思い出の「間違い」

ワインのティスティングルームであったフロリダに住む女性との会話です。

彼女はワインを片手に編み物をしていました。わけないか。編み物は片手ではできないから。ともかく、ワインを飲みながら生まれてくるお孫さんのためにカーディガンを編んでいたんです。トップダウンですから首回りから初めてボタンダウンも編み出す私好みのシンプルなパターン。

しばらくして気がついたのは、2目ゴム編みがいつ間にか数段メリヤス編みになっていること。あらら、まだ酔っ払っているわけじゃないのに、と睨みをきかせながら編み物袋にしまったところに私がお店に入って行ったようです。

私はアルコールは飲みませんから、ただ、それまで飲んでいた主人を迎えに行っただけなんですけれどね。夕食をどこかで食べようかと思って。

このカップルの男性と立ち話をしていた主人が私に「彼女も編み物をするんだよ」というところから話が始まります。前書きが長くてごめんなさい。

彼女は私に間違えてしまったカーディガンを見せながら、

「これなのよ。いやでしょう?」 というから
「そこだけほどいてかぎ針で目を拾えば?」 と私。
「私もそう思ったのよ。でもね、主人が「君、それはほどいちゃダメだよ。この島への旅行の思い出にすればいい。これから生まれてくる孫がこのカーディガンを着た時に、その間違えたところを見て、今回の旅行の時に編んでいたんだな、あのワインを飲んでいたな、と思い出せたら素敵じゃないか」と言うのよ。だから、ほどくのやめようか悩んでいるの」

なんて素敵なご主人様。思いついて言いました。

「その間違いをパターンにしてしまえばいいのよ。ゴム編みとメリヤス編みを交互に編んだら、それはそれでパターンとして成り立つもの」

「それいいかも」という話に始まり孫の写真を見せ合い、犬の写真も見せ合い、立ち話が延々と続くのでした。

それにしてもご主人様の提案はグッドアイデア! 拍手を送りたいです。「思い出」の一つとしてとっておけますものね。ナイスなご夫婦でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

Multnomah をメリヤス編みで

昨日の記事で紹介したMultnomahというパターンを少し変えて編んでみました。パターン通りに編み始めたものの、もし、糸が太いのであればガーター編みではなくてメリヤス編みの方が良いのではないかと思い、それも編み始めてみたんです。

ガーター編みは裏表があんまり関係ないのが嬉しいですが、最後に模様編みがつくのでこの利点はあまり生かされなくなります。そして、ふわふわして暖かいと言う嬉しい編み目なのですがあまり糸が太いとゴワゴワしかねません。

mNDD9

これがガーター編み。そう、使った糸は野呂栄作さんのシルクガーデンライトです。ずっと前に買って何を作ろうかと悩んでいたまま手がつかなかった糸です。このような段染め糸でも素敵なMultnomahができあがります。

そして、メリヤス編みがこれです。

A7qpj

作り目の数も編み方もいっしょ。ただ、ガーター編みのときはどちらの面でも表編みでしたからkfbができました。しかしメリヤス編みとなるとそうはいきません。裏編みでpfbをしなくてはなりません。そして、昨日追記しましたが、端の目がきつくなりがちなので編み出しの1目の次にかけ目をして、次の段でその目に来たらそれを落とすと目のきつさがそれほど感じないようにできるんです。それなら、とpfbをやめて、パターンを少し変えました。

1目編んだらkfbを1目編んだらかけめ、そしてそのまま表編み、最後の目の前でかけ目して最後の目を1目編みます。これでkfbを2回したことと同じで2目増やせました。裏側も同じです。裏1目編んだらかけ目、最後の目の前まで編んでかけ目、そして裏1目。こうすることで端の部分がスムースになったように思えます。

また、メリヤス編みにするとガーター編みよりも長さが出ます。目数が同じところで比較してみました。

nuYDV

下にあるのがメリヤス編み、上がガーター編みです。同じ段数編んだところなのですが、少しだけメリヤス編みの方が長くなっているでしょう?

このパターンは本当にいろいろと自分が好きなように変えられます。中心の5目だけをガーターにすることもできますし、5目ではなくて3目にしたったOKなパターンです。それというのも基本となるパターンをデザイナーの方がフリーで私たちと共有してくれているからなんですよね。本当にありがたいです。

と、長くなってしまったので模様の部分と私が編んだカウルは明日にします。写真は撮りました。そう、写真といえば、フロントヤードにいたシカの写真も見てくださいね。

IMG_2939

5人(頭?)家族でした。まだ白いブチが沢山ある子鹿、そして写真のようにしっかりとツノが生えているお父さんの写真が撮れました。芝生に生えている雑草をモリモリ食べてくれていたのには感謝でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

さて、これは何でしょう?

