簡単なカウルのパターン、これ、有料?

Ravelry もかなり飽和状態ではないかと思うこの頃です。似たようなパターンがちらほらあちらこちらで見え隠れしています。こんなにどこでもあるようなカウルのパターンを有料にするなんて!と驚いたりね。

シンプルなパターンでも使う毛糸を変えるだけですごく目新しく見えることも少なくありません。

たとえばです。輪編みにするカウルを例にとりましょう。メリヤス編みを端に持ってくると丸まってしまいます。それが可愛いことももちろんあります。でも、それが好ましくない人はガーターで数段を始めたり、かのこ編みにしたりします。次に数段をメリヤス編み、また数段をガーター編み、この繰り返しをするのは別にパターンとして書くことなくしてもなんとなーく誰でもしてみようと思いますよね。

そこで、使う毛糸を2種類に変えてみる、たとえば一つをモヘアにしてもう一つを太めの糸にする、すると表情があるカウルが出来上がります。また、一つの糸を単色で、もう一つの糸を段染めの糸、もしくは、少しツィードっぽい糸を使うだけでほら、ものすごく見た目が変わります。

このようなパターンも、値段がつけられて売られているのを見ると「ふーん」という気になってしまうんです。

そりゃね、ゲージやら、どれくらいの長さにするから何目作り目するとか、ちょっとかわった伏せ目をするとか、付け足せることは幾つかあります。しかし、自分が使いたいゲージを測って、次に作りたいカウルの円周を決めれば自ずから作り目の数は決まります。数目の差は誤差の範囲でいいでしょう。

糸が足りなくなるかもしれないから、このパターンを使った人はどの糸をどれくらい使ったのかは確かに参考になりますね。途中で糸がなくなったときのドキドキ感はスリルがありすぎます。時として最後が急に目がきつくなっていたりして自分でも笑ってしまいます。ただ、それは他のフリーパターンを参考にすると大体の予測をつけることはできるんです。

それに、一つ編んでみて「これが絶対」という毛糸もサイズもありません。「あら、これもよかったわ」「この糸の太さならこの長さの方がいいかも」「私の身長に、このカウルは短すぎる」など、それぞれの好みに合わせて調整できるのがこれまた楽しいんですからね。

それにしても、「こんな単純なパターン、そして他のデザイナーさんのパターンに酷似しているパターンにお金を払うのはちょっと」と思ってしまうパターンが増えてきているかな、と思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

緑が入った帽子ができあがり

「緑が入っているのがいい」というリクエストに答えて作った帽子。残り糸を使ったものだから3色になってしまいました。サイズが合うかどうかはお楽しみ。

img_3612

黄色く見える部分は黄緑です。ここが2重なのがいいという重ねてのリクエストだったので黄緑の部分を約10センチ編みました。そこから、緑と紺を交互に約9センチ。そこから頭頂部分を減らしていきました。112目作り目したので14目で割り切れます。12目編んで2目一度をぐるっとしてそれが頭頂部。

img_3614

折り返すとこんな感じになりました。減らし目の方法はいろいろあります。今回のように約数を探して減らしていくもの。また、作り目を4で割って、えーと私の場合だと112目ですから28目ごとに目数リングをつけます。そして目数リングの左側(右側でもいいですよ)2目一度をして1段で4目減らしていくという方法、また、同じように4カ所目数リングをつけて、その右側で右上2目一度、左側で左上2目一度をする方法。これだと1段で8目ずつ減りますね。

これが一般的な減らし目でしょうか。

私がずっと前に編んだ、Jared Flood の Turn a Squareは4カ所で1目ずつ減らしていきます。久しぶりに編もうかしら、と思いました。

なんだかここのところ帽子付いています。簡単に編めるのがいいのかも。それと残してしまってあった糸を使い切るのにも帽子はちょうどいいんです。もう一つの帽子ももう少しできあがりそう。できたら写真を撮ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

浅はかな考えながら帽子完成!

