カウチンの帽子

旅行に行って楽しみなのはいろいろな人との出会いです。今回、カナダのビクトリアにやって来て出会ったのがイボンヌという女性。彼女はインナーハーバーの横に座ってカウチンの帽子を編んで売っていました。カウチンの糸が見えたので大急ぎで彼女のところに行って声をかけました。

帽子は売れてしまったのか2個しか残っていませんでした。値段を聞いて、一つを手に取りかぶって見たのですが、私は髪の毛も多くて帽子は大きいサイズでなくては合わないんです。

「これ、小さすぎる」というと、彼女は

「今、編んでいるこの帽子はあと1時間で編みあがるからその頃に来て」というので、一度ホテルの部屋に戻り、マフィンを連れて戻ると1時間もしないというのにすでにその帽子は出来上がっていて彼女は次の帽子にとりかかっていました。その帽子がこれ。

IMG_5487

 

糸が太いので(カウチンですから当たり前ですが)冬にとても暖かそうです。イボンヌは頭の中にパターンががいくつも入っているから記憶だけでいくつもの種類の帽子が編めると言っていました。カナダの冬の気候には必需品かもしれませんね。

一時期日本でも、カウチンがとても流行った時期がありました。あの時のカウチンブームはどこに行ってしまったのでしょうね?

その後、数日ビクトリアに滞在しましたが彼女の姿を見ることはありませんでした。次回、来た時にまた会えたら、と思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

帽子とカウル

帽子をかぶっている人たち、増えましたね。毛糸の帽子あり、フェルト地のような帽子もありと見ていてとても楽しいんです。

女性の場合、髪の毛がつぶれて’hat hair’になるのが嫌でかぶらない方もたくさんいらっしゃると思います。

母もそうだったのですが、年を重ねるにつれてどうも頭が寒くなってきたらしく「帽子が欲しい」というので、たまたま持っていた糸で編みました。頭の大きさ、形はほんとうにさまざまで深さとかとても困ります。一番フィットするであろうと思われる2x2のゴム編みを選びました。少し長めに編んでおいたので、このように耳の部分を2重にしてカバーできます。

img_3953

とても暖かいようで、しかも近所にお買い物に行くとみなさまから「いい帽子ね」とか「似合っているわね」と声をかけられてそれもまた嬉しいらしい。。。

ついでに彼女が巻いているカウルについて一言。これはアルパカ100%の糸で編んだとても暖かい物です。カウルの形はしていますが、幅を広くしてあるので、少し広げて肩にかけると肩をすっぽり覆ってくれてとても暖かいんです。家にいるときはそうやって肩を暖め、そとにでるときはこのようにショールピンなどで首元をとめればオーケー。

img_3952

もう少し大きいショールピンがあるといいかも。ブローチなどないかしら、と探したけれど、髪留めはたくさんあってもブローチは最近する人が減っているのか見つけられませんでした。

img_3979

池袋のla droguerie で見つけたピン。つい材料を買い込んで作ってしまいました。さくらんぼが可愛いんです。そう、気に入ったものがなかったら作るしかありません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

同じ帽子100個をチャリティに?

チャリティのために帽子を編むのなら、毛糸を無料で差し上げます、という紙が貼り出されていました。チャリティのために編むのは大賛成ですから、指定された日に毛糸屋さんに行ってきました。ちょっと知り合いの妙齢の女性がバスケットを抱えて待っていました。パターンは決められており、毛糸も指定されています。Cascade 220 という毛糸。色は自分で選べるのかと思うと既にバスケットの中に数色が入っておりさらには巻いてボールになっているものがあるではありませんか。そこでわざわざ毛糸を巻いてもらうのを待っているのも時間がもったいないし、「これどう?」と勧める彼女の姿にすでに巻かれていたこげ茶と紺色を持って帰ってきました。

2x2のゴム編みの帽子。編む人の手によって少々サイズに差がでるでしょうが、どうなのでしょうね。何も同じパターンにしなくてもいいのではないかしら? チャリティを主催している人達の意見ですから私には口を挟む権利など全くないけどどうも気になるからここで書いてしまおうって。

頭のサイズもいろいろですから、ゴム編みでなくてメリヤス編みの方がかぶった時に楽かもしれない頭の形だってあるだろうに。。。

ゲージを調べるのも大切とはいえ少し違うサイズの針でゲーチが違ったものを編み上げた方が大きさにばらつきが出るのに。。 といろいろ思うことはありました。

ただ、目的はホームレスの人達の頭を寒さから守ることですから帽子を完成させればいいんだ、と自分に言い聞かせ(駄々っ子のようになる時がありますから)二つ編み上げました。少し反抗したのは、針のサイズを変えたこと。(あはは) 一つは6号(4.25ミリ)もう一つは7号(4.5ミリ)で編んだんですよ。パターンは何段編む、というのではなく何センチ編む、というだけなので長さにはあまり差はでません。少し長めに編んでもいいかなぁとも思いましたが、パターンに沿って編まなくてはならないらしいという自分勝手な憶測で16.5センチの深さにしました。