IMG_2865

これ、何に見えます? あっという間に編めるなかなか楽しいプロジェクトです。私は毛糸を2本どりで編みました。それだけしっかりとした生地(?)西たかったんです。

IMG_2867

このようにふくらませるとすぐにわかりますね。そうです。スリッパというかルームシューズというか、私の年代だと、防寒ばきという言葉を思い出してしまいます。あは、年がわかりますね。

細い糸で編んでも良いのでしょうが、それではあまりに頼りなく感じます。フィンガリングの2本取りでもいいようですが、私はDKとフィンガリングの2本取り、しかも、なんと贅沢、どちらもアルパカです。なんていばってますが、何かを編んで残っていた毛糸です。新しい糸を使うこともなく、古い糸をムダにしないですむ、素敵なスリッパですよ。

IMG_2866

編み方はすっごく簡単。でも、ごめんなさい、夜も遅くなってきたので明日にさせてください。それにもう少し写真も撮りたいですし。すごく暖かそう。というのはとにかく暑い日が続いているので、このようなものに足を入れたくないんです。冬になったらすごくありがたい気持ちになるのでしょうが。

糸を2本で編むとどちらか1本を落とすと目立ってイヤァな気になります。なんとか誤魔化せないかしら? そこにリボンで見つけたらミスも目立たないし、かわいいかもしれませんね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

毛糸を上手に選んで簡単なショールをステキに

Ravelryでパターンを見ても今ひとつと思っていたのが、友人が編んだ作品を見て、「あら、ステキじゃない」ということが多々あります。

今日のトピックはそこです。パターンの写真に惑わされると、残念なことになるんですよ。写真がよすぎても、逆でも自分で描いていたものとかけ離れたものができ兼ねませんから。

紹介するパターンは無料パターンで、しかも基本中の基本。。。でもないかな。でも、このパターンを使って編みあがるショールは非対称の三角形。基本的な形ですから、これは毛糸の選び方によってできあがりがかなり違います。

パターンの名前は Kwoosh . デザイナーはKat Mcab 編み方はシンプル

3目作り目します

1段目: 全て表編み
2段目: 最初の目をkfb。最後の2目まで表編みして、最後の2目で左上2目一度。(目数は変わりません)
3段目: 最後の目まで図とお表編み。最後の目でkfb (1目増えました)

2段目と3段目を繰り返して編みます。伏せ目に必要な長さを残すまで編み続けるもよし、自分が欲しいサイズに達したらそこでやめるもよし。これだけです。簡単でしょう? ガーター編みですから裏編みがありません。ぜひ編んでみてくださいな。

私も、編み始めたいところなんですが、今、ガーター編みのショールをせっせと編んでいるのでそれにめどがつかないとこちらに手が出せません。今、頭に思い浮かべている糸は、グラデーションの糸か、もしくは少しラメが入っている糸。あまり細い糸でキチキチ編まないほうがいいかもしれませんね。なんて、まだ自分で編んでいないのでいい加減なことを言ってはいけません。明日にでも少し編み始められるといいんですけれどね。とりあえず、今編んでいるショールを頑張ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Hitchhiker(ショール)の写真です。

Hitchhiker というショールは幅があまりなく細長い形に出来上がります。あまり太さを選ばないショールですし、糸を使い切ることもできとても汎用性が多いショールであること、それからガーター編みなのでテレビを見ながらとかおしゃべりをしながら、本を読みながらでも編めるのでお手軽で色々使えるショールの一つなんです。

難点は写真に撮るのがすこしむずかしいんです。細長いですからね。首に巻いた写真を撮れば良いのでしょうがあまりセルフィーが好きではないので誰かがいるときしか撮ってもらえません。だから、平らなところに置いて今日は撮りました。使った毛糸はJitter Bug by Colinette. いわゆるフィンガリングよりも少し太い印象を持ちました。

IMG_1700

やっぱり半分しか写せなかった… でも、ギザギザしているのよくわかりますよね。これがこのショールの特徴です。テーブルの上でくるくると巻いてみると、

IMG_1701

なんだかヘビがとぐろをまいているようですね。こまった。

段染めの糸はもちろん、単色の糸で編んでも素敵です。無料のパターンではないけれどとても人気があるパターンです。Trillion も形が似ています。ギザギザしていないでそこに少し透かし編みがあるだけ。そしてLintilla も似ているといえば似ているけれど、フリルが入るだけフェミニンな感じがあるかもしれません。どれも好きです。