手のひらがつりそうになりながらの帽子、編み上がりました。

IMG_3048

風船を中に入れて乾かしています。このようにすると模様もきれいに出て乾いてくれるんです。コツは風船を小さく膨らませて、帽子をかぶせ、さらに風船を膨らますこと。最初に風船を大きくしてしまうとゴム編みの部分を伸ばしてしまう可能性がありますからお気をつけください。

パターンの名前はHarmione Hearts Ron というハリーポッターの中でHarmione がかぶっていた帽子を見てデザインされたパターンのようです。フリーパターンですよ。

パターンの使われている糸よりも少し太い糸を使ったので、作り目を減らしました。11目のレースパターンの繰り返しで、パターンは132目の所私は121目で始めたんです。まぁ、浅はかな考えでした。

支障その1: 121目という奇数にしてしまったためにゴム編みの数が合わなくなってしまいました。1目ゴムなので、仕方がなく最後だけ表2目。魔、これもデジアンと思えばなんてことはないでしょうと、いい加減な発想です。

支障その2:頭頂部の減らし目ですが、レースパターンが11目繰り返しなのに、減らすときには22目の繰り返し。パターン通りに編めば132目ですから11目パターンが12回繰り返しますから、22目なら6回の繰り返しになるところ、私は11目パターンが11個。これは困った。でも、22目で2目減らすのなら、11目で1目減らしてもそこまで変なことにはならないだろう、とこれまた私らしいかなりおおざっぱな気持ちで減らしていったら、きれいに減りました。デザイナーさんの考えていた頭頂部とはちょっと違ったデザインになりましたが仕方がないでしょう。

いやぁ、パターンは最後まできちんと読んでから編み始めなくてはならないといつもいつも思っているのに気が緩むとこういうことになるんですよね。失敗から学べばいいものを失敗をまた繰り返す。。。

フィンガレミットも片方は編み上がりました。これは少し長さを調節しただけであとはほとんどパターン通り。4本針で編んだので手のひらも痛くならずにへみました。明日写真を撮ります。もう片方も編まなくては。早めに仕上げてチャリティが行われるレストランに持っていきます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

473目の作り目に時間がかかりました

今日は誕生日だったので、友人からのプレゼント、ベネチアンビーズを使いネックレスとイヤリングも作っちゃいました。

IMG_2152

気分良く編み物に取りかかったはいいのですが。。。

作り目があまり多いのは好きではありません。きちんと数えているつもりでも何かに気を取られ間違えたりするんです。今日は473目作るというので、50目ずつに目数リングを入れました。50目ちゃんとあるかも数えながら。そうすれば途中で「あれ、間違えたかな?」と思っても戻る目は最高で50目ですからね。ようやく473目作って編み始めるとしても、時間がかかるのなんのって。しかも、模様編みですから、全然先に進みません。1段編むのに軽く1時間くらいかかったのではないかしら?

裏側は全部裏編み。これまた時間がかかります。少しずつ目が減っていくはずだから、がんばれ! と自分を励ましながら編み続けました。

橋目が20目ちょっとあって、あとは18目のパターン繰り返しでしたが、数段編むと嬉しいことに18目が16目となり、また少しすると14目になっているではありませんか。「あなうれし」と訳のわからない言葉を発したのもつかの間です。3目から7目作り出す目があるではないですか。しかも次の段はそれらの目を全部編みます。あわわ。せっかく14目まで減らしたのに、また増える…

表側はパターンを見ながらやっているから楽しいけれど、裏編みはそうはいきません。しかたがない、とかぼちゃを煮ながら裏編みを続けました。

そうそう、パターンの名前は Iridea by Susanna IC です。そう、少しビーズもつけます。彼女のパターンは幾つか編んだことがあります。とても素敵な作品が出来上がりました。

今、写真を撮っても毛糸が伸びたもののかたまりにしか見えませんからやめておきます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ソックスの作り方、ざっとおさらいです。

