体をいたわること

昨日、東洋医学を勉強した方のところにお邪魔して、私の体調というか、身体を診てもらいました。

まずは問診。自分が感じている異常、心配な点などを説明し、これに対してとても細かな質問がなされます。かかること約30分間。温かいお茶をいただきながらのゆっくりとした時間が過ぎました。

そして、施術服に着替えてベッドに仰向けになると、脈診。脈をとるといっても手首の1カ所ではなく数カ所を強く押したり、弱く押したりしながらの脈診でした。内臓が弱っている場合は、この脈診も手がかりになるそうです。

次は触診、指圧、鍼を交えた処置。その途中でも、痛みの加減とか、種類についての質問が続きます。膨満感があったり、張っている部位、こっている筋肉、緊張している部分など細かく説明してくれました。

そうしていると自分でも「あ、そういえばここが」とか、「こんなこともありました」と記憶がよみがえりさらなる細かい処置をしていただきました。

最後には、「腹筋が弱くなっているので起きていると思われる症状がいくつかあります。簡単な腹筋をお教えします」と私にも続けられそうなトレーニングを教えていただき、そして、生活の上で気をつけたほうが良いことのアドバイスも受けて終了。

とても実りがある時間でした。西洋医学とはまた違う方面から自分の身体を見直せるとても良いチャンスだったと思います。どうして、今、感じている症状があるのかという原因が見えてきたのは嬉しいですね。

そう、皆さん、ご存知でした? 「鍼灸師」「あんま師」「マッサージ師」は国家試験に通っていないと名乗れません。それに比べて、「整体」「もみほぐし」などはそう言う決まりはないそうですから、かかる時には気をつけなくてはいけませんよね。

藤掛心&身体の鍼灸マッサージ

ここの院長先生、本当に職人技で、まだお若いのに経験を積まれているので指先、手のひら、そして目でもいろいろなことを感じ取れるようです。

興味がある方はぜひ、ご連絡してみてください。本当にオススメできる場所です。自分の身体が言おうとしていることに耳を傾けることはとても大切だと思うんです。体調が良くなれば気分もほぐれてきます。すると、いろいろなことが好転していくこと間違いなしと私は信じています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

大切にしなくてはいけない3K

いろいろな3Kがありましたが、今、大切にしなくてはならない3Kってご存知ですか?

私が知るのが遅すぎたのかな? 今日、初めて知りました。

1。金

2。健康

3。孤独

なんですって。孤独を大切にするってピンときませんよね。でも、この高齢者社会、一人になる可能性はとても高いです。もし、主人が先に逝ってしまったら、たとえ子供達が近くにいてもひどい孤独感を感じると思います。親しい友人がいてもいつもいつも一緒にいるわけにはいかないし、寂しいくなりそう。そう、そういう時がおそらくかなりの確率で来る時のために、孤独というものを受け入れ、孤独に対して強くならなくてはならないということだそうです。

なるほどね〜。ひどく感心です。

ただ、私流に言わせていただけると、最後のKは

Knitting! にしましょうよ。そうすれば指も動かせるから脳も活性化するし、色も楽しめますし、どなたかに差し上げる喜びだって味わえます。皆様、どう思われます?

やりたいことをやっておく

いつもやりたいことばかりやっている私がこういうタイトルで書くのも何ですが。。。

最近、友人たちに健康を害する人たちが増えているんです。一人は2年前に胆管癌を宣告され、手術、抗がん剤治療を受け元気になったものの再発し、現在抗がん剤治療中。しかしとても気丈で前向きな彼女は治療の合間をぬってお嬢さんたちと小旅行に出かけています。

また、別の友人は原因不明の胃痛に悩まされ1週間の入院。そろそろ原因がわかった頃かと思いますが、彼女から言ってこない限り聞くのはやめようかと。。。 なんでもないと良いのですが。

さらに今度は首の付け根から肩にかけての神経痛で左腕が上がらなくなってしまった友人、背中が痛くて病院に通っている友人、帯状疱疹の痛みをこらえている友人となぜか具合が悪い人が急増しているんです。いったいどうしてかしら? もちろん年齢もないわけではありません。かといってそんなに高齢でもないので夏の疲れが出ているのか、なぜかしら? と考えてしまいます。

私はおかげさまで健康に恵まれているので毎日を当たり前のように生きていることが多いのですが、このような友人たちの様子を見ていると心配であると同時に、自分も次の瞬間には何が起きてもおかしくないという事実にハッとさせられるんです。生きている私たちに確実なものなんてないのですものね。

