アメリカ兵士が着る羊毛はアメリカ産

第2次世界大戦の折に、アメリカは自国の軍需産業、そして祖国のために戦う兵士の命を守るために、兵隊服の服(上着から下着まで)、絹を含む製品、ウールなどを全てアメリカ国内産のものを使用することが決められました。

今でも世界各地に兵士を送っているアメリカです、いまだにこの規制は続き、数年前にさらに厳しくされました。羊をアメリカで育て羊毛を刈り取り、毛糸にしてそこから必要なものを製品化していくわけです。

現在アメリカのウール製品の多くはニュージランドの羊さんたちのものでそれが一旦、中国に送られそこで製品となりアメリカに入ってくるそうですが、規制の強化とともに、何もそんなに遠くから輸送することせずにこの際、最初から最後までアメリカでやろうではないかという動きがあるようです。

広い国土ですから場所はどこにでも(そうでもないか)ありますが、政府からの補助金、もしくは企業などからの寄付がないとなかなか始められない大事業だと思いますが、それでも、前進しつつあるみたいです。Brooklyn Tweed は良い例ですね。あ、彼らは軍需品とは全く関係ありませんので、念のため。でも、アメリカで育った羊をアメリカで毛糸にしているという点は同じです。

いろいろな毛糸のラベルを見ると、made in Peru, made in U.S.A と書いてありますが、全てをペルー、もしくはアメリカで全ての工程がなされているとは限らないんです。どうもその辺がよくわからないのですが。。。 どこまでラベルに規制があり、あとは生産者側がどこまで正直かですから。

気にし出したらきりがありません。別にどこ産の毛糸だから使わない、とかいうこともありません。ただ、興味があるんですよ。どこの産業なのだろう?輸送費、人件費などどれだけ上乗せされているのだろう、生産者のもとに、きちんとお金が入っているのだろうかなんてね。

難しいことはこれくらいにしましょう。今年の冬は暖冬で厚いセーターを着る機会があまりありませんでしたが来週から本格的な寒さがやってくるようです。寒いのは嫌いですが、セーターが活躍するのは嬉しい、と矛盾した気持ちでいます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

手編み物、どれを買いますか?

日本の人たちの「手編み」に対する感覚というのはどうなのだろう? とふと思いました。わたしが住んでいる地域では母親をはじめとして祖母、叔母たちが編んでくれるスカーフ、帽子、ソックスは売っているもの以上に喜ばれます。アメリカ全国がそうかどうかはわかりません。

毛糸の帽子などに限りませんが、買うときにラベルを見てください。原産国はどこなのか? 素材の原産国と生産国は異なるのかなどなど。

なぜか? 買い物をするときに自分の好みの色などとは別に大切なことは「質」そして「価格」ですよね。どんなに質が良くても目が飛び出るような価格ではさすがに買い渋りますから。しかし、少しだけしか価格差がなくて、原産国が日本と他の国だったら、わたしは日本で作られたものを買いたいと思ってます。

帽子を例にとりましょう。私たちにとったら一つの帽子。しかし、その帽子を作るために働いてくださっている方たち、そしてその家族も含めたら大変な数になります。私たちの手元に入るまでに関わっている人の数といったら少なくありませんよね。日本の中でがんばっている人たちを応援したくなりませんか?作ってくださっている方たちのプライドだってありますよ。 そして、原材料を仕入れる値段、人件費、輸送量などなどいろいろ考えたらそんなに安い価格で質が良いものを作れるとは考えられません。安いものに手が伸びるということはもしかしたら日本の製造業の火を少しずつ細くしていることにつながらないでしょうか?

アメリカも安い商品を作り、廉価のサービスを提供することに躍起となり海外に工場、事業所を作った時期もありました。今もそういう傾向にありますが、アメリカ国内の製造業の力の衰えに不安感を訴える国民の数が増えていることも事実です。

わたしも手編みの帽子に長方形のコットンの生地を縫い付けて売り出そうかしら? 縫い付けるくらいなら私にもできそう。実際に、そういうラベルが付いているどこで作られたものかわからないものの方が、お母さんが編んでくれたしっかりした帽子よりもファッショナブルと思う人が多いのかな? それともお母さんが編んでくれたら絶対、そっちの方が嬉しいのかしら? だけど、編んでくれない? 