赤いソックスは64目作り目です。針は0号。使った糸は Shepherd Sock ゲージは10センチで40目弱。そう、かなりキツい目となっています。

足首のところまでは好みの長さで編みます。私は64目ですから、32目が甲の部分、残りの32目がかかと部分と分けられます。5本針だと、32本が2本に分かれるので、それぞれ16目掛かります。

かかとの部分が始まります。今まで通りに輪で編んできた方向に32目(針2本分)を引き返し編みします。

1段:(すべり目、表編み)これを16回繰り返します(16x2=32)
2段: すべり目、あとは全部裏編みです。

かかとの部分が編めました。向こう側の針にかかっている(甲の部分)はお休み中です

かかとの部分が編めました。向こう側の針にかかっている(甲の部分)はお休み中です

これを32段。(1段、2段を1往復とすると16往復です)この32には64の半分の数です。そう、60目作り目したら、ここは32段では悪60の半分30段編むんです。

それが終わったら、今度はかかとの丸みをつけます。

私は最初の目をすべり目、17目表編み、右上2目一度、表一目編んで裏返します。
次の段は最初の目をすべり目、裏編み5目。2目一度、裏1目編んでまた裏返します。

裏返したところに隙間が出るので、その両側の目を使って2目一度をしながら、もう2目一度できなくなるまで繰り返します。(最後の段は2目一度で終わります。繰り返しているときの最後の表1目、裏1目はここではありません)

かかとが終わりました

かかとが終わりました

私の場合、18目針に残ります。これを半分に分けて、その中心がこれからの1周の始めとなります。

かかとの部分の目を半分に分けて2本の針に移しました。ここから1周はこの中心から始まります

かかとの部分の目を半分に分けて2本の針に移しました。ここから1周はこの中心から始まります

9目編んで、それからさっき引き返し編みしたピラピラしている面の横から16目拾います。これはさっき編んだ32目の半分。すべり目をしているから簡単に16目拾えると思いますよ。これで25目。

この両側からそれぞれ16目ずつ拾います。

この両側からそれぞれ16目ずつ拾います。

9目編んで、16目拾いました。これからお休み中の32目を編みます。

9目編んで、16目拾いました。これからお休み中の32目を編みます。

次に休めてあった甲の部分32目を表編みで編んで、(模様編みをしている方はその模様を編んでくださいね)、また、16目拾って、針にある9目を編んで1周終わり。

反対側から16目拾って、それぞれの針には25目、32目、25目かかっています。

反対側から16目拾って、それぞれの針には25目、32目、25目かかっています。

1:表で1段編みます。
2:25目かかっている針から22目編んで、次の2目を左上2目一度、表1目
  32目かかっている針はそのまま32目表編みで編みます。
  25目かかっている針から表1目、右上2目一度、最後まで表編み。 この1周で2目減りました

1と2を繰り返して、25目かかっている針の目数を16まで減らします。

5本針だと、甲の部分の目を半分にして2本の針にかけます。

5本針だと、甲の部分の目を半分にして2本の針にかけます。

自分の親指の根元くらいまでの長さまで増減なしで編みます。次は
1:表で1段編みます。
2:25目かかっている針から22目編んで、次の2目を左上2目一度、表1目
  32目かかっている針は1目編んで、次の2目を右上2目一度、3目残るまで表編み。左2目一度、それから表1目。
  25目かかっている針から表1目、右上2目一度、最後まで表編み。 この1周で4目減りました

この1、2を繰り返します。つま先がどれくらいとんがらせたいかによってこの減らし方は調整できます。

とにかくいろいろ試してくださいね。使っている数字は作り目が64目のときのものです。違う目数で始めると私が書いた数字と一致しないかと思いますが、流れが参考になったらと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

え〜、記事が一つ足りない!

コメント、メールをいただき、「なんかおかしい?」と自分のブログを振り返ったら、皆様のおっしゃる通り、ひとつ記事が抜けているではありませんか! どうして〜? おかしい〜! と一人でひとしきり騒いだところで落ち着きを取り戻したものの、何が起きたのかわからず????