また編んでいるClincher はこれまた微妙に違うショール(カウル)なのでなかなか楽しんでいます。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

赤いセーター、そしてネックレス登場

先日記事にしたプルオーバーが乾きました。着てみました。うーん、やはり少し大きい気がする。サイズは本人がどう着たいかが自分の気持ちに影響します。キツめのものを身につけたいのか、ゆっくりとゆとりがあるリラックス感があるセーターが欲しいのか。これは人それぞれ。

今日は最高気温が−5度くらいだったので外で写真を撮る気になれず、人間が入っていない状態なのでよくわからないかもしれません。明日にでも写真を撮れたらと思います。

パターンはCornice Shibuiのパターンです。糸はShibui のSilk Cloud, Duneの2本どりで編みました。

IMG_1572

写真にすると先日載せたLemongrassと色が似ているように見えますが、こちらの方がくすんだ赤です。オレンジは入っていません。

表紙の女性が身長が約162センチの方がサイズSを7センチくらいの余裕を持って着ていると書いてあります。細めの女性。この方がサイズSなら、私はどう考えてもサイズMと決めて編んだのですが、ちょっと大きかったなぁ。参考になるようでなりません。かといって体重を出すのもナンですしね。同じ身長でも体型は違って当たり前。あまり伸縮性がある糸ではありません。ウェストでしぼるわけでもなく、ストーンとした感じのシルエットとなりました。

一番心配だったネックライン。編み地が柔らかいので糸の重さで引っ張られて必要以上に肩が露わになるのではないかと不安でした。また、肩の部分は長く編んで二つ折りにしているために分厚さ感も気になるかなとも思ったのですが、それもなんとかクリアー。

この色は大好きなので大切に着たいと思います。重さで伸びないことだけを望みながら。あまり使ったことがない糸は出来上がったものがどういう行動を落としてくれるかわからないので数ヶ月活躍してくれてから変化についてはおしらせします。

IMG_1573

そして、このセーターに合うようなネクレスも作ってしまいました。これも見てくださいね。赤いと少し反射がある薄いゴールドのスワロを組み合わせました。9ピンの反対側を丸くするのがなかなかうまくいきません。でも、これまた練習です。幾つも作って入れば少しは上達するでしょう。(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

写真だと細かいところがよくわかりませんね

ravelry でパターンを買うときに、見るのが糸の太さ、必要な長さ、それからトップダウンなのか、それとも裾から編むのかなどがわかるタグ、そして写真。しかし、写真は写し方によってどうも細かなことがわからないことが多くて困ります。着ている方がすてきに見えるのはそれでそれでパターンを買いたいという意欲をかき立てられます。しかし、モデルさんよりも、いったいどういうパターンなのかがよく見える写真の方がありがたいですね。

ショールも巻き方一つで全く感じが変わりますが、実際に大きく伸ばしたときはどんな形なのか、特に数色を使っていたら色がどこにでてくるか見たいですよ。

カーディガン、セーターなどのときには前たてがどうなっているのか、どういう編み目なのか詳しく知りたいと思うのは当然。でも、写真だと平面ですからどうも詳細がわかりません。写真では素敵だと思ったのに実際に編んでみたら出来上がってくる編み地が嫌いなこともありました。また、これはあまり写真とは関係ありませんが自分が選んだパターンと毛糸がそぐわなかったりもしました。

だから、毛糸屋さんに行って実際に編みあがった作品を見るのは本当に役に立ちます。どういう糸を使うかも参考になります。編みあがったものが私の趣味だとついつい通ってしまいます。

今、編みあがったセーターを水に浸して、乾かしているところなのですが、自分が思っていたものと出来上がりが違う。。。とカタチを整えながら思ったんです。乾いてからでないとはっきりと言えなくて、なんか奥歯にものが挟まった言い方になってしまいごめんなさい。今、ワーワー言って、乾いてみたら「あら、すてき」ということになるかもしれませんので。何が心配かだけ書いておきましょう。

1)サイズです。パターンの写真に写っているモデルさんのサイズを参考にしました。どうかなぁ。

2)襟ぐりです。写真で見た感じ、こんな厚みがあるようには見えない。。。 

あまり気に入らなかったらほどきます。すごく編み心地の良い糸を使ったので、もし気に入らない作品に変身し、タンスの肥やしになるのはもったいない。ということで端の始末はしないでブロックしました。特に襟ぐりはわかるように結び目を2つ、作っておきました。これなら、もしほどきたくなっても大丈夫。そうならないことを願っています。

いやぁ、写真というのは魅力的に見えるように撮るのも難しいし、買う側が求めているものを事細かに映し出すのも難しいですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村