隣同士に並べてみました。

img_3593

もっと違いがわかる色を選べばよかったですね。ほどんどサイズは変わりないと思いませんか?

img_3594

もっと見えにくい写真でごめんなさい。紺色の上にこげ茶を載せてみるとすごく微妙ですが紺色が幅が広いのわかります? この程度の違いなのですよね。特にゴム編みだから余計に差が出ないのかもしれません。残っている糸の重さを測ったらこげ茶が44g、紺が49グラムでした。最初の重さを計り忘れたのでどれだけ使ったかはごめんなさい、計算できませんでした。

100玉を企業か個人が寄付してその糸を毛糸屋さんに来る客たちが編んでそれを戻して100個の帽子をバスケットに入れてホームレスの人に配って歩く、と言っていました。同じ帽子をかぶったホームレスの人たちを街で見かけるのかしら? 私のだってわかるように何か目印になるものつけておこうかしら? なんて冗談です。

これから寒い冬に向かいます。理由はどうであれホームレスの人たちが少しでも暖かく時間を過ごせたらと思います。それにしても彼女が帽子を100個入ったバスケットを持ってダウンタウンを歩きながら帽子を配る姿は想像できないんですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

暖冬だったのですが、北極と化しました

今年の冬は暖かい日が続き、厚いセーターを着る機会があまりありませんでした。それはそれで寂しいのですが、楽でした。しかし、やっぱり冬なんですね。(当たり前かな?) 「冬を忘れるんじゃないよ」という感じで強い寒波が押し寄せてきました。

今朝の気温はなんと、マイナス16度。昼間もそれほど気温が上がらずマイナス12度くらいにしかならなかったんです。

私の車は古いので、ハンドルが温まるなんてそんな芸当はしてくれません。だから、フィンガレスミットは必需品。サイズもできるだけぴったりであることが大切です。そうしないと、ハンドルを持つ手が滑ってしまっていけません。

今日は、慌てて出かけて行ったのでフィンガレスを忘れて手が痛かったです。さらに行く距離がそれほど遠くないので車が暖かくなる前に降りてしまうので寒い車の中で冷えた体がほとんど温まっていなくて寒い。。。

厚いジャケットを着てしまうと運転しにくいので避けたいんですよね。だけど、今日みたいな日はジャケットだけではなくストールも巻いて運転したいくらいでした。

さて、フィンがレスミットの話に戻りますが、細めの糸の方が扱いやすいですね。DK(合い太くらいでしょうが)だとちょっとゴツイ感じになるので、運転する時には敵しません。先日、フィンガレスミットを編もうと思い買った毛糸のことを思い出したんです。1玉で編めるというし、触るととても気持ちがよかったので喜んで手を出しました。えーと、糸はなんだっけ。Zealana AIRです。これを使ったパターンも無料で使えます。

フィンガレスミットは寒いところで本を読んだり電話をチェックするのにも便利ですよね。それから編み物をするときも。そんなに気温が低いところですることはまずないだろうと油断してはいけないんですよ。手が冷たいと指先が思うように動いてくれないので、部屋の中でもフィンガレスミットが欲しいときありますもの。それと、鮮やかな色のフィンがレスだと気持ちも華やぎますよ。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

アメリカ兵士が着る羊毛はアメリカ産

第2次世界大戦の折に、アメリカは自国の軍需産業、そして祖国のために戦う兵士の命を守るために、兵隊服の服(上着から下着まで)、絹を含む製品、ウールなどを全てアメリカ国内産のものを使用することが決められました。

今でも世界各地に兵士を送っているアメリカです、いまだにこの規制は続き、数年前にさらに厳しくされました。羊をアメリカで育て羊毛を刈り取り、毛糸にしてそこから必要なものを製品化していくわけです。

現在アメリカのウール製品の多くはニュージランドの羊さんたちのものでそれが一旦、中国に送られそこで製品となりアメリカに入ってくるそうですが、規制の強化とともに、何もそんなに遠くから輸送することせずにこの際、最初から最後までアメリカでやろうではないかという動きがあるようです。

広い国土ですから場所はどこにでも(そうでもないか)ありますが、政府からの補助金、もしくは企業などからの寄付がないとなかなか始められない大事業だと思いますが、それでも、前進しつつあるみたいです。Brooklyn Tweed は良い例ですね。あ、彼らは軍需品とは全く関係ありませんので、念のため。でも、アメリカで育った羊をアメリカで毛糸にしているという点は同じです。

いろいろな毛糸のラベルを見ると、made in Peru, made in U.S.A と書いてありますが、全てをペルー、もしくはアメリカで全ての工程がなされているとは限らないんです。どうもその辺がよくわからないのですが。。。 どこまでラベルに規制があり、あとは生産者側がどこまで正直かですから。