マジに帽子、売り出そうかしら? うぐいす餅のロゴマーク? あんまりかっこ良くないかも。(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ケーブルの帽子

なんとなく日本のショッピングサイトをウロウロしていたらケーブルの帽子が目に入りました。お値段はまちまち。素材もアクリル100%からウール100%、カシミア混などさまざま。なんだ、私がこの間編んだ帽子に似ているじゃない。

IMG_1504

帽子にラベルと言うのでしょうか、タグと言うのでしょうか、長方形の布地にいまひとつ訳がわからない英語の文章が書かれたり、ブランド名が入っていてそれを太い糸でザクザク縫い付けてあるのも人気みたい。そして、見た帽子の多くはとんがり帽子だったように見受けられます。じゃ、こういう風にかぶってみようか。

IMG_1503

帽子は編みますが、自分ではほとんどかぶりません。シカゴの突風の中もかぶりませんでした。きつくない帽子でも頭がしめつけられているようでダメなんです。だから、かぶり心地など細かいことになると「?」となってしまいます。ま、ゆるくかぶりたい人、目深にかぶりたい人、いろいろな好みがあるでしょうから、私個人の好みなんてあまり関係ないかも。

製品の説明を読みながら感じました。今まで、生産国、made in…  という表示をよく見ましたが、country:…. というのは何を意味しているのでしょう? 原産国? 素材はその国だけれど実際に生産されたのは別の国? それともその国の素材でその国で作られたの? よくわからん。それから素材のことだと思うのですが、’fablic’という言葉, これ、スペル間違いですよね。 ’fabric’…かな? おーい、こういう間違いはナシにしましょうよ。

帽子はあっという間に編めるので楽しいですよね。ケーブルは頭頂部での減らし目に工夫が必要ですが、でも、面白い。単調なものよりも編みがいがあります。前にも紹介しましたが tincan knits の Antler は好きです。それからKnotty but Nice これは knittyのサイトで無料で編み方を読むことができますからね。

これから帽子は防寒のために必需品となるでしょうから、ファッション性と合わせていろいろなものを作ってくださいね。ボーイフレンド、またはご主人にもお手軽プレゼントになります。我が家の夫はあまり帽子が似合わないので作りませんが(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

タグの不思議。British Made?

日本ブログ村の方は本当に迅速に問題を解決してくださいます。冒頭でお礼を申し上げたいと思います。「ありがとうございます」と。

さて、商品を見るときについ、原産国そして生産国を見る癖が付いています。昨日、ハリスツィードのとってもかわいいバッグを見つけました。チェックの。ウールの温かみがあって「あ、これいいな」と思いタグを見ると、「?」

「Dyed and woven in Scotland (スコットランドで染め、紡がれたもの」 なぜか、「made in Scotland」ではありません。「え〜、わかりづらい」どこで作られたものか書いていないじゃない!」と店員さんの冷たい視線にもめげずにひっくり返したけれどわからない。ふと、横にあった同じ柄の手袋を見るとありました。なんと、生産国は全く違う国! ようするに、スコットランドでは縫製はされていないということなんでしょうね。

「や〜めた」 一気に急に買う気が失せました。どうせなら “made in Scotland” がほしかったなぁ。

また、別のお店ではとっても素敵なレッグウォーマー、マフラーを見つけました。どちらもていねいな縄編みがはいっています。お値段はなかなかのもの。(わたしにとってです。日本で普段生活なさっていらっしゃる方々から見たら普通の値段かもしれないんですが) よーく見ると、これはイギリスの羊毛を使ってイギリスで生産されているらしい。あくまでも「らしい」です。

だって、”Made in England” “Made in Great Britain” とも書いていないでただ”British Made” わからん! これはどういうことなのでしょう。なんだかインチキくさい、と感じるのは私だけでしょうか?

そういえば、”made in U.S.A”なるセーターを見つけて大感激。だって、アメリカに住んでいて”made in U.S.A”のセーターなんて滅多に見ないんですもの。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