となったら、やりたいことを身体とか時間が許してくれる時にやるしかない。あとで「あれもやっておけばよかった」とか「どうして、あのときにしなかったのだろう」という想いはしたくないですからね。今やりたいことを一生懸命やっておくということがひどく大切に思えます。「一生懸命」がここではミソです。ダラダラではなく、がんばる。

何がやりたいか? 編み物はもちろん、たくさん本も読みたいし、ピアノも上手になりたい(これがなかなかどころかすごーく難しい。まだまだ基礎の段階なのにここで足踏み。あ〜とため息です) 糸を紡ぐこともまだまだ。書くことも大好き。旅行だっていろいろなところに行きたい。と欲張りな私はやりたいことが次から次へと出て来ます。ただ、一生懸命やらなくてはならないから、そうそうたくさんのことができるかといったらそれはムリ。本当にやりたいことをいくつか選んで頑張るのも必要なのかなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

健康のためにも編み物を

別に編み物である必要もありません。自分が打ち込めるものを持っていると少しはストレスから離れて生活できるのではないかと思うんです。

ある友人が数10年ぶりに編み物針を持ったと言います。仕事を持ち忙しい彼女がなぜまた編み物を始めたかというと、それは病気と父親の死。自分はがんを患い、また、同じ年に遠くに住むお父さんが亡くなり、肉体的にはもちろん精神的にもズタズタになった彼女がふとしたきっかけで小さいものを編んでみたら、心が落ち着いていったと言います。

チクチクと単純な動作を繰り返しているとなぜか心のざわざわが静かになっていきませんか? また、自分が好きな色の毛糸が少しずつ糸から形を変えていくのを見るのは本当に楽しいもの。さらに、誰かのために編んであげられたらその人の喜ぶ顔を想像したりして心は本当に自由になっていきと思うんです。

そりゃね、間違えに気がついて「え〜?」とイライラすることはありますよ。でも、もしかしたらそこで私たちは忍耐強さを学ぶのかもしれない。怒って引っ張ったら事態は悪くなるだけです。「いやになっちゃうわ」と悪態をつきながらでも少しずつほどけていく糸を見て、きれいにほどけたらこれまた嬉しいですよね。

スムースに行くときばかりじゃない。サイズが合わない、模様を間違えた、糸が足りなくなった。いろいろありますが、そうはいってもそれを解決し、また前に向かって編み続けていくと、「できあがる」達成感を経験できるはず。

好きな音楽を聴きながらでも、静かに編み物をする時間が1日30分でも作れたらきっと心のトゲトゲがまぁるくなって優しくなれる、そんな気がしませんか? そう、それはきっと体の健康につながるはずです。だから、一緒にチクチクしましょうよ。そうすれば、またがんばれますよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

メジャーを持って右往左往

「Featherweight cardigan というHannah Fettigのデザインのカーディガンを編むのよ」と友人が嬉しそうにスワッチを編んでいました。

彼女は一昨年のクリスマスに胆管癌が発見され、手術、抗がん剤治療などを経て元気に復帰して来たんです。しばらくは編み物会に来てもあまり編む気力も出ずに少しおしゃべりして帰ったりしていましたが、今はすっかり回復してカーディガンにまで挑戦するようになりました。本当に良かった。

パターンを見ながらどのサイズを編もうかといろいろ考え込む彼女を見ながら、「じゃ、サイズ、測ってみようか」と立ち上がったのがもう一人の友人と私。

「さて、肩幅は、と」肩の骨をグリグリしたり、肩甲骨をゴリゴリしたり。

測った数字とパターンに出ている数字があまりにずれているものだから、「あれ、違うところを測っていたのかしら。じゃ、こっち?」

とまた、グリグリ。

肩の幅、腕まわり、脇の下から希望するすそまでの長さ、バストなどなどを混み合うカフェの中で測ってしまいました。あ、洋服は着たままですよ。もちろん。

測った数字を基にしてどのサイズを編むかというところになって、これがまた人間の体の面白いところで、ある部位はサイズMで良いけれど、別の部位はLの方がいい、他の部位はMとLの中間、とますます彼女は考え込んでしまいました。

でも、このパターンは前をボタンでとじないオープンカーディガンなので、そこまでサイズを気にしなくては良いのではないかという意見と、トップダウンだから編みながら試着して調整していけばいいのではないか、という意見が取り入れられ、とりあえずMで編むことに決定したのでありました。意欲を見せる彼女を見ていると一緒にいる私たちも本当に嬉しくなります。

