チャリティの季節

まだまだ夏も終わっていませんが、チャリティの季節が始まりました。

アメリカ国内、人種問題に始まる警察官に対する事件が多く起こっています。単に交通の取り締まりに当たっている警官が銃で撃たれたり、殴られたりと警察官の被害が後を絶ちません。原因は根深いもののようなのでここでは避けます。

亡くなった警察官の残された家族たちの置かれた状況は悲惨です。また、一命はとりとめたものの後遺症に悩まされる人、体に麻痺が残る人もおり、その人たちの医療費を考えただけで眩暈がします。日本とは異なり、健康保険は個人で購入するもので、高額なのです。

そういう家族のためにと立ち上がるのが地域の人たち。今回も、警察官の家族のためにお金を皆で集めようとレストランに募金箱を置くだけではなく、売上の何%かを家族にプレゼントする場所もあります。

今回、普段私たちが編み物会をしているレストランでも、サイレントオークションが行われることになりました。みじかなものでもいいから寄付できるものがあったらという呼びかけがあったので、それなら、と先日野呂栄作さんのシルクガーデンライトで編んだショール(写真を撮っただけで使っていなかったんです。幸いなことに)を持っていくことにしました。

でも、まだ少し時間もあるしと帽子を編み始めました。16インチの輪針は針の部分が短くて私の手のひらには小さすぎるのですが、がんばるしかない。もしそれが早く編み終わったらフィンガレスミットも編もうとパターンも見つけました。

サイレントオークションですから自分でこれくらいの価格にしてほしいと値段をつけなくてはなりません。それは友人に相談しようと思います。彼女もとっても面白いパターンの帽子を編んでいるので、もう少し時間があるときにその帽子にも挑戦してみようと思います。

そうこうしているうちに冬が近づくのでこれまた、ホームレスの人たちのために帽子を編みたいですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

毛糸なんて◯◯に比べたら安いもんよ!

さぁ,この◯◯の中には何が入るでしょう?

それぞれいろいろな意見があると思います。ダイヤモンドと答えた方,ブランドのハンドバッグと答える方もいらっしゃるでしょう。

正解なんてものはありません。どうしてこんな質問がでたかといいますと...

編み物に限らずパッチワークなど手仕事は気持ちをしずめてくれたり,気分を安らかにしてくれる作用があります(と私は信じています)イライラしていても,編み物をしているうちにこわばっていた肩がほぐれていったり,トゲトゲした気持ちが少しずつまぁるくなる、不安感が薄れるなど,そういったことはどなたも経験済みだと思います。

そう,どんなに悲しいことがあってお酒を飲み過ぎたり気軽に精神安定剤に走ることなく毛糸に囲まれて少しでも心が落ち着くならそれはとてもありがたいこと。毛糸を買いすぎるとちょっとお財布は痛いですが,肝臓など,身体の臓器に悪影響は与えません。ましてや,高額な費用を払ってカウンセリングを受ける回数も少なくできるかもしれません。(こちらでは保険は自分で購入しますし、それでカバーできないとなると1時間おいくら,とかなりの金額になります)

ストレス解消とか,欲求を抑えきれずに購入する毛糸の合計額なんてかわいいもんですよ。

そのように考えるとちょっと毛糸を買いすぎたっていいじゃない! と開き直れます。「ちょっと」ですよ。「ちょっと」。でもね,私のまわりの編み物の友人たちは「ちょっと」ではすまない量に達しているようで危機感(使い切れないとか,もし,子どもたちにばれたら何を言われるかわからない,といういやぁーな気持ちとか)を持ち始めています。

「買っちゃいけないのよ」とお互いに戒め合わなくてはいけないのかもしれません。ま,ムリでしょうが。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