気にし出したらきりがありません。別にどこ産の毛糸だから使わない、とかいうこともありません。ただ、興味があるんですよ。どこの産業なのだろう?輸送費、人件費などどれだけ上乗せされているのだろう、生産者のもとに、きちんとお金が入っているのだろうかなんてね。

難しいことはこれくらいにしましょう。今年の冬は暖冬で厚いセーターを着る機会があまりありませんでしたが来週から本格的な寒さがやってくるようです。寒いのは嫌いですが、セーターが活躍するのは嬉しい、と矛盾した気持ちでいます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ケーブルの帽子

なんとなく日本のショッピングサイトをウロウロしていたらケーブルの帽子が目に入りました。お値段はまちまち。素材もアクリル100%からウール100%、カシミア混などさまざま。なんだ、私がこの間編んだ帽子に似ているじゃない。

IMG_1504

帽子にラベルと言うのでしょうか、タグと言うのでしょうか、長方形の布地にいまひとつ訳がわからない英語の文章が書かれたり、ブランド名が入っていてそれを太い糸でザクザク縫い付けてあるのも人気みたい。そして、見た帽子の多くはとんがり帽子だったように見受けられます。じゃ、こういう風にかぶってみようか。

IMG_1503

帽子は編みますが、自分ではほとんどかぶりません。シカゴの突風の中もかぶりませんでした。きつくない帽子でも頭がしめつけられているようでダメなんです。だから、かぶり心地など細かいことになると「?」となってしまいます。ま、ゆるくかぶりたい人、目深にかぶりたい人、いろいろな好みがあるでしょうから、私個人の好みなんてあまり関係ないかも。

製品の説明を読みながら感じました。今まで、生産国、made in…  という表示をよく見ましたが、country:…. というのは何を意味しているのでしょう? 原産国? 素材はその国だけれど実際に生産されたのは別の国? それともその国の素材でその国で作られたの? よくわからん。それから素材のことだと思うのですが、’fablic’という言葉, これ、スペル間違いですよね。 ’fabric’…かな? おーい、こういう間違いはナシにしましょうよ。

帽子はあっという間に編めるので楽しいですよね。ケーブルは頭頂部での減らし目に工夫が必要ですが、でも、面白い。単調なものよりも編みがいがあります。前にも紹介しましたが tincan knits の Antler は好きです。それからKnotty but Nice これは knittyのサイトで無料で編み方を読むことができますからね。

これから帽子は防寒のために必需品となるでしょうから、ファッション性と合わせていろいろなものを作ってくださいね。ボーイフレンド、またはご主人にもお手軽プレゼントになります。我が家の夫はあまり帽子が似合わないので作りませんが(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

氷があたり顔が痛い日に必要なのは

ここのところ暖冬だったのですが、遊びに来ている今日のシカゴはまるで冬のような(冬ですが)一日でした。突風は吹き、気温が低かったために雨が氷になり降っていました。風が強いために氷は横なぐり。それが顔にピシピシあたったんですよ。

IMG_1438

これはミシガン湖の湖面です。普段は穏やかな水面が今日は荒れ狂っていました。しぶきがLakeshroe Driveという道路にかかる場所もあったようです。私はバスの中からこの写真を撮りました。実は、ミシガン湖の様子が見たくてバスに乗ったいうもの好き。

IMG_1468

さすがに湖の横を歩く気にはなりませんでした。まっすぐ歩くのが大変でしたし、追い風の時には自分の意思とは関係なく前に進んでしまい、向かい風では歩けないくらいの突風でしたから。気温自体は約0度でそれほどで寒いというわけではありません。ただ風のせいで体感気温が下がり、さらに氷が飛んできて顔が痛かったぁ。

こういう日には長いスカーフ、もしくはカウルが最適だということを改めて悟りました。カウルは首だけではなく目の下までしっかり顔を覆い強風からお肌を守ってくれるからです。幅があるかもしくは、2重にまけるくらいの長さのカウルがいいですね。長いスカーフもいいですが、風にあおられて解けてしまったり飛ばされてしまう可能性もあります。

IMG_1405

こんな感じに。これは少しおおげさですね。

今日首に巻いていたのは小さいカウルでしたから顔まで引き上げられなかったんです。だから顔が痛くて困りました。大きめに作っておくと頭からかぶることもできますよ。昔風に言うと頰かむりになるということです。こんな言葉、ご存知の方の方が少ないかもしれない、と苦笑しています。あと、驚いたことに長靴の上の部分から氷のかけらが入ってきたこと。レインブーツと呼ぶのはおこがましいゴムの長靴です。今日のような大雨の日には大活躍。太ももが太いので長靴との隙間はそんなにないのに、こんなすき間を狙って入ってくるなんて恐るべし氷!

今度はブーツのライナーを編まなくてはいけないようです

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村