「編み物会」と一口に言ってしまいますが、人それぞれにいろいろなことが起きます。嬉しいことは分かち合い、辛い時には励まし、応援しあい、笑ったり、愚痴ったり、私たちの人生の1ページのような気がします。(ちょっと大げさかしら?)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

溜め込む毛糸、脳を衰えさせない努力

年の重ね方はそれぞれです。同じ年齢でも若々しい方,老けてしまわれた方、いろいろですよね。

主人の定年後のためにとせっせと毛糸を溜め込んではおりますが数年後に自分がどういう生活をしているかはまったく想像がつきません。もっと時間ができたらゆっくり編めるだろうと細めの毛糸も買ってあります。ちょっと複雑な編み込みだって時間がたっぷりあれば仕上げることができるだろう、シンプルな形ならどんな年齢になっても着れるだろうと,半分言い訳じみていますが毛糸が増殖しています。

しかし,そのときになったら今のような意欲、集中力,理解力は激減しているかも。そうなったら細すぎる毛糸はどんどんタンスの肥やしになっていくだろうし,複雑なパターンは間違えてばかりでくり返しほどかれた毛糸はボロボロになっているだろうし,と考えているとだんだん気分が落ち込んでいきます。

編み物仲間の姿もいろいろです。あるグループに入ってそろそろ1年近くがたって個人個人の様子が少しずつわかってきました。今でもエネルギッシュにどんどん編んでいける人、身体を壊してあまり根を詰めて編めない人、手が動かなくなりおしゃべりに余念がない人などを見ていると将来の自分はいったいどの人なのだろうとつい考えてしまいます。

できるだけいつまでも編んでいたいですから、脳を衰えさせないように努力し,また,前向きな気持ちを持って意欲を持ち続けるようにしていきたいものです。

脳を衰えさせないためにはたくさんおしゃべりをして、笑って,本を読んで,きれいなものを見て身体を動かして5感を刺激するしかありませんね。「めんどうくさい」は禁句です。

同じパターンだけをくり返し編むようにならないようにがんばらなくちゃ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

針、鍼、張り

編み物をする私は当たり前ですが編み針を毎日持ちます。つい、根を詰めて編んでしまうと肩が凝ってしまいます。それが理由というわけではありませんが、藤掛ボディ&メンタル治療室 に行ってきました。

体調、普段の自分の性格についての問診に始まり、鍼治療、マッサージなどを施術してもらいました。2時間半にわたる至福の時間。よだれがたれそうになり、目はトロン。気持ちがよいのなんのって。鍼治療は「怖い」と思う方も多いようですが、私は平気。痛さもあまり感じませんでしたし。(これは個人差があるようです)

鍼をうってもらって、ちっとも感じないつもりでも、自分の足が知らないうちにぴくっと動いたりするんです。それとか、刺激を受けているつぼとは少し離れている部位がズーンと重くなったりして。おもしろいなぁ。人間の身体って。

顔の筋肉も電気を通してほぐしてくれます。表情筋を刺激するんですって。なんか、ほっぺが少し細くなったかしら? 肌に張りが少し戻ったみたい。もっと頻繁に通いたいのですが、日本に来たときしかいけないのが残念!

施術してくれる藤掛さんの言葉をお借りすると、人間の身体と精神は切っても切れないつながりがあると。身体がの調子が悪ければ、普段より精神的にもつらいと感じてしまうことはごく自然のこと。自分の身体を大切にすることが自ずから自分の気持ちを安定させることにつながるのだそうです。確かにそうですよね。疲れているときイライラしたり、身体が調子が悪いと気分が乗らなかったり誰でも経験したことがあるはず。当たり前のことのようですが、なかなか自分のケアってどうしてもおろそかになりませんか?

自分が気づかないうちに身体のあちらこちらに疲れがたまったりするもの。でも、自分では気がつかずに見過ごしてしまう。そんなときに、「ここを気をつけた方がいいですよ」とか、「ここ、疲れていますよ」なんて教えてもらえると「あ、そういえば、不調だったなぁ」なんて気がつきます。それに、ちょっと「きれいになったかしら」と思えたら女性は幸せになれるもの。いろいろなことを勉強なさっている方なので安心して施術していただけます。

よろしかったらぜひ、行ってみてください。私は、ジンジャー、ローズウッド、イランイラン、ゼラニウムを混ぜたマッサージオイルを少しいただいて帰ってきました。大好きな香りです。気持ちがふっと和やかになる気がします。編み物も進みますよぉ〜。

久しぶりにHoney Cowl 編みました。寒さに心も肩も縮こまっていましたがそれがとれてすっきりです。あ、そう、今、私、日本にいるんです。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