんです。とても小柄な彼女がこのショールを生前に仕上げていたらきっと似合っただろうなぁと思います。その前にも小さめのショールをオフホワイトの糸で作りました。思っていたよりもむずかしいとブツブツ言いながら。若い時にはかなり高度なものも編んでいた彼女は、自分の目と指先が自由に動かなくなってきているのが悲しく、そして、認めたくなかったような部分もあった気がします。

今、私には編みかけのものがいくつもあるので、それを残していなくなるわけにはいきません。優しい友人たちだって、「こんなに編み上げるのは無理よ!」と怒りそう。そういうことがないように、編みかけのものを編み上げるか、もしくはほどくかのどちらかをすることにします。

自分でも一体どれくらいのプロジェクトがどういう進み具合なのかを把握しているか不安です。一応、これとこれとこれと。。。と覚えているつもりではあるものの必ず忘れているものが一つや二つはあるだろうから。

とにかく、今編んでいる473目作り目したショール、それからパターンがあるソックス。これは必ず仕上げなくては。それから、もう一つ、気にかかっているのが、Franklin Habitのパターンのショール。これも半分以上は終わっているし、ほどくのはイヤ。よし、この順で完成することにしましょう。それまでは他のものの作り目はしない! イヤァ、無理かな。だって、YarnConで買ってきた毛糸とパターンが「まだぁ〜?」と私を呼んでいるのですもの。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

年に一度の毛糸交換会が近づいてきました

クリスマスが近づき、「ホリデーランチ」が来週あります。それぞれ毛糸を持ち寄って交換会をするんです。持ってくる毛糸にはルールがあります。

1)400メートルくらいはあるもの。というか、ショールを一枚編めるであろう長さのもの。
2)アクリルを含む糸はダメ。
3)外から見て特徴がないように真っ白の紙で包み、それ以外はステッカーなどなにもつけないこと。

私がこのグループに参加してから4回目となりますが、私が参加する前、その後にもいろいろ人々が言いたいことがあったようです。

私が知らない時代(?)には、一人の人が、ずーっと押入れの中に入っていたであろう粗悪な毛糸を持ってきてもらった人は使いようがなかったとか、これは私が入ってからですが、かなり細い糸を持ってきた人がいて、それに当たった人は文句たらたら。こんな細い糸なんか欲しくない! と後でこっそりでしたがおかんむりだったんです。細い糸でも他の糸と2本取りにしたら素敵なものが出来上がるかもしれないのにね。

私はいつもどういう毛糸を持っていくか悩みます。みんなが好みそうな色にしたほうがいいかしら? でも、少し面白い色の糸の方がいいかしら? 素材はどうしよう? と。このためにわざわざ買う人たちの話を聞いていると、家にある糸はどんなに良い質のものでも避けた方がいいのかしら、と消極的になったりして。

先日、こんな意見が出ました。

「ね、他の人がもらったのと交換できるルールにしない? 」すると
「一度だけ取り替えられるというのもいいんじゃない?」

しかし、そうすると人気がある糸を持ってきた人と誰も欲しくない糸を持ってきた人の気持ちにかなりの差が出てしまいます。それはどうするのだろう? 好みが違うからいいのかしら? 普段自分が買わないような糸に出会える楽しみもあるはずなのに、と思いながらも、欲しくない糸が回ってきたらやっぱりいやかな?

自分にどういう糸が回ってきたか思い出してみました。最初の年にはWollmeise のブルーグリーンのPureが来て、確か、半円形のショールをつくりました。次の年にはDream in Color のClassy 、そして去年はなんだったけな? あまり好きな糸でなかった記憶はあるけれどよく覚えてない。。。

奇抜なものをもらうのもこれまた楽しいというのが交換会。そうでもない?
さて、今年私が何を用意したかというと、一応内緒にします。日本人の人はいないし、仲間に日本語が読める人はいないけれど、とりあえず木曜日まではね。今ではオンラインでいくらでも買えますが、とりあえずこの近辺の毛糸屋さんでは手に入らない糸を選びました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

集まって編み物しませんか?

せっかく日本にいるのだからと、あれもこれもと欲張ってしまうのが私の悪いクセ。

よろしかったら、集まって編み物しませんか? 英文パターンを見ながら編んでいて「?」と思われた方、持ち寄ってワイワイと解読しませんか? 他の人が編んでいるものを見て「あ、それも編みたい!」という刺激をうけませんか?

と、好き勝手に考えて、「不言実行」

さっそくすぎるのですが、私の予定などを考えて早めにしてみようと、

25日の木曜日、1:00から3:00、池袋に集まれる方、いらっしゃいますか? もしいらっしゃるようでしたら、このブログのヘッダー(マフィンのでかい写真)の下のところに contact me! がありますので、そこからメールをいただけますか? 急な話なのでお忙しいでしょうから、来週の頭にしようかなぁとも思ったりするのですが、とりあえず、伺うだけ伺ってみることにしました。 今度の木曜日ですよ。25日です。ご都合をつけていただけて、ご一緒に編めたらとっても嬉しいです。

都合がつかないけれど、この日くらいなら、なんていうメールでももちろんかまいません。

初めての人と一緒に編むの不安。年齢もさまざまになるでしょうしね。でも、それもまた楽しみになりますよ。新しい編み友達ができるかも

ご連絡お待ちしてますね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村