しかも、2月21日の記事では、こんなことを書いているんですよ。

「私、昨日の記事で間違えた数字をかいたようです。ごめんなさい。時差ボケの頭で書いた、という言い訳でお許しください。2番の色で20段なんです。そして3番の色とのストライプの20段。ストライプの部分はまず2番で2段、

もし、昨日の部分を編まれた方はこんな形になっていらっしゃると思います。」

しかし、「昨日の記事」なるものがない。ごめんなさいね。混乱されましたよね。お詫びします。

さて、動揺を隠しきれずに仕切り直しです。

作り目3目します(<ー作り目は2番の糸です。これ、ご指摘いただいてからの書き込みです。ゴメンナサーイ。)。*3目表編みをしたら、そのまま左の針に戻します。* *の間を3回繰り返します。また3目表編みをしたら今度は左の針に移さないでください。

私の太い指の上にVの形が3つ見えますよね。そこから3目拾います。

image

これで全部で6目となりました。

そのまま、2番の糸でまず、

裏の段:1目表編みをして左の針からはずさずに今度は向こう側の足を使って表編み1目(これがkfbと呼ばれるものです)それから3目残るまで表編みで編み、糸を前に持ってきて3目を右の針に移します。

表の段:表3目。右上2目一度。最後の一目まで表編みで編み、最後の目でkfb。

裏の段で1目増え、表の段は増減ありません。

これを21目になるまで繰り返し、裏の段で終わります。

3番の糸を準備します。3番の糸で表の段、裏の段を編んだら、2番の糸で表の段、裏の段を編んでください。これで4段編みました。この4段を5回繰り返します。20段編めましたね。(ストライプを数えると3番の糸が5本、見えてます。)<ーあ〜、まちがいだらけ! やっぱり焦り狂ったのが悪かったのかなぁ。ごめんなさい。これね、コピペが原因だったような気がします。余計なコピペがあったようです。

3番の糸で表の段、裏の段を20段編みます。

1番の糸を準備して表の段、裏の段をを編んで、3番の糸で表の段、裏の段、とこんな感じで編んでいきます。色変えは表の段が始まるところでします。

これでなんとか抜けていた部分がカバーできたと思います。あ〜、驚いた。

写真を撮ってそれを交えながら説明文を書いた記憶だけはあるのですが、記事がない。本当にどうもお騒がせしました。そして、ご連絡くださった方々、ありがとうございました。💓

どひゃ〜と驚いたら疲れてしまいました。お菓子食べよう。

慌てて書くと何か間違えていそうで怖い。。。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

すぐに編み出したい。

Ravelryでパターンを見ていて「あ、これ編みたい!」と思っても、手元に使える糸がありません。しかし、毛糸屋さんは車でハイウェイを走って45分くらいかかるからそこまで出かけて行く気にもならないし、行ったとしてもあるとは限らないどころかまずないでしょう。それだけ毛糸の種類があるといってもいいですね。

オンラインで頼むと来るのに多くの場合、1週間くらいかかります。その間に他のパターンに目がいったり、家にある毛糸で何か編みたくなったりと気持ちが動かないとも限りません。いや、その可能性がたかいかな?

だいたい、「これが編みたいぞ!」という興奮とともにすぐに「この色とこの色ね」と糸を買って作り目をして編み始めたい! こんな衝動編みを最後にしたのはいったいいつだろう? 

なぁんて今編んでいるものが二つ、三つあるのだからそんなに新しいものを衝動編みする必要なんてまったくないんですよ。というよりも始めちゃダメ。それでも何か始めたい.困ったもんです。

それにしても毛糸だってたくさんあるのにどうしてこの中に今編みたいパターンにぴったりの糸がないんだろう? 色が足りなかったり太さが違ったり。

今ね、なんとなく大きめの三角形のストールが編みたいんですよ。ここのところ長方形に目が行っていたので自分でも「どうしてまた?」 気持ちは移りゆくものなんですねぇ。

グダグダ言っていないで途中のものを編み上げようっと。明日にでも写真を撮りますね。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村